相棒Eleven 最終話「酒壷の蛇」感想

 
最終話SPだけあって、小さな事件が国家規模に繋がっていく展開に加えて、特命係が組対五課の角田課長+大小コンビや捜一トリオや大河内とも連携して(+米沢が特命係に集まる図には笑いました)大規模な捜査を進めたり、名前だけですが神戸が協力者として動いたりと豪華な話でした。特にいつも茶化し役なことが多い角田課長の違う面が見られて面白かったです。

殺人の実行犯はあまりに愚かだと思っていたら、最後に本人にとって一番キツい罰を食らってスッとしました。文面とは裏腹にワンの真意は違ったようですが、多分あの程度の人間にはそれは読み取れないと思いますw

右京さんの狙いを読んでカイトも利用して、政府にも無断で動いて自分とCIAの間のコネ作りのために事件を歪めて利用した甲斐はホント食えない親父です。大局的だったり自分なりの正義に従っていた官房長とは違い、私利のためだけにやったのがなお質悪いです。右京さんも珍しく本人の前で割とストレートな言葉でこき下ろしてました。こりゃカイトもあれだけ嫌って反抗するわ……

そのカイトは父親への反発心をその父親にまんまと利用されて失態を犯した(甲斐は右京さんと大河内が領空内誘導を使うというのは確信を持っていて、カイトへの電話は念のための確認程度だったようですが)ことでようやく父親にこだわりすぎていたことに気付き、反省して改めて右京さんの「相棒」として刑事を続ける覚悟を固めました。シーズン8最終話でスパイをやめて特命係にいることを選んだ神戸と同じく、カイトもこれで本当の意味で「相棒」になったようですね。

「特命係ができたきっかけ」や「ふたりだけの特命係」と、懐かしい言葉が出てきたのはシリーズファンには嬉しかったですね。当然半年後に始まると思うシーズン12も楽しみです。


スポンサーサイト

テーマ : 相棒
ジャンル : テレビ・ラジオ

相棒Eleven 第18話「BIRTHDAY」感想

 
祝・右京さん初めて幽霊に遭遇

まあここまでガッツリオカルトが絡むのは一応刑事ドラマとしてどうなん……?とも思いましたが、初期シーズンでも亀山が幽霊見て死体発見したりしてましたね。
話自体は時系列がややこしく最初はちょっと混乱しつつも、出た要素が全て1本に繋がっていく相棒らしい話だったと思います。


テーマ : 相棒
ジャンル : テレビ・ラジオ

相棒Eleven 第17話「ビリー」感想

 
劇場版X-DAYの宣伝話でした。が、公開は1ヶ月先という……その頃には多分もうシーズン11も終わっているから今やったのでしょうが、生殺し気分ですw

右京さんがFacegood知らないのは意外でした。やっていなくても、「なんでも御存知なんですなぁ」って言われるくらい都合よくその時必要な知識を持ってる人ですしw 「ここには容疑者と動機が揃っている」というのは、なるほど右京さんらしい考え方で感心しました。

そしてこの真相は読めませんでしたねぇ……出演したCMの映像を使われただけだと思ったモデルが、まさか犯人だったとは。久々に相棒でえぇぇぇぇぇぇと思いました。


テーマ : 相棒
ジャンル : テレビ・ラジオ

相棒Eleven 第16話「シンデレラの靴」感想

 
中山忍といえば「鳥じゃありません! 羽毛がなく、牙がある! あんな鳥はいません!」な宇宙落描きです。

あからさまに桂馬が怪しいという方向に誘導しているのでパターンとして疑ってかかったら、やっぱりその通りでした。桂馬自身が敢えて自分に疑いが向くように立ち回っていたというのは予想外でしたが。

しかし今回の被害者、本人がわからないところでドーピングさせて(実際に飲んでるので捏造ではないのがまた厄介)脅迫したりヤクザ使って弱み作ったり、酷い奴でしたねぇ。金田一少年の事件簿によく出てきた全く同情できない被害者を思い出しました。


テーマ : 相棒
ジャンル : テレビ・ラジオ

相棒Eleven 第12話「オフレコ」感想

 
おい今でも出て行った妻探し続けてるの

おい彼女持ち

おい妻子持ち


そんな感じのツッコミどころ満載な合コンでした。

特命に同行する伊丹のリアクションがいちいち面白い話かと思ったら、ラストでやっぱり自由すぎる特命は認められないって話になるという……だいぶ特命に毒されてきたカイト君にはあまり効かなかったようですが。
甲斐が大河内監察官にも手を伸ばしだしましたし、なんかきな臭い終わり方でした。


テーマ : 相棒
ジャンル : テレビ・ラジオ

相棒Eleven 第11話「アリス」感想

 
50年前の失踪事件とホテル火災、不穏な空気の中に見え隠れする警察庁の影な上殺人事件まで起きて……と元日SPに相応しい入り組んだ話でした。ややこしい状況から真相が二重三重に明らかになっていくのは、終盤展開がやや強引だったとはいえなかなか面白かったです。

国枝文書が経年劣化で完全に朽ち果てちゃってましたーで終わったのはちょっと拍子抜けでした。てっきり本物は既に右京さんが確保して、甲斐との駆け引きに使うとかいう話になると思ったのに。

やたら出店出店と連呼するカイトは覚えたての言葉を使いたがる子供か!と思いました。右京さんに報告する時にさも前から知ってましたよーみたいに言うしw 父親から国枝文書を手に入れたら奪って自分に渡せと言われて、今までならただ怒って反発するだけだったところを、必死で考えて芹沢経由で警視庁上層部に情報を流して警察庁を牽制させるという頭脳プレイを見せたのは成長が見られてよかったです。
カイトの知り合いの婦警さん、妙に印象深いいいキャラしていたのでまた出てきませんかね。


テーマ : 相棒
ジャンル : テレビ・ラジオ

相棒Eleven 第10話「猛き祈り(後編)」感想

 
は、はー、即身仏、即身仏ですかぁ……
なんとも予想外の真相でしたが、言われてみれば右京さんが興味深そうに手に取っていた竹筒とかちゃんと材料は提供されていたんですねぇ。前回の時点で予想していた人もいるようですし。壁に貼られた新聞の切り抜きはサルウィンにばかり注目してしまって、そういう意味があったとは全く思いませんでした。

カイトのところに出た幽霊?を見ると即身仏になった人は本当に慕われる人格者だったようですし、カイトが偶然見つけてしまい警察官の義務を果たそうとしたからこそ起きた悲劇だったんですねぇ。即身仏が邪魔される可能性が高かったとはいえほぼ殺す気でカイトをリンチしたまろく庵の住人には同情の余地はありませんが。


テーマ : 相棒
ジャンル : テレビ・ラジオ

冷やしている者のプロフィール

宇宙落描き

Author:宇宙落描き
宇宙を漂う奇妙な落描き

興味を持ったことにはなんにでも首を突っ込む、無茶で無謀な生命体。
「アンテナは浅く広く」が信条なので、節操なく色々書いていくつもりです。

冷やしカウンター
冷やしカレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
よく冷えた最新記事
冷却カテゴリー
冷やし月別アーカイブ
冷え具合を検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
この冷やしブログについて
内容:
主に私が気に入ったもの(テレビ番組、映画、本、玩具、ニュース等色々)の感想が主となっています。

コメント:
基本的に構ってちゃんなので、されると狂喜します。なので畏まらず、一言程度のことでもお気軽にどうぞ。
ただし、記事と全く無関係な宣伝等のこちらで不適切と判断したコメント(滅多にないでしょうが)は見つけ次第削除させて頂きます。

リンク:
貼るのも剥がすのも自由です。ご報告してくださると狂喜乱舞して貼り返させて頂きますので、してくださる場合は最新記事にお願いします。

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる