スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャなんとかさん

 
http://blog.m-78.jp/2013/03/29/%E3%83%99%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB%E9%99%9B%E4%B8%8B%E3%81%AE%E9%99%90%E3%82%8A%E3%81%AA%E3%81%8D%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E9%AD%82/

シャイニングゼロが力を発揮したあの状況だと、おそらくあの「ブロンズ野郎」も・・・

あ、生きてたんですね地獄のジャタールさんw
ダークネスファイブの座をタイラントに取られたこと散々ネタにされてたし、ラストシーンにもいなかったし1人だけ不条理にも死んだままなのかと……それはそれでなんでベリアル復活の場に居合わせなかったの?仲間からも存在忘れられてない?と可哀想なことになる気がしますがw


スポンサーサイト

テーマ : ウルトラシリーズ
ジャンル : テレビ・ラジオ

ウルトラゼロファイト第2部 感想

 
大きな展開は前回で終わらせて、最終回は丸々エピローグという構成でした。時間延長はエンディング入れるためだったとは……w

ベリアルが消滅し、時間が逆行していくのを目の当たりにしたスライは不利を悟って他のダークネスファイブを引き連れて一旦撤退。
まさかこいつら全員生き残るとは思いませんでした。てっきりシャイニングゼロか復活したウルティメイトフォースゼロに一蹴されるものかと。

流石に時間逆行は無茶だったようで、通常形態に戻り倒れるゼロを支えるグレンファイヤー。ウルティメイトフォースゼロ、復活!
方法は多少御都合主義というか強引というかだった感は否めませんが、無事復活してホッとしました。あのまま退場でもおかしくないような雰囲気でしたし。

「こいつらなんかよぉ、みんなバラバラになっちまって」
「うむ、初めての経験だった」

そりゃそうでしょうよw

ゼロはシャイニングゼロになったこと、そしてシャイニングゼロで何をしたのかを一切覚えていないようで。流石にそうホイホイ使える力ではなさそうですね。

「いやいやてかさぁ? 俺達、いっぺん死んで生き返ったんだよなぁ? なんか凄くねぇかぁ!?」
やはりいくら同じ超常的な力を持つ巨大宇宙人種族でも、ウルトラマン以外は死んでから蘇るというのはそうそうないことのようですw

ピグモンはマイティベースに連れて行くことに。まあ2度も人質にされていますからね、当然ですね。
グレンファイヤーの掌の上に乗るピグモンの合成がちょっと笑ってしまうくらいの不自然さでした。こういうのはやっぱり難しいんですかねぇ。

ピグモンの命名、「有機生命体8号」だの「ピーちゃん」だの酷すぎるw あまつさえ満を持して出したゼロは「親父の名前を頂いて、モロボシ君!」
駄目だこいつら……早くなんとかしないと……

エンディングテーマは、ウルティメイトフォースゼロのテーマ曲である「奴らがウルティメイトフォースゼロ!」
やっとウルティメイトフォースゼロにテーマソングができたのは嬉しいです。曲調がやたら昭和昭和な感じで吹きましたがw

夕日が差す何処かの惑星上に立つダークネスファイブ。「ゼロはあの時、周囲の時間を巻き戻し仲間を蘇らせた。恐ろしい能力です」と余裕の態度でシャイニングゼロの力を分析するスライ。その理由は……

「しかし、そのおかげでかつての肉体を取り戻しましたよ。陛下も」
というわけで、ウルトラマンベリアル完全復活!
シャイニングゼロの時間巻き戻しはどうやら無差別に効果を及ぼしていたようで、消滅したベリアルも肉体を得て復活しました。ウルティメイトフォースゼロ復活の他に、この展開のためだとは……夕日をバックにシルエットで眼とカラータイマーだけが浮かび上がるのが、禍々しくて素晴らしい!

「守るべきもの……貴様の強さはそれかぁ、ゼロォ! 俺は更に強くなり、全ての宇宙を手に入れてやる!」
ゼロの強さの根源を理解したベリアルは、今後どうするのか……改心するようなタマじゃぁないでしょうが、どう動くのか楽しみです。

ベリアルがダークネスファイブを率いて野心を露わにするラストカット、第1部ラストカットのゼロ+迎えに来たウルティメイトフォースゼロと対になっているように見えるんですよね。両方とも背景が夕日+荒涼とした場所ですし。ゼロファイト第2部はゼロが仲間の大切さと自身が戦う理由を再認識する物語であったと同時に、ベリアルの再起の物語でもあった……と考えるのは少々穿ち過ぎでしょうかw
当然今後やるであろうゼロとベリアルとの完全決着は映画でやって欲しいですねぇ。

……ところで、ベリアルまで復活したのに1人だけ死んだままでダークネスファイブの座もすっかりタイラントに奪われたジャタールさんは……


テーマ : ウルトラシリーズ
ジャンル : テレビ・ラジオ

ウルトラマン列伝 感想

 


OPテーマがFinal Wars!の2番になり、映像も新しいものになりました。ゼロファイト第2部の映像を中心に、今後の放送予定ウルトラマンをメインにしたもうお馴染みの構成になっていますね。
とりあえず既に情報が出ていた吉岡毅志、高野八誠両人が出演するガイアの総集編の他には、80のサラマンドラ回、次回予告で出た平成セブンのキングジョー回、タロウのバードン回、メビウスのインペライザー回は確定と見ていいでしょう。取り敢えず満を持して登場したタロウがバードン回な辺り、ある意味わかっているというかなんというかw
最後の激しくぶつかり合うゼロとベリアルがああいう意味だとは……


「巨大な力の前に、光を失おうとも……」
「敵の罠に落ち、立ち上がる力をなくしても……」
「絶望の闇に、飲み込まれそうになったとしても……」
「ウルトラマンは再び立ち上がる! そして、守るべきもののために、最後まで戦い抜くんだ!」


というわけで、本編はいよいよ最終回を迎えるウルトラゼロファイト第2部の展開に合わせて、「1度は巨大な敵の前に屈したけど、再び立ち上がるウルトラマン」の総集編でした。チョイスがティガFINAL ODYSSEY、ネクサスの英雄-ヒーロー-、コスモスのエクリプス初登場回な辺り妙に捻ってます。
ゼロファイトが時間延長なので3つともドラマ部分の流れをほとんど説明すらなしでごっそり削ぎ落としていて、知らない人にはこれ意味不明なんじゃないのと思ってしまいました。

FINAL ODYSSEYってダイゴにしてみればわけわからんのに変な女にストーキングされた物凄く傍迷惑な話なんですよねw 本編でも言われた通りあくまでティガの力を引き継いだだけで、ダイゴ本人は古代のティガとは何の関係もないんですから。

「ネクサスと共に戦ってきたはずのナイトレイダーが! これはいったい……!?」には吹きました。確かにそう見えても仕方ないしナイトレイダーならやりかねない雰囲気はあったというw

「自分の命を賭けて、ダークメフィストを倒したネクサス!」
両人普通に生きてたんですけどね。


コスモスでEclipseが使われた!
確かこれ本編じゃ1回も使われなかったんですよね。凄くいい曲なのにもったいない。

エクリプスモードの左平手を突き出してから右拳を突き出す構えは力強くてホントかっこいいと思います。二重人格やら気に入らない奴は皆殺しと揶揄されることも多いですが、パワフルな戦い方もいいですねぇ。
コズミューム光線はゼロが説明した「邪悪なものだけを倒す光線」というよりは、悪意なんて存在しないロボット兵器を破壊したりサイボーグ怪獣の改造部分を除去して元に戻したことを考えるとコスモスの意思次第で効果を自在に変えられる光線というのが近いかもしれません……って凄いチート光線ですね改めてw


テーマ : ウルトラシリーズ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2013年春季注目のアニメ

 
いつも通りGIGAZINEさんの記事を参考に、注目アニメを忘れないように書いていこうと思います。


・デート・ア・ライブ
敵女の子をデートでデレさせて止めるというアホ設定がなんかツボにはまったので見てみようと思います。ちょっと調べたところ私の好きなメカ武装少女要素もあるみたいですし。

・銀河機攻隊マジェスティックプリンス
流さんとイカリ君がアニメで共演するというだけで取り敢えず見てしまいますw

・DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION
デビサバ! デビサバ!
P4が非常にいい出来だったので、こちらにも期待したいところです。

・牙狼〈GARO〉~闇を照らす者~
はい大本命です。
蒼哭ノ魔竜で完結した冴島鋼牙の物語に続き、新しい牙狼、道外流牙の活躍も非常に楽しみです。初の弓使い魔戒騎士が出るのもいいですねー。エリートでメガネキザというもう典型的なw

・宇宙戦艦ヤマト2199
もう半分は見ているので期待とは違うのですが、原典に敬意を払いつつ上手く今風にアレンジしていていい出来だと思います。

・革命機ヴァルヴレイヴ
マジェスティックプリンスと並んでロボアニメ枠、楽しみです……が、この2作メカデザインが似過ぎのような……w


とりあえずこんなところですか。これにアキバレンジャー痛もチェックしますし、楽しみが多いクールになりそうです。


テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

水曜プレミアシネマ 少林サッカー 感想

 
このわざとらしいワイヤーとCG!

いやぁ何度見てもここまでパロディとバカだけを貫くと一周りして面白いです。この後ちょっと起きたこの手の映画ブームの火付け役なだけはあります。


テーマ : TVで見た映画
ジャンル : 映画

スーパーロボット大戦OE

 
http://marunao2.blog120.fc2.com/blog-entry-14228.html

ケロロ軍曹




ケロロ軍曹




ケロロ軍曹




UXでここまで来たらもう何が参戦しても驚かないなと思ってたらこれだよ!
そりゃ確かにロボ出てますし戦闘シーンも結構あるしサンライズ製作ですけどね、ケロロ軍曹……

何気に他の初参戦もジェネシスが出た時からずっと出て欲しいと思っていたゾイド(初代アニメ)にダイガード以上に戦力的に大丈夫か?と思うパトレイバーとかなりインパクトあるのですが、もうケロロには敵いませんw よくも悪くもUXのHEROMANや三国伝や初音ミクを軽く超える衝撃でした。

しかしテッカマンブレードの時点でもうなってはいましたが、いよいよ本格的にちょっとでもメカ要素があればなんでもありになってきましたねぇ。この分だと少し前までは冗談や煽りで言われていた、リリカルなのは、IS、ストライクウィッチーズ、ガールズ&パンツァーみたいなのも十分参戦できますよね今のスパロボ。


テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

アイアンマンマーク42

 


アメリカのCM(多分)でマーク42の装着シーンが出ていました。

これはかっこいいですねぇ、パーツ単位で飛んできて踊るように装着するというのが面白いです。特に空中で回りつつ最後のパーツであるメットを装着してそのまま床パンチ!に痺れました。前のPVにも入っていたアーマーに飛び込んで瞬間装着を見ると、マーク7からの大きな進歩を感じます。たった1年でここまでやるとは流石社長w

今までの宣伝動画ではシリアス分強めに感じましたが、これを見ると今まで通りトボけた部分もあるみたいですね。ラストはスカッとするバトルになりそうですし。


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

後ろなんか見ずに走り続けてきたけど 知らぬ間に甘い誘惑に流されていたんだ

 
http://tamashii.jp/special/pickup/201307/index.php

ULTRA-ACTウルトラマンネクサス(ジュネッスブルー)、7月に発売決定!

しかも一般ですよ! 多分出ないだろうし出るにしてもプレバン行きは間違いないだろうと思っていたので、これは嬉しい誤算でした。ここまできたらプレバンでもいいのでアンファンスも出て欲しいですねぇ。ネクサスって揃い踏み写真とかだとアンファンスのことが多いですし。

付属品はシュトロームソードとオーバーアローレイ・シュトロームに、雑誌情報によるとクロスレイ・シュトロームも付属するそうです。通常のアローレイ・シュトロームがないのは残念ですがまあいい感じなのではないでしょうか。クロスレイ・シュトロームはジュネッスにも使い回せると嬉しいですね。オーバーレイ・シュトロームと同じ固定方法ならできそうですし。


テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

ウルトラゼロファイト第2部 感想

 
タイトルコールがゼロに戻りました。1回3分とはいえここまで随分長かったように感じます。

精神の中で戦いが繰り広げられているので当たり前なのですが、硬直したゼロダークネスとそれを見て「陛下?」とか声かけてるダークネスファイブがなんか間抜けで笑えましたw

巨大化したシャイニングゼロに取り込まれそうになったベリアルは、慌ててゼロの体から逃れる。
ウルトラマンが更に巨大化して敵を取り込もうとするという、精神の中の出来事とはいえなんというかすごい画でしたw 巨大化が変身バンクっぽかったのが面白いです。

眩い輝きに包まれて、現実世界にもシャイニングゼロが降臨! 公式ブログで「いまいちディテールが見えない」とツッコまれているほどの光らせ具合が神々しくて非常にいいと思います。

倒れた仲間を見回したシャイニングゼロは手を掲げ、巨大な光球を作り出す。その光がベリアルの霊体やウルティメイトフォースゼロに降り注いで……
はい時間逆行です。周りの星が高速で回転しだしたのを見てま、まさか……と思っていたら、下から迫り上がってくるマイティベースでもう駄目でした。あまりにスケール大きすぎて燃えるのを通り越して吹いてしまいますw
よくウルトラマンがやる光エネルギーを与える方法だと完全にぶっ壊されたジャン兄弟のボディはどうしようもないし、どうするんだろうとは思っていましたがまさか時間を巻き戻してしまうとは……ますますとんでもなくなりましたねぇ、ゼロ。
ベリアルは時間逆行のついでの光で完全に浄化されたように見えましたし、これで終了でしょうか。ちょっと呆気ないような。

次回いよいよ最終回! 3分枠から拡大する(といっても1分程度でしょうが)そうです。


テーマ : ウルトラシリーズ
ジャンル : テレビ・ラジオ

ウルトラマン列伝 感想

 


メビウス&ウルトラ兄弟最終章!

Uキラーザウルス・ネオ、圧倒的な力で4兄弟+メビウスを蹂躙。正面には巨大な牙と強力な光線発射口、離れたり上空に逃げれば6本に増えた触手と触手や本体から撃つ光線、死角っぽい下に潜り込んでも光線発射口完備とパワーアップ前以上に全く隙がありません。特にデカブツキャラによくある「近付かれればor死角に潜り込まれれば打つ手なし」という欠点が完全にないのが凄いです。
メビウスが1人だけ前に避けてUキラーザウルス・ネオの下に潜り込んじゃった後、「あ、どうしよ、どうしよ」って焦って取り敢えずメビュームスラッシュ撃ってみてるように見えてなんか笑えます。メビュームシュート撃とうと思ったらチャージ終わる前に撃ち返されて慌てて逃げますしw
確かDVDのオーディオコメンタリーでスタッフが言っていたと思うのですが、「ウルトラマンは同じ場所にいるとお互いに庇い合うせいで実力を発揮できなくなる」というイメージで撮っているそうで、このシーンでもジャックが先に触手に捕らわれたメビウスを助けに近付いた隙を突かれて捕まっていますね。

絶体絶命のピンチに、ゾフィーとタロウが駆け付ける! ここに映画タイトル通り「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」が集結した!
ここでタロウOPテーマのアレンジからウルトラ6兄弟のアレンジに繋げるBGMが反則です。

華麗に飛び回りながら、手持ちアイスラッガー、ウルトラスパーク、ウルトラギロチン、八つ裂き光輪で触手をズバズバ切断していく4兄弟! そしてストリウム光線とM87光線で残りの触手を千切り飛ばしつつ本体にもダメージを与えるタロウとゾフィー!
特撮でCGを使うことをやたら嫌う人もいますしCGの出来がPS2レベルと揶揄されていますが、私はこういう空中を自在に飛び回りながら戦うウルトラマンという画は、ネクサスに続いて「よくぞこういうものを見せてくれた!」と大興奮でした。ウルトラマンの設定から考えればこれくらいできて当然ですからね。
しかしストリウム光線が触手なんてまるで障害にならずブチブチ千切って本体にまで到達しているのに、触手1本斬るのにえらい時間がかかっているM87光線……オーディオコメンタリーで「地上に向けて撃っているので被害を防ぐために威力を10分の1に抑えている」ってフォローされてはいましたがw

「メビウス! 我々に残された力の全てを、お前に託す」
「必ず勝て! お前の勝利を、信じる」

人質にされたアヤを救い、Uキラーザウルス・ネオを倒すためにウルトラ6兄弟がメビウスと合体してメビウスインフィニティ誕生!
映像作品ではこの映画にしか登場しておらずちょっともったいないですが、それがこの形態の特別感を出すことに成功していると思います。ウルトラマンサーガの初期案では登場して、ゼロとダイナが合体したウルトラマンサーガ、コスモスとジャスティスが合体したウルトラマンレジェンドと一緒に戦う予定だったらしいですね。
必殺技の名前がコスモミラクルアタックなのもいいですねぇ、あのコスモミラクル光線と同じというのが燃えます。

約束通りタカトにVサインを送り、分離するメビウスインフィニティ。
この並び立つシーンは感動の一言です。スーツアクターの関係でメビウスが一番ゴツいのはアレですが……w

「ねぇ、ウルトラマンってなんで命がけで私達を守ってくれるのかな」
「人間が好きだから。彼らは、きっと人間が大好きなんですよ」

人間が好きだから、命がけで地球を守ってくれるウルトラマン。そんなウルトラマンに守られるだけじゃなく、共に戦いたい。今までのシリーズでも描かれて、メビウスの主題でもあったテーマです。タカトの「僕、いつか本物の制服を着られるように頑張る。そして、メビウスと一緒に戦う!」という台詞に象徴されていますね。
アヤは後に本編でこの事件でミライ=メビウスと気付いていたことが明かされましたが、タカトも気付いてますよねこれ。

当然カットされましたが、この映画エンドロールが凄くいいので未見の方は是非DVDで見て欲しいです。



未来へ飛び立て

ウルトラの光を信じて



テーマ : ウルトラシリーズ
ジャンル : テレビ・ラジオ

すすめ! 勇気の旗掲げ 七つの海を駆け抜けろ

 
今日朝から地元のサンテレビにて、海賊戦隊ゴーカイジャーの放送が始まりました。
いつもこの枠は子供向け番組を放送している枠ではあるのですが、一昔二昔前のアニメが主で特撮、しかもごく最近のものは極めて珍しかったのでいきなりなんで!?と思ったら、4月からアキバレンジャーシーズン2を放送するようなのでその連動……なのでしょうか。対象層は随分違いますが……w


テーマ : 特撮
ジャンル : テレビ・ラジオ

相棒Eleven 最終話「酒壷の蛇」感想

 
最終話SPだけあって、小さな事件が国家規模に繋がっていく展開に加えて、特命係が組対五課の角田課長+大小コンビや捜一トリオや大河内とも連携して(+米沢が特命係に集まる図には笑いました)大規模な捜査を進めたり、名前だけですが神戸が協力者として動いたりと豪華な話でした。特にいつも茶化し役なことが多い角田課長の違う面が見られて面白かったです。

殺人の実行犯はあまりに愚かだと思っていたら、最後に本人にとって一番キツい罰を食らってスッとしました。文面とは裏腹にワンの真意は違ったようですが、多分あの程度の人間にはそれは読み取れないと思いますw

右京さんの狙いを読んでカイトも利用して、政府にも無断で動いて自分とCIAの間のコネ作りのために事件を歪めて利用した甲斐はホント食えない親父です。大局的だったり自分なりの正義に従っていた官房長とは違い、私利のためだけにやったのがなお質悪いです。右京さんも珍しく本人の前で割とストレートな言葉でこき下ろしてました。こりゃカイトもあれだけ嫌って反抗するわ……

そのカイトは父親への反発心をその父親にまんまと利用されて失態を犯した(甲斐は右京さんと大河内が領空内誘導を使うというのは確信を持っていて、カイトへの電話は念のための確認程度だったようですが)ことでようやく父親にこだわりすぎていたことに気付き、反省して改めて右京さんの「相棒」として刑事を続ける覚悟を固めました。シーズン8最終話でスパイをやめて特命係にいることを選んだ神戸と同じく、カイトもこれで本当の意味で「相棒」になったようですね。

「特命係ができたきっかけ」や「ふたりだけの特命係」と、懐かしい言葉が出てきたのはシリーズファンには嬉しかったですね。当然半年後に始まると思うシーズン12も楽しみです。


テーマ : 相棒
ジャンル : テレビ・ラジオ

円谷プロ50週年記念

 


ちょっと前に公開された円谷プロ50周年記念映像に、更に追加したロングバージョンが公開されていました。

いやーこれ凄いですね、かなり濃いマニアしか知らないようなマイナーな作品も入っていて、円谷プロ製作作品をほとんど網羅してるんじゃないかと思います。しれっと混じってるウルトラファイト、レッドマン、ゼットン君に吹きましたw


テーマ : ウルトラシリーズ
ジャンル : テレビ・ラジオ

お前と同じさ 明日が今日よりいい日になれと祈ってる

 
http://www.superhero-movie.com/

いつの間にやら更新されていたスーパーヒーロー大戦Zの公式サイト、左上に魔王サイコがいますねぇ。やっぱり水樹奈々声で話題のサイコロンはサイコラー的な存在なのでしょうか。
まあそれはいいとして、このリデザインはもうちょっとなんとかならなかったのでしょうか……いやオリジナルのサイコも純粋にかっこいいかと言われればそうとは言い難くはありますが、いくらなんでもこの情けなさすら漂ってくる顔だけはちょっとないです。顔以外はまあいいと思うんですが。

あとストーリーの「銀河連邦警察は、超次元砲で地球ごとマドーとスペースショッカーを殲滅することを決定する」って、スーパーヒーロー作戦の散々批判されたアレかい!とツッコんでしまいました(銀河連邦警察が犯罪組織や宇宙人によく狙われる地球の防衛を放棄して、その代わりにそういう輩を閉じ込める牢獄の星にしようとするっていう展開があるのです)。


テーマ : 特撮・戦隊・ヒーロー
ジャンル : 映画

日曜洋画劇場 トランスフォーマーリベンジ 感想

 
やっぱりこの映画最大の見所は司令官のはっちゃけたを通り越してブチキレまくった暴れっぷりですね。

特に中盤の森での戦いが、1人でメガトロン、スタースクリーム、グラインダーというディセプティコンの強豪揃いを相手にして、拮抗どころか物凄い暴言(映画館で初めて見た時あまりに汚い言葉だったのでメガトロンが言っていると勘違いして、「ボッコボコにやられてるのにえらい強気だなぁコイツ」とか思っていました)吐きつつダブルソードで3人ともズタズタのボロボロにする無双ぶりでしたし。サムに気を取られなかったらあそこでディセプティコン終わってましたよね。

他にも上海での戦いでもう戦闘不能になったデモリッシャーの顔面に念入りにとどめぶち込んだり、復活後にザ・フォールンを顔の皮を剥いでから胸に手突っ込んでスパーク掴み出して握り潰したりなんていうか、もう少し手心を……w

前作ではボーンクラッシャーを惨殺しましたがそこ以外では温和で理性的な面が強調されていたので、何か嫌なことでもあったん?と聞きたくなりますw


テーマ : TVで見た映画
ジャンル : 映画

ウルトラゼロファイト第2部 感想

 
ウルティメイトフォースゼロは全滅、ゼロの心も再起不能のダメージを受け、もはやベリアルを止めるものはいない状態です。どうでもいいですがすっかりタイラントがダークネスファイブ馴染んでますね……公式ブログでも言われるくらいw 1週で1分くらいで死んだジャタール……

ベリアルの前に果敢に立ちはだかるピグモン、そんなピグモンを容赦なく殺そうとするベリアル、そして……!
仲間の後押しと守るべきものであるピグモン、両方あってようやく絶望を振り切りベリアルの支配に抵抗できるようになりました。ここまで本当に長かった……

さあ、ここからは逆転開始!
延々ベリアルのいいようにされる展開が続いていただけに、盛り上がります!

豪雨の降る暗闇から、ベリアルを掴んで空高く、雲の上の青空まで飛ぶゼロ! そしてここでULTRA FLYがかかる!

「守るべきものがある……俺は、ウルトラマンだ!」
真っ赤に燃える太陽をバックに、シャイニングウルトラマンゼロ誕生!
シャイニングゼロはこう来ましたかぁ。ベリアルを追い出した後だと敵がただの幽霊であるベリアルと(ゼロからすれば)雑魚のダークネスファイブになるわけでどうするんだろうと思っていたら、心の中でのベリアルとの戦いで誕生するというのは予想外でした。登場はやや唐突でしたが、深い絶望を乗り越えてパワーアップしたと考えればそう違和感はないと思います。ゼロにはあのノアさんの力が宿っていますしw
元から金と銀という非常にド派手な配色の上にギンギラギンに光るエフェクトがかけられていて、凄く豪華でした。エメリウムスラッシュが極太ビームになっていたのはもう燃えつつも笑ってしまいますw

「お前は持っているのか……守るべきものを」
「何故奪うだけで、守るものを持たないんだ」

「お前だって、ウルトラマンだろうが!」

ウルトラマンに生まれ、力だけを求めて過ちを犯したのは同じながら、父親や師に見守られ仲間を得て「守る者」になったゼロと、怒りと憎しみと暗い欲望に身を任せ闇に堕ちて「奪う者」になったベリアル。初登場である銀河伝説で描写されていたように、2人は正反対でありながらよく似てもいます。果たしてこの鏡写しの2人の決着はどうなるのか……正直あと2回、5分ほどでまとめられるのか少々不安でもありますw

原点(ゼロ)になる そしてまた so fly
ただの暴れん坊だったゼロが「ウルトラマン」になった原点であるピグモンに救われ、再び飛ぶ

そう、まだ飛べる! 遥かなるこの空へと fly again
仲間の声を受けて、「俺はまだ、飛べる!」と青空へ飛ぶ

熱くなれ太陽! いま、溢れ出す激情抱いて 守るべきものがある それが真実
どんな苦しみや絶望の中にあっても、守るべきもののために再び戦うことを決意して太陽の光を受けてパワーアップする

ただでさえ熱い展開だった上に、挿入歌であるULTRA FLYの歌詞に非常に合った展開になっていて非常に燃えました。こういう歌詞と合わせたてストーリー大好きです。


テーマ : ウルトラシリーズ
ジャンル : テレビ・ラジオ

ウルトラマン列伝 感想

 


メビウス&兄弟第4回!

4兄弟VSガッツ&ナックル、ナックル星人がえらい武闘派でビビります。いくら4兄弟がエネルギーろくになくてまともに戦えない状態とはいえ、妙に軽やかな動きとちょっとかっこいい動きで撃つ光弾でジャックとエースを圧倒するのがすごいと言うかなんと言うか。

タカトの声援を受けた4兄弟の奮闘で、ついに宇宙人連合壊滅!と思いきや……だったのですが、ナックル星人とガッツ星人は最初から4兄弟の光線にはもう自分達を倒すほどの威力がないのを見越してわざと負けて油断させたのか、4兄弟の奮戦は計算外だったけど思った以上に光線の威力が弱ってて咄嗟に死んだふりをしたのかが気になるところですw

ナックル星人とガッツ星人の宇宙人ダブルフラッシャーはあまりに唐突に出てきたので当時映画館で吹きましたw 悪の宇宙人にパクられたり挙句の果てに別にレオとゼロでも撃てることがわかったり、アストラ……

ミライが伝えたウルトラ兄弟の言葉を思い出して、今度は勇気を振り絞りアルトを助けたタカト。そんなタカトの勇気に力をもらい、再び立ち上がるメビウス。そして今度はメビウスがウルトラ兄弟を助ける……この「ウルトラ兄弟からミライへ、ミライからタカトへ伝わった言葉がそれぞれを強くして助ける」という構図は「ウルトラマンメビウス」という作品全体のテーマとも繋がっていて、本当に素晴らしいです。
「最後まで諦めず、不可能を可能にする! それが、ウルトラマンだ!」

今までの映画放送も結構細かくカットされていたので今更ですが、十字架に閉じ込められている4兄弟がメビウスの戦いを見ながら過去に自分達も苦しい戦いや敗北を乗り越えて強くなったことを回想して、同じように強くなったメビウスの勝利を確信する凄くいいシーンが丸々カットされていたのはちょっと残念でした。

宇宙人連合にいいように利用されてしまったメビウスが、今度はガッツ星人を容易く粉砕してナックル星人にもキツい一撃をぶちかますのは単純に燃えます。特にナックル星人の攻撃をジャンプでかわして、そのまま落下しつつ炎のパンチでアスファルトをへこませるほど派手にぶっ飛ばすのがかっこよすぎます。

「この地球は、いずれは銀河連邦も、このナックル星人が支hギャァァァァァァァ」ボカーン
このあまりに典型的な卑怯な小悪党の最期!w
自らを復活させて利用しようとした宇宙人連合の精神を支配して逆に利用して、用が済んだら殺すヤプールはまさにエースの言葉通り「本物の悪魔」です。宇宙人連合の言動から見るに完全に操っていたわけではなく、あくまで各人の意識は残したままで自分の思い通りに動くように思考を誘導する形で操っていたっぽいのがより悪質です。

メビウスも4兄弟もこれまでの激しい戦いでエネルギー切れ寸前、Uキラーザウルスは20年溜まりに溜まった怨念で更に巨大で異形なUキラーザウルス・ネオにパワーアップしているという絶体絶命の状況をどうする!ということで次回ラストへ続く!


テーマ : ウルトラシリーズ
ジャンル : テレビ・ラジオ

フォッフォッフォッフォッフォッフォッフォッ

 
https://www.charabiz.com/index.cfm?menu=news_view&id=5543

(3)「バルタン星人ジャンケン大会」
先着100名様限定!ウルトラマンの宿敵“バルタン星人”とのジャンケン対決に勝った方には「オリジナルステッカー」をプレゼント。


ひどいイジメを見た。
あのバルタン星人にじゃんけんをさせるとは……企画考えた人は根っからの鬼畜やで……一応ハサミを閉じたらグー、大きく開いたらパーと言い張れないこともないかもしれませんがw


テーマ : ウルトラシリーズ
ジャンル : テレビ・ラジオ

相棒Eleven 第18話「BIRTHDAY」感想

 
祝・右京さん初めて幽霊に遭遇

まあここまでガッツリオカルトが絡むのは一応刑事ドラマとしてどうなん……?とも思いましたが、初期シーズンでも亀山が幽霊見て死体発見したりしてましたね。
話自体は時系列がややこしく最初はちょっと混乱しつつも、出た要素が全て1本に繋がっていく相棒らしい話だったと思います。


テーマ : 相棒
ジャンル : テレビ・ラジオ

社長あなたって人は

 


アイアンマン軍団登場

トニーがアベンジャーズ事件のトラウマで不安に駆られてアーマーを量産していたというネガティブな出自のようですが、それでもこの予告を見ると苦戦するトニーとローディを助けるために一斉に駆けつけるようで、これは盛り上がる展開になりそうです。装着者は誰なんでしょうかね……トニーが全てを遠隔操作するというビックリな噂がありますが。
しかも最後の最後に派手に出てきたアレ……ハルクバスター、ですよね……社長アベンジャーズでバナー博士に「その力にも意味があるはず」って凄くいいこと言ってたのにやっぱり作ってたんですね!w

アイアンマン軍団の他にもマーク7から更に進化したアーマーの瞬間装着もかっこよくて、これは見逃せませんなぁ。


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

魂に導かれ 三璃紗伝説の国へ

 
http://www.bandai-hobby.net/BB/archive_3gokuden130304.html

劉備とエールストライカーの合体ですね。鳥を上手いこと変形でエールストライカーにしてしまうセンスには相変わらず脱帽します。この胸に鳥が来る合体、武者頑駄無のどれかで見たことあるような……
剣がどこから出てきたのか気になりますが、尾羽辺りでしょうか。この絵を見るとガッツリ余剰ではなさそうでちょっと期待しています。
キットは6月発売だそうで、他のストライカーはどうなるのか、他のキャラはどのくらい出すのかも含めて気になるところです。


テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

暗黒の鎧

 
http://news.dengeki.com/elem/000/000/607/607964/#eid607976

はい、こっちでもお前かい!

キービジュアル等でデスレムを初めとする暗黒四天王がフィーチャーされているのでてっきりこちらではエンペラ星人の復活かと思ったら、ベリアルでした。しかしホントに本来の持ち主に縁のない鎧ですね!w


テーマ : 新作ゲーム
ジャンル : ゲーム

ウルトラゼロファイト第2部 感想

 
ウルティメイトフォースゼロ 全滅

おおう……ここまでがっつり「死んだ!」演出されると、不安になってきます。「悔いはない」とか「俺達は先に逝けるんだぜ」なんて言っちゃってるし……この後シャイニングゼロになって一気に逆転するのはわかりますが、ウルティメイトフォースゼロの行く末が気になります。まさか「ゼロは勝ったけど仲間を全て失ってしまいました」なんて終わりはないとは思いたいですが……
しかしこれ、子供にとっては本当にショックだと思います。今回のグレンの死に様なんかマグマか炎っぽく誤魔化していますが、派手な流血以外の何物でもありませんでしたし。オマケ的存在の3分ドラマでも、手を抜かず思い切ったことをするのは円谷らしいです。


テーマ : ウルトラシリーズ
ジャンル : テレビ・ラジオ

ウルトラマン列伝 感想

 


メビウス&兄弟第3回!

今回はやはりこれでしょう。
「よーく見ろ、目付きが悪い。真っ赤な偽物だ」
さすがウルトラマンと助け合って戦うためにGUYSを立ち上げたくらいウルトラマン大好きなサコミズ隊長です!w

出たぁ~、松永神戸市長と秘書のミドリカワ・マイとコウダ助役!w 松永市長の携帯着メロがナイトレイダー-Scramble-なんですよねこれ。ホント円谷は成績的には大失敗したのにネクサス大好きですね……まあ私もですけど!
山田まりやはウルトラマンサーガにも出て欲しかった……超全集で「訓練学校ZEROの教官を務めていてタイガ・ノゾムをスーパーGUTSに推薦した」ってフォローはされていましたけど、やっぱり画面で見たかったです。

卑劣なガッツ星人に冷静さを失って戦うメビウスを見て、他の3人は危惧しているのに1人だけ「よしっ、いいぞ!」と無邪気に喜んでる北斗が面白いですw メビウスが捕まった時も1人真っ先に助けに行こうとしたり、血気盛んなところがいいですねぇ。
最初は北斗を止めるけどすぐ「勝てばいいんです!」と行こうとしちゃう郷に、ヤプールの封印のことを考えて最後まで慎重なハヤタとダン、上手いことキャラを描けていると思います。

メビウスが囚われ、神戸が隔離障壁に覆われた今、宇宙人連合と戦えるのはウルトラ兄弟のみ! 自分達を誘き出すための罠であるのはわかっていて、しかも残りエネルギーは少ないのに必ず勝たなければならないという絶望的な状況でも、ウルトラ兄弟は諦めない!
4兄弟揃い踏み変身は燃えると同時に感涙です。バンクの出来がイマイチよろしくないのだけが残念ですねw


テーマ : ウルトラシリーズ
ジャンル : テレビ・ラジオ

末尾に「おごるなよ、○○」って付けるの流行る。俺の占いは当たる

 
普段は政治や時事ネタは書かないようにしているのですが、あまりに凄まじいものを見つけたので書いちゃいます。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130306-00000000-sundaym-pol&p=1

とりあえず飛ばし読みでもいいので3ページ目の最後まで読み進んでください。


























<今週のひと言>
 おごるなよ、自民党。




<今週のひと言>
 おごるなよ、自民党。




<今週のひと言>
 おごるなよ、自民党。




!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?

皆様いかがだったでしょうか。私はマジ吹きした後「え!? 今までの文章自民党関係あったっけ!?」と全部読み直してしまいました。

いやぁ凄いですよね……本文も盲目的な「昔はよかった」丸出しでなかなか香ばしいのですが、最後の脈絡も何もない締めがそんなチンケなもの吹っ飛ばしてしまいます。マスコミの脈絡ない文章といえば朝日の「そういえば、自らの国家や民族に固執する右翼系の若者が世界的に増えているという事実も、多少気になるところだが」や、ゲンダイの「これも小泉失政のツケか」が有名ですが、今回のこれはそれらを軽く上回るように感じました。あまりの脈絡のなさに、違う文章が混ざりこんじゃったとかそういう編集ミスかとも思ったのですがどうやら違うようです。

ド素人の書いた文章ならまだしも、この岩見隆夫って人新聞や雑誌の編集をやっていた、つまり日本語のプロとも言える人なんですよね。そんな人がこんな意味不明なものを書くとは……「自民党大嫌い!」というこの人の考えだけは確かに痛いほど伝わりましたが。


テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

BB戦士三国伝 コミックワールド 第34話公開

 
http://www.bandai-hobby.net/BB/comic_3goku.html

というわけで、アニメBBWやケロケロA版ではなくキット付属コミックワールドの続編だということが確定しました。まあ岸本みゆきが関わっていないと聞いた時点であまり大きな展開にはならないとは思っていたので、新規キット+コミックワールドというのは妥当なところではないでしょうか。

復活蚩尤?は下半身が蛇のようになっている辺り、まだ蚩尤の名前も出ていなかった頃のPVに出ていた当時謎のノイエ・ジールまんまですね。こういうところ開始当初からのファンにはニヤリです。

ところで1ページ目の機駕のコマで描かれている盾、確か中国で出たキャンペーンのキットですよね。またマニアックなところから持って来ましたねぇ……


テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

生きる世界に理想を持ち続けられるように 邪悪に決して負けはしない

 
http://www.4gamer.net/games/198/G019828/20130226017/

エクストラモードのSTAGE26が悪意に満ちているように見えるのは気のせいでしょうか?w

まあミスターファイヤーヘッドは置いといて、せっかく怪獣や宇宙人を仲間にできるならエクストラモードだけじゃなくクロニクルモードでも使えるようにすればよかったのにと思います。セブンの特殊能力に「カプセル怪獣捕獲」みたいなのがあって瀕死にしたら捕獲して次のステージから出撃させられるとか。
エクストラモード限定ならエクストラモード限定で、一部だけでなくなんでも仲間にできたならまだよかったのですが……それこそ宇宙人連合や暗黒四天王やダークネスファイブ+1が組めるとかw


テーマ : 新作ゲーム
ジャンル : ゲーム

土曜プレミアム アンフェア the answer 感想

 
これぞアンフェア!って感じで前作よりも面白かったです。まさに「目には目を 復讐には復讐を アンフェアにはアンフェアを」な内容でしたし。

いい加減味方は敵というパターンがわかっているので、一条も村上も実は黒幕一味というのは読めていましたw 薫ちゃんも前作ラストの斉木狙撃でほぼ確定でしたしねぇ。
ただ雪平を籠絡するのが目的だった一条が、自分の方も割と本気になってたっぽいのが面白いところでした。佐藤和夫を殺したのは、海外逃亡されるって理由よりも嫉妬のが大きかったようですし。雪平にまんまとはめられて激怒する村上の後ろでニヤリと笑っていたのも、「やるじゃないか、それでこそ雪平夏見だよ」的なものに見えました。


テーマ : TVで見た映画
ジャンル : 映画

金曜プレステージ アンフェア the special ダブル・ミーニング Yes or No? 感想

 
まさかアンフェアシリーズがここまで息長いものになるとは連ドラ放送当時は思いませんでした。スペシャル1本映画2本スピンオフ2本ですからねぇ。

そんなわけで、前回のダブルミーニングでは協力者のプロファイラーが犯人だったので今回もプロファイラーが怪しいと思っていたら、犯人を更に裏で操っていた黒幕一味とは思いませんでした。しかもそれが冒頭の選挙で互角の対立候補を落とそうとする企みとは……対立候補のネガキャンだけのためにここまで回りくどい上に大掛かりなことするかぁ?とは思いますがw 最小限の保身と責任擦り付けはしたとはいえ前回に比べて小久保が大人しかったのは、最初からグルだったからなんですね。


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

ウルトラゼロファイト第2部 感想

 
とうとう第11回、今回を入れてあと5回であります。

今回のタイトルコールはスライ。「君達の大好きなウルトラマンゼロはもういません」とかゼロの代わりに前説までやってくれましたw

ゼロの意識は闇に絡め取らて何もできないようにされて、ベリアルが自分の体で仲間達を次々倒していくところを見せ付けられているという……意図的にゼロの意識を残したのか完全には消せなかったのかはわかりませんが、意図的に残したとしたら物凄い陰湿さです、ベリアル。ただこの「ゼロの意識はまだ残っている」というところが突破口になりそうではありますが……

計画通りゼロダークネスが誕生して単身ウルティメイトフォースゼロを圧倒したことで、すっかり高みの見物モードのダークネスファイブ(-ジャタール+タイラント)。スライもわざわざピグモンを連れてきて余裕モードです。
上記のゼロの意識とピグモンが逆転の鍵になるのかなと思いましたが、仲間達の決死の呼びかけも無駄だったのにピグモンの呼び掛けで復活したらウルティメイトフォースゼロの立場ないですよね……w

ミラーナイト、あからさまに遺言みたいなことを言って倒れる。
ジャンボットバラバラは衝撃的とはいえ言ってしまえば「メカなんだからまた修理すればいい」という部分があったのですが、生命体であるミラーナイトまでこういうことになると衝撃度倍増しです。

ジャンナインも涙を流しながらゼロを説得しますが、ベリアルに一蹴されてゼロダークネス版ゼロツインシュートで……

zerofight11.jpg

ギャァァァァァァァァ!?
アベユーイチ監督……確かにキラーザビートスターで「ロボットなら多少過激な表現もできる」って仰ってましたけどここまでやっちゃいますか……
涙を流しながらかつて自身が教えられた心の強さをゼロに説くジャンナインが凄くよかっただけに、ショックです。

たった1人残されたグレンファイヤーが、怒りの炎を燃やす!
グレンの周りにミラーやバラバラになったジャン兄弟が散乱しているのはかなり絶望的な光景でした。ここからどうシャイニングゼロが誕生して逆転するのか……次回予告の後の提供バックで次回の映像が全く使われていなかったので、そろそろ登場しそうですが。


テーマ : ウルトラシリーズ
ジャンル : テレビ・ラジオ

冷やしている者のプロフィール

宇宙落描き

Author:宇宙落描き
宇宙を漂う奇妙な落描き

興味を持ったことにはなんにでも首を突っ込む、無茶で無謀な生命体。
「アンテナは浅く広く」が信条なので、節操なく色々書いていくつもりです。

冷やしカウンター
冷やしカレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
よく冷えた最新記事
冷却カテゴリー
冷やし月別アーカイブ
冷え具合を検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
この冷やしブログについて
内容:
主に私が気に入ったもの(テレビ番組、映画、本、玩具、ニュース等色々)の感想が主となっています。

コメント:
基本的に構ってちゃんなので、されると狂喜します。なので畏まらず、一言程度のことでもお気軽にどうぞ。
ただし、記事と全く無関係な宣伝等のこちらで不適切と判断したコメント(滅多にないでしょうが)は見つけ次第削除させて頂きます。

リンク:
貼るのも剥がすのも自由です。ご報告してくださると狂喜乱舞して貼り返させて頂きますので、してくださる場合は最新記事にお願いします。

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。