スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パシフィック・リム

 


「Elbow Rocket!」
『ELBOW ROCKET ENGAGED』
「Now!!」


洋画で「巨大ロボットの武器をパイロットが名前を叫んで使う」という映像を見られるとは……! 途中にコンピューターの音声が入るのも燃えどころでいい感じです。日本のロボットアニメにインスピレーションを受けてリスペクトしているっていうのは本当ですね。

http://animeanime.jp/article/2013/06/19/14482.html

そんな熱意にあてられてか、吹き替えもえらいことになっています。なにこの(特定方面で)超豪華キャストw



取り敢えず玄田演説の説得力が半端ないですね!


スポンサーサイト

テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
ジャンル : 映画

あれは何 あれは敵 あれは何だ 謎を秘め襲い来る侵略者

 
ULTRA-ACT ウルトラマンタロウULTRA-ACT ウルトラマンタロウ
(2013/06/29)
バンダイ

商品詳細を見る


デレッデッデデケデケデンッタローウ!ウルトラマン・ナンバー・シックス!テーレテーッテンッ

というわけでウルトラ6兄弟最後の1人、ウルトラマンタロウです! 遂にこれでULTRA-ACTでウルトラ6兄弟が揃ったんですねー(ブラザーズマント着用で並べるなら9月のセブンver.2まで待たなければなりませんが)。まさかここまで続くシリーズになるとは思いませんでした。


acttarou01.jpg

登場バンク用の手首が付いてるのがいいですね。ちょっと苦しいですが割とそれっぽい絵撮れます。


acttarou02.jpg

チュピピピピ


acttarou03.jpg

チュピピピピピピ


acttarou04.jpg

チュピピピピピピピピ


acttarou05.jpg

ドゴォッ!!

タロウといえば取り敢えずスワローキックブチかましてる印象が強いです。


acttarou08.jpg

「ストリウム こーせーん!!」

残念ながら、ストリウム光線の溜めポーズにある頭上に手を上げる動作はできません。まあ可動フィギュアには厳しい動きですからね……

関係ないですけどタロウのカラータイマー音って一度聞くと凄い印象に残りますよね。ウーウィーウーウィーウーウィーウーウィーって消防車のサイレンみたいなの。


acttarou06.jpg

コスモリキッドにブッ刺した1度しか使われなかったブレスレットランサーが付いています。


acttarou07.jpg

バードンの嘴に嵌めて火炎を防いだり投げ付けて電気ショックで痺れさせたりした大型化したキングブレスレットも付属します。ちゃんとソフビのバードンの嘴に嵌るように作ったらしいです。


acttarou09.jpg

ちょっとストリウム光線の色が違和感あるなーとか下半身の可動範囲が狭いとか難点がないわけではないですが、最近のACTの例に漏れず概ね満足できる仕上がりでした。ホントいいシリーズに成長しましたね。


テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

2013年夏季注目のアニメ

 
そろそろ7月、新アニメの季節です。GIGAZINEさんの記事を参考に、注目アニメを自分用チェックリスト代わりに書いておきます。


・ステラ女学院高等科C3部[しーきゅーぶ]
サバゲーという題材が面白そうなので。まあサバゲーよりも女子高生がgdgdする方が多めの最近多い日常系アニメっぽいですが……

・ダンガンロンパ
原作ゲームがちょっと面白そうだったので(結局やってはいない

・幻影ヲ駆ケル太陽
タロット+バトルという中二全開なのは嫌いじゃないので。

・ファンタジスタドール
あの谷口悟朗がプロデュースする普通の女の子達が出る王道アニメというコンセプトが(怖いもの見たさ的意味で)物凄く気になっています。

・銀の匙
ハガレンファンなので、まあ当然これもチェックです。
アームストrじゃない轟先生がちゃんと内海賢二なのもいいですね。本当にかえすがえすも残念ですが、これの収録には間に合ったのはまだよかったと思います。


こんなところですね。
今季はこれだ!と来るものがなかったので、ここに書いたのも1話見て合わなければ即切りすると思います。闇を照らす者とマジェプリの2クール目で十分楽しめているので。


テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

非公認戦隊アキバレンジャーシーズン痛 第12痛「妄想使徒」感想

 

         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|        あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|     『おれはアキバレンジャーを見ていると
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ      思ったらウルトラマンが最後の敵だった』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人      な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ      おれも何をされたのかわからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ      頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \  非公認だとかよい子は見ちゃダメだとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ  そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ もっと恐ろしいメタネタの片鱗を味わったぜ…


というわけで実質最終回です。いやぁ……どうコメントすればいいやら……

前回ラストの続きから、アキバレンジャーVSマルシーナ。いきなり合体武器を使う、「そういえば、こんなにお互いのこと話したの、今日が初めてだね」「大丈夫……ちょっと休めば、すぐに元気になる……(ケチャップ付き」とお互いに敗北・死亡フラグを立てながら戦うのが間抜けすぎますw

いきなり空に浮かぶ光の文字! ウルトラサインまんまでアウトオオオォォォォォ!!(1回目

そして空から飛来する謎の巨大戦士! 効果音がウルトラマンの変身音まんまでアウトオオオォォォォォ!!(2回目

現れたるは、空翔ける正義のたてがみ、プリズムA! デザインがウルトラマン(体)+グリーンマン(顔)+メガロマン(たてがみ)アウトオオオォォォォォ!!(3回目
つーかなんだよこれ!!w なんで最終話でいきなりウルトラマン出して倒そうぜ!なんて発想に至ったんだよアキバレスタッフ!!w

えー、気を取り直して、プリズムAの声は古谷徹です。最後の最後でまた大御所を無駄に出して来ましたねぇ……そういえばウルトラマンの声もやってるんでしたっけ。

神に等しい力を持ったマルシーナも、プリズムAには全く敵わず一撃で爆散。赤木の言う通り、前々回前回とあれだけ盛り上げたのにちょっぴり切ない幕引きでありました。

葉加瀬ぇぇぇぇぇぇぇぇ!?w いやぁ声優って凄いですねぇ……視聴者だけでなく赤木達もドン引きなのが余計笑えます。

どこかで見たことあるサソリw いやぁあの展開の無意味さは酷かったですね……

雑誌に載っているプリズムAのポーズがセブンのデザイン画のポーズでアウトオオオォォォォォ!!(4回目
御丁寧に足跡までやりやがって!w
あのシルエットっぽく処理するのって網掛け80%って言うんですね。そういう用語があるとは知りませんでした。

プリズムAが先輩であるスーパー戦隊を兄さんと呼んでてアウトオオオォォォォォ!!(5回目
ウルトラ兄弟ネタまで入れるとか芸が細かすぎるわ!w

プリズムAの製作は、設立間もない外資系映像会社であるチガウヨープロダクション。明らかにチャイヨーでアウトオオオォォォォォ!!(6回目
ここまでウルトラシリーズや円谷プロを馬鹿にしたネタやって怒られないんですかね、いくら今は特撮業界で成功しているのも幅きかせてるのも東映>>>>>円谷だからって!w まあウルトラマンじゃないですよー胡散臭いプロダクションの作ったパチモン臭いヒーローですよーって言い訳なのかもしれませんが……

「この男の脳髄を借りて話している」 「侵略者を撃て」のバルタン星人の台詞まんまでアウトオオオォォォォォ!!(7回目
八手三郎がツー将軍の体を借りて直接的に作品世界に介入するのはいいんですが、なんでわざわざ後沢さんを痛々しいツー将軍にしているのでしょうかw マルシーナが倒された時に戻ったってことでいいんですかね。

チガウヨープロダクションからのスパイによる濃厚なハニートラップに引っ掛かり、ニチアサを売り渡す契約書にサインしてしまった八手三郎。アウトオオオォォォォォ!!(8回目
うん、そのネタは流石にマジで洒落にならないからね?

「無理めなコスプレで私と被るなんて許せません!」 あ、ルナ、それ禁句……

眼帯で額のビームランプ(違)を塞がれて本来の人格を取り戻す葉加瀬。いやぁ実に三つ目がとおるですね。されるのが内田真礼なことを考えると邪王真眼も入っていそうですw

最終回後ももう1回戦うチャンスを作るため、八手三郎に『非公認巨神プリズムAVSアキバレンジャー』の企画を立てさせて、モエモエズキューーンの封印を解除したアキバレンジャー。とこっとんメタメタですねこりゃw

……あれ、アキバレンジャーよりプリズムAの方がまともに見えるんですがw ていうか今回誰が一番の被害者かって、チガウヨープロダクションの策略と八手三郎+マルシーナ+アキバレンジャーに散々振り回された挙句諸悪の根源のように扱われて無情にぶっ殺されたプリズムAですよね……

プリズムAに迫られて速攻妹バージョンになる葉加瀬が変わり身早すぎますw 

また洗脳された葉加瀬からエネルギーを受けて放つ、プリズムAの必殺技プリズム光線! まんまメタリウム光線やストリウム光線な虹色ビームでアウトオオオォォォォォ!!(9回目
腕の構えが所謂ワイドショット構えとは左右逆だったり、両手を握っている辺りがそこはかとなくパチモン臭くて素敵です。

VSといえばでVSシリーズではない話を推す赤木がいかにもひねくれたオタクっぽいですねw スーパー戦隊最初の追加戦士は?という問いに素直にドラゴンレンジャーと答えず、ブラックバイソンとグリーンサイだいやX1マスクだいやいやマグネ戦士だそもそもビッグワンじゃないかと答えちゃうみたいな。

ファイブマンと聞いてギンガマンが出てきたルナは相当濃いと思います。普通の人はファイブマン見てたとしても銀河戦隊ギンガマンなんて覚えていませんw ウルトラマンギンガともかけている……と見るのはさすがに穿ち過ぎですかね。

優子の「小説が書いても書いても終わらない」というのは、いよいよ明日発売のクウガ小説に苦戦している荒川稔久の代弁だったらしいです。確かに最初の予定から半年近く延期しましたからねアレ。

妄想送で本物と同じ効果を持ったウーザフォンの呪文で、超アキバレッドが巨大化! さり気なくウルトラマンポーズしてんじゃねぇ赤木!w

同じ土俵に立ってもプリズムAは強い!けど、立ち位置だけであっさり逆転w そういえばベリアル銀河帝国の予告で流されたゼロツインシュートとデスシウム光線のぶつかり合いが、公開前からベリアルが右側だからゼロ撃ち負けるんじゃないかって言われていましたね。
ただ公式でもフォローされていますが、左側にいる方が勝つ例も割とちょくちょくあるので絶対的な法則って言えるほどのものではないと思いますw

プリズムAは倒したものの、その代償にVSの企画にあった強力な宇宙艦隊との戦いをプリズムA抜きでやらなければならなくなったアキバレンジャー。なんという自爆w
更に葉加瀬に命懸けの特攻フラグを立てられたせいで、敵の旗艦っぽいのを押して太陽に突っ込むことに。ああ、今回古谷徹がゲストでしたからね。逆襲ですね。
ダメ押しで葉加瀬に更なる死亡フラグを立てられ、哀れ太陽に突っ込むアキバレンジャー……というわけで、
アキバレンジャーの犠牲でニチアサの戦隊枠は守られた! めでたしめでたし!


テーマ : 特撮ヒーロー
ジャンル : テレビ・ラジオ

新キカイダー

 
http://www.neowing.co.jp/search3.html?q=%A5%AD%A5%AB%A5%A4%A5%C0%A1%BC&media=&r=any&step=20&order=score

何故か検索では出るのにページはない不思議。検索からも消えるかもしれないので……

人造人間キカイダー (角川文庫)(文庫)
松岡圭祐
この秋公開の映画「人造人間キカイダー」を、大人気作家・松岡圭祐がノベライズ!! 松岡圭祐×東映のタッグを見逃すな!!


というわけで、次の東映の過去ヒーローリメイク商法はキカイダーのようです。スーパーヒーロー大戦Zのパンフやラストで既に思わせぶりなことをやっていたのが、これで確証になりました。
どんな映画になるのやら……単体映画なのでフォーゼのキョーダインブートレグやアルティメイタムのアクマイザーのような「過去ヒーローの名前と姿を借りただけのただの悪党」なんてひでー扱いにはならないと思いたいですが。


テーマ : 特撮・戦隊・ヒーロー
ジャンル : 映画

ウルトラマン列伝 感想

 


いきなり第100回記念ラストの続きから、不機嫌なベリアルと戦々恐々とするダークネスファイブw スライの提案でウルトラ戦士を苦しめた同族の紹介をすることに。とりあえずビーコンご苦労さまですw

まずはヴィラニアスによるテンペラー星人の紹介。セットや特撮は凄いのに、肝心のテンペラー星人のスーツがでろんでろんでへろへろな出来なのが悲しいですw 6兄弟相手に一応渡り合ったり相当強かったんですけどね。
ウルトラマンボール作戦で、ウルトラ6兄弟がついに揃い踏み! これ当時の子供は本当に興奮したでしょうねー。作戦は「気付かれずに一気に接近する」ためなのにあんまり意味なかった感じですがw(タロウのようにそのまま口の中に入ってから巨大化して破裂死させるならともかく

タイラントも紹介してくれました。ウルトラギャラクシーNEOだったのは、タロウの登場回はもう最初の方とサーガ直前の怪獣兵器特集で2回もやったからでしょう。
各部位の紹介を改めて見るとなかなかチョイスが面白いというか謎というか、そもそもシーゴラスとハンザギラン倒されてないんじゃね?という疑問が浮かんできますw ウルトラギャラクシーNEO以降の、各怪獣の部位を生かして戦うのは合体怪獣という特徴を押し出してて非常にいい演出だと思います。
キール星人グランデも出てきたのは意外でした。唐橋充の怪演もあって強烈な印象のキャラでしたね。レイに負けて逃げる時に、「お前の美人の姉ちゃん、今度紹介しろよな!」と捨て台詞残したのには笑いましたw

お次はヴィラニアスに「力押しだけではねぇ」と言い放ったスライ。紳士的で頭脳明晰とか言うから初代か3代目かと思ったら……
「まず、安田商店の自動販売機を盗み出す!」 そっちかい! よりにもよってメフィラス星人の面汚しを!w それにしてもドリンクに毒を混ぜるのではなく、自販機の中に隠したマンダリン草に直接刺させるという辺りがまたなんというか冴えない感漂うというか……ていうか光太郎気付けよ!w
伝説の迷言「卑怯もラッキョウもあるものか」がメフィラス紳士の証らしいですが、お前初代に殺されるぞスライよw
そしてZATのアミアミ作戦と目からビームによる知略対決! 知略全く関係ねぇぇぇぇぇぇぇぇ!!w どうしようここだけで既にツッコミが追いつかないんですけど!w
第100回と同じく、グロッケンのツッコミがひたすら冴え渡りまくっていました。案外人の話を聞かないスライには全く効いていませんでしたが……

次はグロッケンによる先輩紹介!の前に、「一旦コマーシャル、どうぞ」。スポンサーにもやさしいです、グロッケンw グローザムのことを先輩呼びとか、武勇伝とか本当に精神面ではただのチンピラですねグロッケン……w
グローザムは強かったですね、単純な戦闘力では暗黒四天王でもダントツで最強だったのではないでしょうか。どんな攻撃を受けてもたとえ木っ端微塵になっても即座に再生して、同じく強力な再生能力を持つインペライザーを一片も残さず焼き尽くしたメビュームバーストすら全く効かないというトンデモない強敵でした。再生能力だけでなく、ウルトラ一族共通の弱点である強烈な冷気を武器とする上格闘戦にも秀でていますし。

続いてはデスローグ……なのですが、全く喋らないためグロッケンが代弁することに。グロッケン、地元とか言うなやw
デスレムはなんか他の四天王と比べると印象薄いんですよね……汚い策謀でメビウスを追い詰めるというのが直前のヤプールと被っている上に、そのヤプールの方がやり方が悪辣(利用されたヒルカワ含めて)でしたから。

「お前らダークネスファイブは、5人だったろうが!」 そりゃあファイブですからね!w ていうかベリアル以外の全員から完っ全に忘れ去られていたジャタール……お前らちょっと酷くない!?w
初代ヒッポリトの回、ウルトラ兄弟が次々やられるところはヒッポリトが凄いというかウルトラ兄弟が間抜けすぎるようにしか見えないのが難ですね……まあ昭和の過去ウルトラマン客演は殆ど酷い扱いなんですけどw 
飛来した父の軌道をじーっと見て、爆発に驚いてすっ転ぶヒッポリトがなんか可愛くて面白いですw
公式ブログで示唆されていた、ジャタールもシャイニングスタードライヴで生き返ってるんじゃね?が言及されました。生きてりゃそのうち帰ってくるだろとかやっぱりなんか冷たいですねw ウルトラゼロファイトのDVDにのみ収録されているラストでは、復活したものの敵味方誰からも気付いてもらえず放置されるジャタールという酷い映像があったらしいですw

お前ら結局やられてることスルーしただろ!とベリアルにツッコまれるダークネスファイブw このオチがやりたいからメフィラスは2代目だったんでしょうね、初代は決着付かずに終わりましたし3代目はエンペラ星人に粛清されるという最期でしたから。
ただグローザムはメビウスとセブンにはやられてないんですよねー、実際この合体光線で粉微塵になった後も再生しようとしましたし。

ダークネスファイブの同族だけでなく、自身もあそこまで追い詰めておきながら結局はゼロに敗れたことを回想するベリアルは、ダークネスファイブに別れを告げて1人何処かへ去ろうとする。ダークネスファイブが困惑する中、スライがベリアルの背中に光弾を放つ!
ああっ、巻き添えでビーコンがやられた! 前回ベリアルの暴走に巻き込まれて倒れた挙句今回流れ弾で爆散とか、番組ジャックの功労者なのに扱い酷いですね……w

スライの真意は、ベリアルの配下になった時点で命などとうに捨てているという覚悟を見せること! 他のダークネスファイブもそれに賛同し、その覚悟を認めたベリアルは改めてダークネスファイブと共に「守るべきもの」を見つけて覇道を進むことを決意する!
というわけで、まさかのベリアルとダークネスファイブが絆を深める話になるとは思いませんでした。ただのやられ役だと思っていたのに随分美味しいキャラになりましたねぇ、ダークネスファイブ。ベリアルはゼロの強さの根源が「守るべきもの」があることだと気付き、自分もそれを求めることにしたようです。果たしてベリアルの見つける「守るべきもの」とは何なのか、ゼロとの因縁の対決はどんな結末を迎えるのか……盛大に戦って決着を付けて欲しいような、もうこいつらには死んでほしくないような……w



明日はウルトラマン列伝最終回!


テーマ : ウルトラシリーズ
ジャンル : テレビ・ラジオ

トランスフォーマーGo! 予告

 


ロボマスの付属DVDのようなショートアニメ的なものかと思っていたら、結構本格的にやるみたいですこれ。しかし侍チームと忍びチームのデザインといい人間の子供が深く絡んでくるところといい、ホントにトランスフォーマーの新作というよりも勇者シリーズ復活を感じますねw 玩具がギミック優先でプロポーションや可動がちょっとアレなのも含めて。 トランスフォーマーと勇者シリーズは切っても切れない関係にあるので、ある意味間違ってはいないと思います。


テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

ウルトラマンギンガ情報

 
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20130623-1146406.html

なななんとウルトラマンギンガに津川雅彦が出演! こりゃえらい豪華キャストです。一応特撮に出たことはありますけど、新鮮ですね。
メインキャストは若い人が多いですし、いいアクセントになってくれれば面白そうです。


テーマ : ウルトラシリーズ
ジャンル : テレビ・ラジオ

アベンジャーズ続編&3決定!

 
http://www.cinematoday.jp/page/N0053997

アベンジャーズ2にはロキは出ないそうで、あの強烈なヘタレ悪役キャラが見られないのは残念ですがwソーの続編に出ますし仕方ないですね。
クイックシルバーとスカーレットウィッチが登場するというのは……マグニートーの子供ですが、X-MENの版権とは別扱いということなんですかね。X-MENはまだ別会社がシリーズ展開していますし。

http://www.cinematoday.jp/page/N0054100

更にアベンジャーズ3も(高確率で)決定! しかもトニー・スタークはロバート・ダウニーJrのまま! これは朗報ですねー、シネマティックユニバースフェイズ3がどんな面子で来るのか今から楽しみです。


テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

金曜ロードショー インデペンデンス・デイ

 
なんで宇宙人のコンピューターに地球のコンピューターウイルスが通じるねんというあまりにも大きすぎるツッコミどころはありますが、娯楽作として好きな映画です。
見た目のハデさだけじゃなく、ストーリーも序盤ケーブルテレビの保守点検、休暇、ホワイトハウス、農場と全く別々の道を辿っていた主要人物達が、宇宙人の襲来を機に一つに集っていくのが好きなんですよね。腐ってたのが地球を救う野心に目覚めたり、宇宙に憧れてたのが宇宙に行けたりと各人の描写も割としっかりしていますし。


テーマ : TVで見た映画
ジャンル : 映画

非公認戦隊アキバレンジャーシーズン痛 第11痛「妄想墓地」感想

 
スーパー戦隊シリーズ、消滅
ついに『番組外現実』にまで侵攻して八手三郎を自在に操り『アキバレンジャー』作中において神に等しい存在となったマルシーナ、どうするアキバレンジャー!

スーパー戦隊シリーズがスーパーマルシーナシリーズになり、戦隊はマルシーナに倒される敵扱いに。そのせいでひみつきちもマルシーナに敗北した戦隊を弔う『ひみつぼち』に……ってだれうまw 料金が香典って形で前払いとか、無駄に凝っていますw

マルシーナの怒涛の説明台詞連発で、ついにシーズン痛におけるシーズン1が何故全く違う物語だったのかの謎が明かされました。マルシーナ、説明台詞乙ですw
なんで穴が2つあるんだと思っていたら、『番組外現実』への穴だったとは……ここまで考えてたんですかねあの時点でw そして入院して瀕死の八手三郎に接触したマルシーナはアキバレンジャーシーズン痛を始めさせることには成功したものの、ストーリー改変やツー将軍といういらん改変が入ってしまった、が、それすら逆手に取って全てのスーパー戦隊を倒して妄想世界の神として君臨するようになったと……ホントご苦労さまですマルシーナw いちいち37戦隊全部倒して回ったんですねw
シーズン痛からのキャラであるルナが全く蚊帳の外で(・o・)状態だったのも面白かったです。そりゃあ目の前でそんな話されてもこいつら何言ってんのでしょうねw

故郷の星のデリュ江とデリュ太郎ってシグナルマンですよねw 赤木が敗北フラグを乱発したデリューナイトに勝ちを確信していましたが、まだ相手を倒していないのにベラベラ相手の敗因を解説するっていうのも割とドでかい敗北フラグのようなw

たくさん笑顔をもらったひみつきちのみんなの笑顔を取り戻すため、ルナが戦う! まさか空気読めない&天然ボケでツッコまれ要員だったルナが、3人の中で一番真っ当なヒーローらしい動機で戦うようになるとは思いもしませんでしたw
ルナの決意→主題歌→非バンク重妄想にはアキバレンジャーのくせに不覚にもグッときましたね。非バンク重妄想が1期屈指の燃えどころだった初めての現実世界での重妄想と同じなのも憎いです。

ルナの決意に衝き動かされて駆けつけた赤木は、何故か「負けた仲間を役立たず呼ばわり」「この戦いが終わったら結婚しようと言う」「仲間を盾にする」「冥土の土産に教えてやろう」という敗北フラグを乱立。その理由は、マルシーナの手で妄想世界における勝利フラグと敗北フラグが入れ替わっていたから! それに気付けたのはルナの冥土の土産アタックなわけで、なんだか微妙にいい展開ですw
「冥土の土産に教えてやろう」の中身が団時朗の本名なのが……いや確かに戦隊にも出たことありますけどなんで団時朗w

ムニュモエズバキューンの新必殺技、ムニュモエズバッシャー!……は、「叩く! ただ叩く!」だけの技w せっかく刃が付いてるのに!w

あまりに綺麗なアキバレッドのフライング土下座に吹きましたw でも咄嗟の発想力とその応用力は公認様にも負けないものを持っていますよね赤木。

葉加瀬にいったい何が起きたんだー!?ってところで次回最終回! まあ多分1期のようにgdgdに終わるでしょうが、それはそれでアキバレンジャーらしいと思うので楽しみにしたいですw


テーマ : 特撮ヒーロー
ジャンル : テレビ・ラジオ

ウルトラマンギンガ

 
http://m-78.jp/ginga/

さーいよいよ再月から放送開始です、ウルトラマンギンガ 久しぶりの完全新作ウルトラマン、楽しみですねー。
劇場スペシャルも上映館が非っ常に少ないのが泣けてきますが、なんとか近場と言ってもいい範囲内にあったので行きたいと思います。短い分安いですしね。

http://www.cinematoday.jp/page/N0053787

こちらによると主人公ヒカルの使うギンガスパークと敵側の使うダークスパークは光の国の言い伝えにある伝説のアイテムという扱いだそうで、過去ウルトラ要素はウルトライブ以外抑えてくると思ったら案外ガッツリ絡んでいるようです。しかしやっぱりゴーカイジャーを思い出しますね、レジェンド大戦w


テーマ : ウルトラシリーズ
ジャンル : テレビ・ラジオ

牙狼<GARO>~闇を照らす者~ 第10話「誓 Promise」簡易感想

 
ちょっと1週遅れになってしまったので簡易気味感想で。

レギュラーキャラは流牙だけの登場で、敵も普通の陰我ホラーというどことなく初期の牙狼を思い出す話でした。ストーリー的には、すれ違い気味だった親子が心を通わせるのと同時に、前回の完敗の後も流牙の人を守るという意志は変わらなくて、それをわかってくれている人も確かにいるということを描いたいい話でした。

ゲストは長澤奈央と大浦龍宇一。ホント長澤奈央って特撮にはなんにでも出てますねw 戦隊ライダーウルトラケータイ捜査官レスキューフォースときて今度は牙狼ですよ。

あ、浩樹が聴いていて遥にCDを渡そうとしていた曲は『BRIGHT HOPE』でしたね。どうやら流牙の見込み通り、シンは自分の実力だけでデビューできたようでよかったです。


テーマ : 牙狼-GARO-
ジャンル : テレビ・ラジオ

ウルトラマン列伝 感想

 


タロウに続くウルトラ兄弟の本格的な客演にして、人間態が初めて出たというメビウスの中でも記念すべきエピソードです。ついでに実はレオにとっても、他作品への本格的な客演はこれが初めてだったりします。
「故郷のない男」っていうサブタイと、その作中での意味がまたいいんですよねぇ。

今回の前説はレオ前期OPをBGMにしたゼロVSレオの組み手! 未だに純粋な格闘戦ではゼロを圧倒するレオがかっこいいです。

リフレクト星人、安直な名前に結局こいつなにしに来たの?な意味不明さに一芸特化すぎる能力と実にいいレオ序盤に登場した宇宙人リスペクトです。あの丸っこい体でエセ紳士な喋りなのがなんとも言えない味を出していますw

ミライ達の前に姿を現したおおとりゲンの渋かっこよさ! ホントゲンの面影を残しつついい歳の取り方してますよね、真夏竜。
メビウスをボコった上で厳しい言葉を浴びせますが、昔ダンが明らかにやりすぎな特訓をゲンに課して厳しく叱咤したのは1日でも早く愛する地球を守れる戦士になって欲しいという気持ちだったわけで。
ゲンが現れるのが、初めての戦いで守れなかった黒潮島というのも渋いです。

『故郷のない男』ウルトラマンレオは、だからこそ地球を第二の故郷として愛した。その気持ちを受け止めて、自分達の戦いは決して負けられないということを改めて思い知るミライとGUYS。レオのキャラと境遇を昔のデータとミライの説明という形でわかりやすく解説しつつ、ドラマにも繋げるのが上手いです。

ゲンから渡された道着を着て、あらゆる光線を弾く上に強固なリフレクト星人を突破するための特訓をするミライ。でも実はゲンって白い道着はあんまり着てないんですよね。流石に一番思い入れあるのを渡すのは躊躇ったようですw
レオと比べて特訓がヌルすぎるという批判もありましたが、今の世にジープで追いかけ回すとか敵の攻撃を再現した変な機械で特訓するとかやっても正直なところギャグにしかなりませんし、後の展開も考えるとこれくらいでいいと思います。

レオほどの身体能力を持たないメビウスがレオキックに匹敵する威力の蹴りを繰り出すために編み出したのは、回転を加えて威力を上げること! レオの言葉を受けながらも、「仲間との絆で強くなる」というメビウスらしさも失わないのがいい展開だと思います。

GUYSを人質に取る卑劣なリフレクト星人に、レオの怒りが爆発! ここもよく「レオ出てきたら意味ないじゃん」と言われていましたが、メビウスピンキックで装甲を破った時点でメビウスはリフレクト星人に完全に勝っていたので問題ないでしょう。

メビウスとレオのタッグ! いやーここは燃えましたねぇ。ガッツリタッグを組んでリフレクト星人を圧倒するのがただただかっこいいです。
とどめのウルトラダブルキックと、リフレクト星人を貫いて着地→メビウスとレオの背後で爆発もかっこよすぎでした。

最後のゲンの笑顔、メビウスとGUYSのために厳しく振舞っていたけど根は変わっていないとわかる本当にいい笑顔でした。

締めのBGMはレオ後期OP! ナビゲーターのゼロがレオの直弟子ということもあってか、今回全体的に気合入った出来でしたね。



次回は再びベリアル一派が番組ジャックして、ダークネスファイブによる同族紹介。ゼロがなんかこれ宮野の素じゃないでしょうねw
スライ曰くダークネスファイブの汚名返上だそうで……一応100回記念がマズかったとは認識しているようですw


テーマ : ウルトラシリーズ
ジャンル : テレビ・ラジオ

BEACH QUEENS アン

 
http://www.hobby-wave.com/LINE_UP/kanseihin/2013/ann/index.html

本家の展開が完全に死んでいる中でこういうのが出るのを喜べばいいのか嘆けばいいのか……w
コナミ内にもう神姫担当がないって話もありますし、本当にもう出ないんですかねぇ。バトマス2に先行登場したバイク型ェ……
リボルテックも近く完全終了らしいですし、可動フィギュア界は安定して売れてるアーツとfigmaだけになっちゃうんでしょうねぇ。


テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

金曜ロードショー アンストッパブル

 
とりあえずテレビをつけているだけで期待せずに見たのですが、これがなかなか面白くて意外な掘り出し物でした。
主人公コンビが生意気な若造と腕は確かだけど偏屈で冷遇されている年配のタッグで、事件を通してお互い心を通わせて抱えた問題を解決するという大筋がもうツボなんです。他にも理解ある中間管理職に駄目な上司、美味しい活躍をする脇キャラといい要素が散りばめられていて、退屈するどころか非常に楽しめました。これは映画館に観に行けばよかったなぁ……


テーマ : TVで見た映画
ジャンル : 映画

鋼鉄の勇気かがやけ まぶしいひかりを浴びて 渦巻く銀河のかなたへ旅立てよ Transformers

 


ハッピーセットでもらえるDVDのダイジェストということですが、実質トランスフォーマーGO!のアニメのPVですね。本編は店頭配布や児童誌付録のDVDと無料ネット配信で展開するらしいので楽しみです。一応プライムの続編なのに戦国時代なのは何故なんでしょうかw

ケンザン役は興津和幸だそうで、確かにスモークスクリーンでジョナサンですね。他にもTF的に聞き覚えある人ばかり(だと思う)です。


テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : 趣味・実用

コレクター事業部9月発売分

 
予約開始と同時に正式な商品ページもできていました。気になったものを少し。

http://tamashii.jp/item/10406/

待ちに待ったACTセブンリニューアルです。
サンプル画像を見るとプロテクターが思いっ切り腕の可動に干渉しそうですね……ワイドショットもアイスラッガー投擲のポーズも何かおかしいですし。エフェクトはワイドショットにアイスラッガーの斬撃とエメリウム光線がないのは残念ですがまあ妥当ですね。でも何故ワイドショットの色がオレンジ……

http://tamashii.jp/item/10410/

モンスターアーツ3式機龍!
何故だかサンプル画像がやたら多いですw アブソリュートゼロの開閉、脚のブースターの展開、バックユニットと腕の武器の着脱、メーサーブレード付属、改修前暴走時改修後全ての頭部付属と基本仕様にはもう完全に文句ありません。贅沢を言うなら何かしら攻撃のエフェクトが欲しかったくらいです。

http://tamashii.jp/item/10403/

フィギュアーツウィザードインフィニティ。
しかしまあ何度見ても恐ろしくゴージャスですw フレイムドラゴンがベースなら出来は問題ないとは思うのですが、現行ライダーは何かと出来が不安定なのでレビュー待ちです。今はちょっと前のような発売日に開店ダッシュしなきゃ瞬殺ってことは滅多にありませんし。
商品とは関係ないのですが、アックスカリバーのアックスモードでカリバーモードの刃を持つのが未だに違和感拭えませんw

http://tamashii.jp/item/10404/

なんでこれが一般なんですか!w


テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

非公認戦隊アキバレンジャーシーズン痛 第10痛「妄想枕語」感想

 
バロスwが壊滅してステマ乙が復活、遂にマルシーナが悪の頂点に立ち強敵デリューナイトも蘇り、更には現実世界では八手三郎が危篤状態に陥った上スーパー戦隊の存在が消滅!?と激動すぎる話でした。まあ今回を入れてあと3回(全13話で最終話は1期と同じく総集編)なので、そろそろ巻き入るのは当然ですねw

謎の入院患者は八手三郎でした。アンタなんで入院してるのとかツッコみたいことは山ほどあるのですがもうしないでおきますw マルシーナそっくりな看護婦が丸品さんだったということは、もしかしてアキバレンジャーシーズン痛は八手三郎の妄想で、死に瀕しているから終了に向かっているとかそういう話になるのでしょうか。

今回の怪人は亀有アルパカ。ツー将軍が作ったステマ乙の怪人といういわばパロディのパロディで、「アキバレンジャーの妄想力を利用して妄想世界と現実世界の間の壁を壊す」という嘘作戦は1期で浅草アルパカが行った作戦というセルフパロディ尽くしな奴でしたw
そういえば2期における1期(ややこしい)では本来の1期からステマ乙が現実世界に云々という話になる前に分岐したので、アルパカ係長は赤木達も初対面なんですね。

マルシーナの策略に嵌められ、ツー将軍死す。 銃撃された火花や爆発が本格的で雰囲気出てて笑いましたw 爆発の後フィギュアになっていましたが、これはレンジャーキー的なアレなのでしょうか。今だとスパークドールと言いたくなりますw
妄想世界でツー将軍が倒された後沢先生は、イタいところが完全に抜けた一般人になってしまいました。妄想世界で死んでも特に現実世界でも死ぬとか精神が死ぬとかはないんですね。イタくなくなって常識人になった=妄想世界に入れる人間としては死んだということかもしれませんが。

6つの大それた力を1つにして、大それてるキャノンバズーカ誕生! なんかもうわけわからないレベルですw そもそもキャノンなのかバズーカなのかw

亀有アルパカに仕込まれていた闇の扉の鍵で、デリューナイト復活! やはりこの間のマルシーナの台詞は復活フラグでした。色が変わって顔にメッキが加わって、よりかっこよくなっています。
第1話では対等だったマルシーナの下僕になっているのは、マルシーナがツー将軍の戦隊悪役に関する知識を全て吸収して「戦隊の敵組織のボス」という存在に変わったからでしょう。

やはり強敵なデリューナイト、そしてスーパー戦隊シリーズが消失!? 衝撃の展開で次回に続く!


テーマ : 特撮ヒーロー
ジャンル : テレビ・ラジオ

S.H.Figuarts 仮面ライダー555 GLOWING STAGE SET

 
http://tf6.tamashii.jp/archives/cat_970258.html

う~ん微妙!
ブラックライト付き台座で本編の夜闇に光るファイズを再現できるというコンセプト自体は面白いと思いますが、肝心の顔が暗いままなのは……全身のラインは勿論、顔が鮮やかに輝くのも味の一つですし。
ファイズがバージョン2だったりしたらたとえ抽選に外れてもあらゆる手段を使って手に入れたいくらいだったんですけどね(未だに平成ライダーでは555が一番好き


テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

ウルトラマン列伝 感想

 


80の第2弾はフォーメーションヤマト回! 特撮的な評価が非常に高い80の中でも特に特撮面が充実していたSF編だけに、今の目で見ても全く色褪せない素晴らしい特撮でした。あの川北紘一がやっていたんだから当然といえば当然ですけどね。
ところで第101回にウルトラマン80というのは長谷川初範ネタですかね。

あと今回からギンガ関係のCMが流れるようになりました。気付いたらあと1ヶ月、ワクワクしてきます。

冒頭いきなり市街地で暴れるサラマンドラ。もうこの時点で今じゃ映画並みのセット破壊ですw 毎週これやってたんだから凄いですよねぇ……

無断でシルバーガルを分離させて、自分が危険なジャックナイフフライトでサラマンドラの顔を上げさせて分離機によるタイムラグの少ない2段攻撃を仕掛ける矢的。結果的にサラマンドラを倒せはしましたが、これは確かに怒られてもしょうがないです。せめてオオヤマキャップに提言してからにしないと。
しかしUGMのメカはどれもめちゃくちゃかっこいいですね、男の子の浪漫分離合体なシルバーガルは勿論、スカイハイヤーにも劇中未使用とはいえ戦車に変形して地上戦もできるという素敵ギミックがありますし。

人間に化けて暗殺に行き、たとえ失敗して返り討ちに遭ったとしても人間に化けて死ぬことで殺人の濡れ衣を着せて、どちらに転んでもUGMの指揮能力を奪えるゴルゴン星人の策は恐ろしく周到です。この手の変身宇宙人って死んだら解けることが多いですが、死んでもそのままなんですからね。
ナンゴウ長官の、オオヤマキャップを信じているからこそ「機器に触れることを禁じて司令室にて拘禁する」という命令を出すのがいいですね。防衛チームの上司キャラって現場と対立する嫌な奴なことが多いですから。

ブライトスティック便利ですねw 確か他にも銃の先に付けて使ったことがあったような。矢的がスコープから見ている映像なのに、光波が横から飛んできてるように見えるのがちょっと気になりましたw

撃墜された戦闘機がビルに突っ込むところでわざわざビルの中からの映像とか、ホント特撮が凝りに凝っています。UGMですらないやられ役のシーンなのにw

オオヤマキャップの容疑が晴れて、スペースマミー発進! スペースマミーが駆けつけた途端、絶望していた市民が盛り上がるのが燃えます。

「矢的」
「はい」
「フォーメーション・ヤマトでいくぞ」
「は?」
「分離して、奴の頭上を飛ぶ。奴が上を向いた時、俺が下から喉を攻撃。この間のやつだ」

無謀なことをしたのは叱るけど、有効な戦術だったからしっかり取り入れる。オオヤマキャップも歴代防衛チームリーダーの例に漏れず理想の上司です。

相変わらず80のナレーションはクドいですねぇ。いくら子供でもそこまで事細かに言わんでもわかると思いますw

ここまで盛り上げといて、サブタイにもなっているフォーメーション・ヤマトがあっさり失敗して80任せになってしまうのは残念でした。まあフォーメーション・ヤマトが成功するとサラマンドラを倒してしまうので、80の活躍のためにはしょうがなかったのでしょうが……
メビウスではサラマンドラの設定を喉をやられただけでは倒されないように変更して、GUYSがフォーメーション・ヤマトで再生機能を奪った後でメビウスとヒカリがとどめを刺すという形で上手いことやっていましたね。

ゼロの「スゥーッときて、スゥ」に吹きましたw いやまぁ確かにそういう動きですけど言い方と仕草が笑えますw ゼロスラッガーでもできるというのは確かにそうかもしれませんね。いつかあるであろうベリアル&ダークネスファイブとの決着編で使うとか。



次回はメビウスのレオ編! 列伝では最後の再放送回ということで、惜しみつつ楽しみたいと思います。まあすぐ新列伝が始まるんですけど。


テーマ : ウルトラシリーズ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Legend of Galaxy ~銀河の覇者

 
http://m-78.jp/news/n-1877/

7月からスタートする新ウルトラマン列伝の主題歌は、なんと高見沢俊彦と宮野真守のコラボレーション!
両者ともウルトラマン列伝の主題歌を歌ってきたわけで、その集大成のような熱い歌になることを期待しています。

ウルトラマンギンガにはまた別の主題歌があるらしいので、今まで通りの過去作品放送や総集編特集の時にはこれ、ギンガ放送の時にはそちらと使い分けていくんでしょうね。


テーマ : ウルトラシリーズ
ジャンル : テレビ・ラジオ

未だにゼロカスタム呼びの方が馴染みがあります

 
agpwzc.jpg

ふつくしい……

なんかアーマー部分第1弾から殆ど変わってないし今回はいいかなーとか思っていて、偶然半額セールを見かけたので半額ならまあいっかーって程度で買ったのですが、この翼は実際手に取ってみると問答無用の迫力と美しさで感動しました。基部の可動部が多い上にしっかりしているので、ヘタることなく結構グリグリ動かせますし。ちゃんと翼基部にビームサーベルの柄を搭載しているのもポイント高いです。


テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

牙狼<GARO>~闇を照らす者~ 第9話「乱 Sonshi」感想

 
ついに魔導ホラー勢力が本格的に対流牙に動きだし、サブタイ通り尊士大暴れで、流牙は自分の甘さが原因であらゆる面で完敗するという激動の話でした。これから流牙は、ボルシティはどうなるのか……ますます目が離せません。

テレビ局に流牙に斬られるホラーの写真を持ち込む風見。カメラを斬られる前にメモカだけ抜いてたんですね。まあそれにしても前回に続いて死亡フラグをガンガンと……
一応局も金城グループだということは承知の上でしたが、それだけリベラのことを信頼していたのでしょうか。表向きは猛竜も「正義の女神」と呼ぶほどの人のようですし。

「付いてくんなよ!」「付いてくわよ!」 君ら小学生かw
莉杏、キャラ設定では高価なものを好むとか他人を信じないとか書いていたのでもっとドライで冷たいキャラなのかと思ったら、流牙が心配で放っておけなかったりホラーの被害者に同情したりむしろ人間的な温かみのあるキャラですね。

流牙の変装似合わねぇ……w 騎士が変装するって珍しい展開ですね。鋼牙達はいつでもどこでもあの物凄く悪目立ちしそうな服装でしたしw

連続殺人犯として指名手配される流牙。完全に尊士、リベラ、燕邦に嵌められました。今まで親しくしていた人達に拒絶されるのが……
しかし鋼牙達も「月光」の時以外は特に目撃者の記憶を消すとかしていなかったと思うのですが(実際カオルの父親が自分を助けた大河牙狼の話をカオルにしていましたし)、その辺はやっぱり残しておくと危なそうな人は消して特に影響なさそうな人はそのままにしていたのでしょうか。

まさか風見の恋人を食ったホラーがリベラだったとは。ただのホラーではなく魔導ホラーで、報道の立場から金城グループに都合の悪い情報や人物を消していたんでしょうね、今回のように。
前と後ろに顔があって前後自在に切り替えられるホラーとしての姿はなかなか面白いデザインです。

流牙の乗ったトラックの荷台におもむろにストーンと落ちてくる尊士にはあまりに唐突すぎて吹きましたw ホントに脈絡も何もなく降ってきたので……

流牙対尊士! 倉田保昭動けすぎ! しかも和製ドラゴンと言われるだけあってちゃんとした拳法っぽい動きなので、強さの説得力が半端ないです。確かもう60代のはずですがここまでアクションできるってどういうことなの……まさかリアルでホラーなんじゃw
尊士は魔戒騎士についても詳しいようですね、「黄金騎士も地に落ちたもんだな」なんて言ってますし。

3人がかりでも流牙が一撃蹴りを入れられたくらいで全く歯が立たない尊士、強すぎます。かつてのコダマを思い出す無敵っぷりです。
哀空吏がゴッドゴーガン束ね撃ちしていてちょっと笑いましたが、楠神流の本領らしい早撃ちは存分に見せてくれました。

列車内の乱闘がもう、凄すぎます。私の貧弱なボキャブラリーでは凄すぎるとしか言えません。尊士が落下しつつ一瞬で流牙に何発も入れるところとか、もうとにかく凄いです。

鎧を装着した3人を前にしても、「無能な魔戒騎士が3人か」と余裕の尊士。実際変身せずとも同時攻撃をいとも簡単に凌いでいましたし、3人が未熟なのもあるのでしょうが圧倒的すぎます。変身後の姿も今までの魔導ホラーやリベラとは違う、強敵感あるかっこいいデザインです。後の撤退時ですがこれまたかっこいい翼まで生えるしw

「俺が正面から突っ込む!」「その後は!」「それ以外から行くしかないだろう!」 あれ、哀空吏が凄く脳筋な案をw まあ実力で完全に負けてるし、小細工や策が通じる相手でもなしで本当にそれしかできることがないからなのでしょうが。
敢えて落ちてモノレールの底越しに矢を放ったガイは初めて直撃を与えられた(殆ど効いていませんでしたが)のに、ゼンの奇襲は全く通じず軽く一撃で吹っ飛ばされて終わり……ちょい猛竜の扱い酷くないですかね!w

ボコられながらも、殴ってきた隙を突いてついに牙狼の剣が尊士に届いた! たった一太刀ですが、真っ向斬り裂いてダメージらしいダメージを与えられたのは尊士の強大さを描きつつ流牙の「可能性」も示したいい展開だと思います。この後尊士が初めて剣を抜くのも、それまでは完全に舐め切っていた流牙を僅かといえど脅威と認識したということでしょうし。

符礼と莉杏が駆け付け、尊士は撤退。2人の態度を見ると符礼と尊士の間には因縁があるっぽいですね。

滔星にもう関わらないほうがいいと忠告し、戦い続ける決意を固める流牙。もはやシティ内でまともに動き回ることも難しくなりましたが、どうなるのでしょうか……

扉の向こうには、禁断が満ち溢れている
決して入ってはならない。そして、知ってはいけない
次回 『誓 Promise』
見てしまえば、もう逃げられない



テーマ : 牙狼-GARO-
ジャンル : テレビ・ラジオ

参乗合体システム

 
http://tf.takaratomy.co.jp/toy/search/tfgo/

う、うーn……
まあ単体でビークル←→ロボットに変形する上に3機合体して、その上3機の組み換え合体までできるとなるとどこかに皺寄せが来るだろうとは思っていましたが、ビークルモード以外全部に来てるのは流石に予想外でしたw アイディアは非常によかったと思うのですが、技術力がまだ追いついていなかったのでしょうか……


テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

非公認戦隊アキバレンジャーシーズン痛 第9痛「妄想弐號」感想

 
ついに敵の本拠位を突き止め、乗り込むアキバレンジャー! こうやって字で見ると公認様のような正統派展開に見える! ふしぎ!
赤木が「こんな凄い悪のコレクション初めて見た」と感心していましたが、そりゃ本物ですからねw

ツー将軍の策で、「ツー将軍の妄想世界」に引きずり込まれるアキバレンジャー。ツー将軍が下から出てきた時慌ててルナを下がらせる赤木はやっぱり根は紳士ですね。イタいオタクだけどw

偽脚本であらぬ妄想をさせて、アキバレンジャーを翻弄するツー将軍。流石同じオタクだけあって、妄想を最大限活用した今までにない強敵です。こんなんに引っかかる赤木や優子がアレな感じでもありますが……w
お子様水着じゃポロリして目立てないと怒るルナはプロ根性あると褒めていいのかどうか!w ここみんな唇が紫になってて、よっぽど寒い時に撮影したんだろうなぁ……と同情してしまいました。

ツー将軍のゼッケンが「2」でルナのゼッケンが「1043267」w いわしみずるなって読み仮名まで振ってるし自己主張強すぎィ! これわざわざホノルルマラソンということにした意味がわからなかったのですが、まさか「妄想での時系列を冬にしてクリスマス商戦エピソードにする」という遠大な目的だったとは……

メカジャイガン・シーラカンスカンス登場! いやぁ相変わらずツー将軍の通っぷりは素晴らしいです。出現時にバイオマンの曲が流れるのがいいですねぇ。
デザインはさとうけいいちらしいですが、割とブチメカデザイン再現できてたと思います。ちゃんとブチ穴ありましたしw

イタッシャー変形の曲がバイオロボの歌w あの曲で「妄想粒子斬り」とかやるしいいファンサービスでした。

「クリスマス商戦の強敵」という属性を付与されたシーラカンスカンスに、完膚なきまでに敗れるイタッシャーロボ。実質初めての出番がこれとか酷いですw イタッシャーロボしか持っていないアキバレンジャーにとってこの状況を攻略するのは不可能なわけで、ツー将軍ここまで計算していたのでしょうか。

確かに妄想世界から現実を改変できる上に対抗手段は同じMMZを使って妄想の力で戦うアキバレンジャーだけしかいないわけで、スーパー戦隊にとって結構ガチでヤバい敵になっています、バロスw。

「イタいレンタカーがどこにあるんだよぉ!?」 確かに!w

呪縛転生の呪文によって、ツー将軍の意のままに動く人形として蘇ったマルシーナ。いちいちツー将軍の出すネタがわかってていかにも戦隊オタクで素晴らしいですw
アキバレンジャーがマフラーで結び付けられて3人まとめてやられるのは、1期でも代々木スジボケハシリグモにやられていましたねw

大それた力がマルシーナの呪文によって奪われ、ロンバンキュリア闇のヤイバという悪の公認様に! 確かにウルザードも魔導合体の呪文を奪っていましたし、納得な使い方です。ていうか今回ツー将軍の作戦がアキバレンジャーの戦力や妄想力の使い方まで完全に熟知した上での物凄いガチさです。
共通点ないなーと思ったら、それぞれダイレンの敵ゴーマ一族→拳法→幻獣拳ジュウレンの敵バンドーラ→魔法→バンキュリア(バンキュリア自身は魔法は使えませんが一時期ウルザードの魔力を与えられて使ったことアリ)ハリケンの敵ジャカンジャ→忍者→闇のヤイバという繋がりですねこれ。後は残っているスーツの都合でw
ところで「悪の野心家三人衆」と名乗っていましたが、この中で野心家だったのってヤイバだけのような。ロンの策略は何らかの野心からではなく全てただの退屈凌ぎでしたし、バンキュリアは最後にン・マを裏切りはしましたけど改心したからで野心からではありませんでしたし。

暗黒大それたキャノンがあまりにもやっつけすぎますw もうちょっと、こう手間を、ね!

「みんなのために、新しい痛車、買ったよ!買ったよ...買ったよ...買ったよ...買ったよ...(セルフエコー というわけで、2代目痛車登場! ちっちゃ! 多分これフィギュアーツイタッシャーそのままですよねw

ルナの天然と空気読めなさが初めて役に立った! 真面目に今回の活躍はおバカで戦隊のお約束を全然知らないルナだからこそできたと思います。

ルナの天ボケと赤木の妄想力で、アキバレンジャーの2号ロボ、イタッシャーボーイ誕生! 新ロボ登場という超強力な勝利フラグの後押しがあったとはいえ、自在に飛行可能な高い機動性、全長30cmくらいなのにシーラカンスカンスを持ち上げ、受け止め、投げ飛ばす超パワー、シーラカンスカンスに高速体当りして無傷な頑丈さとすごい性能です。小ささはむしろ敵が狙いを付けにくいメリットですねこの場合w

ひみつきちにあるイタッシャー2号が妄想世界のと全然違ってて吹きましたw これ市販のものにシール貼っただけですよねw まあ時間がなかったのでこんな雑になったんでしょうが。

葉加瀬にあのテコ入れの産物、サソリの痣が……! テコ入れ!? また八手三郎!?


テーマ : 特撮ヒーロー
ジャンル : テレビ・ラジオ

劇場版 仮面ライダーウィザード IN MAGIC LAND

 
http://www.wizard-kyoryu.jp/

公式サイトができていました。
あらすじを見ると、本編に密接に絡んだ話ではなく番外編のようです。大竜巻に巻き込まれて気が付いたら別世界とかエメラルドとか、割とあからさまにオズの魔法使いですね。
ところでキャストにユウゴ役だった篤海がいるのですが、フェニックス太陽から帰ってくるのでしょうかw キャスト一覧での順番的に、よく似た別人のようなカメオ出演ではないと思いますし。


テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
ジャンル : 映画

ウルトラマン列伝 第100回 感想

 


公式が病気でした。

まあ前回の終わりと予告からしてまともな内容になるとは思っていませんでしたが、想像した以上のやりたい放題w 主にヴィラニアスとグロッケンのコメントがオタクが実況でツッコミ入れてるのまんまでしたし。今はなきエイプリルフール企画を思い出しました。

まずはゼロによる挨拶。なんでお祝いの言葉トップバッターがグレートだったんでしょうか。ベリアルによる番組ジャック→ジャック→ジャック・シンドー→変身するのはウルトラマングレートなんて理由だったりしてw

ベリアルが電波怪獣ビーコンの能力で電波ジャック! ただ「ジャックした」というのではなく、こうやって過去の要素をシリーズファンがニヤリとする使い方でやるのが上手いです。

まずは暗殺宇宙人ナックル星人、とそれに関わる再生シーゴラス、再生ベムスター、ブラックキングを紹介。上手い水増しです。ウルトラスパークでベムスターがバラバラになるところでヴィラニアスとグロッケンが引いていて吹きましたw
ナックル星人とブラックキングのタッグは、ヴィアニアス曰く自分とタイラントの極暴タッグに勝るとも劣らないとか。まあ確かにどっちもリンチしてましたねw

続いてオイルドリンカーとアストロモンス。オイルドリンカーは確かベリュドラにはいませんが、アストロモンスを紹介するためにはどうしても必要ですからね。
アストロモンスがオイルドリンカーを飲み込むところで、ヴィラニアスとグロッケンはドン引きしているのにベリアルは「ベリュドラを構成するのに相応しい」とご満悦でしたw

お次はにせアストラことババルウ星人。ここはもうこれに尽きるでしょう。

キング「お前達の目にはその男がアストラに見えるのか!」
ヴィラニアスとグロッケン「「見える」」


にせウルトラマンとかと違ってアストラのスーツそのまま使ってますからね! そりゃ「見える」ですよね!w まあ実の兄であるレオでさえ完璧に騙されていたので、他のウルトラ兄弟が騙されたのも仕方ないと思いますが。
キングが出てきた時に「ウルトラマン物語~星の伝説~」が流れたのは驚きました。でもこの曲壮大かつかっこよくて、ウルトラマンらしい名曲だと思います。
ベリアルはババルウ星人がウルトラ戦士の大切な星であるウルトラの星と地球を同時に破壊しようとした極悪さと、光の国をここまで追い詰めたことを評価して新生ダークネスファイブに加えてやらんこともないとか。確かに地味に強豪ですしダークネスファイブに加わっても十分活躍できそうではあります。こいつらに引きずられてギャグキャラ化しそうですが。

ペースの遅さに焦るダークネスファイブ、巻き入れろとか言うけど自分では言えないのでスライに全部押し付けやがりましたw 「果たしてスライは陛下に進言できるのか?」というところでCM入り。

CM明け、スライはノリノリのベリアルにペースを上げるよう進言するも結局言えず、落胆する残りのダークネスファイブw スライ1人に押し付けたお前らがあれこれ言えることはないと思うぞ!w

次はちょっとレアな怪獣ということで、ウルトラマンネオスのキングダイナス。確かにOVオンリーなネオスとその怪獣はマイナーなのは否めませんね。
影丸茂樹ホント平成ウルトラ常連ですよね。確かマックス以外は全部出てたような。ネクサスにもテレビ放送版では出ていませんが、後にDVDに収録されたカットエピソードで出ていましたし。
ヴィラニアスが「恐竜ってのは火吐くのか?」と言ってはならないツッコミをw いいんです! ダークマターの影響で生まれたから! ダークマター万歳!
エストレーラーは本体には特にギミックはないですが、エフェクトがかっこよくて割と好きなウルトラ変身アイテムだったりします。
ネオスのカウボーイごっこに素でツッコミを入れるヴィラニアスとグロッケンw でも初代マンもこういうお遊び結構してましたよね、ジラースと大人げない的当て勝負したり。ネオスが壊しちゃった建てる途中の家を見て慌てて元に戻そうとするのは結構好きですw

ベリアルがノリノリな後ろで他のダークネスファイブにせっつかれるスライw 卑怯もラッキョウもとか言ってた頃はこんな苦労人属性持ちになるとは思いませんでした。

次はベロン。まさかこいつが出るとは全く思っていませんでした。
「微妙な踊り」と素で言われちゃうタロウw まあ実際微妙ですけどね! キングブレスレットをバケツにした瞬間例のかっこいいBGMがへろへろになるのが笑えます。実際色々とんでもないんですよねこの話……w ベリアルが「ウルトラ戦士のアイテムは万能なのだ」とかフォローしてましたがw
この辺からヴィラニアスとグロッケンのコメントがどんどん一般の視聴者目線になっていきますw

続いてはベリアルも言っていましたが、帰ってきたウルトラマンの中でも有数の厄介な相手であったヤメタランスとササヒラー。この話、あの小山内美江子が脚本を書いたことでも有名ですね。ササヒラーの名前も本名の笹平からとか。
ヤメタランスのせいで起こる騒動に普通にツッコんでるダークネスファイブがひたすら面白いです。止まった消防車見て「いやー、それはやめちゃいかんだろー」とか極悪宇宙人の台詞とは思えないw
流石のベリアルもヤメタランスには近付きたくないそうです。ですよねー。でもやる気がなくなったベリアルはちょっと見てみたいようなw

次はレア中のレア怪獣、雲怪獣レッドスモーギ! 実はベリュドラにザザーンを2体造型しちゃって、苦肉の策で似てないと言えないこともないレッドスモーギってことにしたんですよね。
「こ、これは……アニメじゃないですか……?」 アニメって言っちゃったー!w ただザ☆ウルトラマンはウルトラマン世界(実写)の人物から見てもアニメで、「怪獣はあらゆる次元に出現するのだ。当然それを迎え撃つ……ウルトラ戦士もな」とするのは面白い解釈だなと思いました。マルチバース設定とも絡んでいますし。
「手描きアニメでこの水しぶき感! 職人技を感じさせるな!」「この水中戦も見応えあるなぁ!」 もうただのアニオタの会話w ただこの話は序盤なのでまだいいですが、後半どんどん作画が酷くなっていくんですよね……
ダークネスファイブやベリアルにやたら高評価なジョーニアス。『ザ☆ウルトラマンベリアル』は見たいのでお願いします円谷さんw

またも無茶ぶりされてとうとう頭抱えちゃったスライw うんこれは駄目だな……

スライから放送時間の都合でもう終わりと言われて延長しろとキレるベリアルw こちらとしても延長してもらって一向に構わなかったんですがしょうがないですねw しかしダークネスファイブ、ここまで気分屋でキレやすいベリアルに忠誠誓ってるってどこがいいんでしょうかね……

ベリアルの暴走でビーコンが倒れたことで、やっと電波ジャックが解除されて改めて……というところで放送終了。「グレート先輩、ごめん」に吹きましたw



次回は80のフォーメーションヤマト回! 当時最先端の特撮がたっぷり楽しめる大娯楽回ですね!


テーマ : ウルトラシリーズ
ジャンル : テレビ・ラジオ

何もかも壊れた世界で理由もわからないままに 触れた優しさがまだ怖くて

 
TVアニメーション「デート・ア・ライブ」 オープニング・テーマ「デート・ア・ライブ」【通常盤】TVアニメーション「デート・ア・ライブ」 オープニング・テーマ「デート・ア・ライブ」【通常盤】
(2013/05/08)
sweet ARMS(野水伊織、富樫美鈴、味里、佐土原かおり)

商品詳細を見る


宇宙落描き的今期アニメOPナンバー1なデート・ア・ライブのOPテーマを買ってきました。歌も映像も今期ではダントツですね。あと凄い無駄遣いな三石琴乃の自重しないナレーションもw


テーマ : アニメソング
ジャンル : 音楽

紫電一閃だ! (We are アキバレンジャー!) 反旗の狼煙を上げろ

 
http://p-bandai.jp/category/0005/item-1000081900/

アキバレンジャーもとうとうレンジャーキー化!

……
…………
レン……
……?

ジャーキーだこれ!!

というわけで、「公認様のレンジャーキーに非常に似た形状のフィギュア」らしいです。とうとうやりやがった公式パチもんですw
アキバレンジャーらしい悪ノリアイテムでネタで欲しくはありますが高いですねぇ。高いが安いじゃなくて普通に高いですw



テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

冷やしている者のプロフィール

宇宙落描き

Author:宇宙落描き
宇宙を漂う奇妙な落描き

興味を持ったことにはなんにでも首を突っ込む、無茶で無謀な生命体。
「アンテナは浅く広く」が信条なので、節操なく色々書いていくつもりです。

冷やしカウンター
冷やしカレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
よく冷えた最新記事
冷却カテゴリー
冷やし月別アーカイブ
冷え具合を検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
この冷やしブログについて
内容:
主に私が気に入ったもの(テレビ番組、映画、本、玩具、ニュース等色々)の感想が主となっています。

コメント:
基本的に構ってちゃんなので、されると狂喜します。なので畏まらず、一言程度のことでもお気軽にどうぞ。
ただし、記事と全く無関係な宣伝等のこちらで不適切と判断したコメント(滅多にないでしょうが)は見つけ次第削除させて頂きます。

リンク:
貼るのも剥がすのも自由です。ご報告してくださると狂喜乱舞して貼り返させて頂きますので、してくださる場合は最新記事にお願いします。

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。