ウルトラマン列伝 感想

 


タロウに続くウルトラ兄弟の本格的な客演にして、人間態が初めて出たというメビウスの中でも記念すべきエピソードです。ついでに実はレオにとっても、他作品への本格的な客演はこれが初めてだったりします。
「故郷のない男」っていうサブタイと、その作中での意味がまたいいんですよねぇ。

今回の前説はレオ前期OPをBGMにしたゼロVSレオの組み手! 未だに純粋な格闘戦ではゼロを圧倒するレオがかっこいいです。

リフレクト星人、安直な名前に結局こいつなにしに来たの?な意味不明さに一芸特化すぎる能力と実にいいレオ序盤に登場した宇宙人リスペクトです。あの丸っこい体でエセ紳士な喋りなのがなんとも言えない味を出していますw

ミライ達の前に姿を現したおおとりゲンの渋かっこよさ! ホントゲンの面影を残しつついい歳の取り方してますよね、真夏竜。
メビウスをボコった上で厳しい言葉を浴びせますが、昔ダンが明らかにやりすぎな特訓をゲンに課して厳しく叱咤したのは1日でも早く愛する地球を守れる戦士になって欲しいという気持ちだったわけで。
ゲンが現れるのが、初めての戦いで守れなかった黒潮島というのも渋いです。

『故郷のない男』ウルトラマンレオは、だからこそ地球を第二の故郷として愛した。その気持ちを受け止めて、自分達の戦いは決して負けられないということを改めて思い知るミライとGUYS。レオのキャラと境遇を昔のデータとミライの説明という形でわかりやすく解説しつつ、ドラマにも繋げるのが上手いです。

ゲンから渡された道着を着て、あらゆる光線を弾く上に強固なリフレクト星人を突破するための特訓をするミライ。でも実はゲンって白い道着はあんまり着てないんですよね。流石に一番思い入れあるのを渡すのは躊躇ったようですw
レオと比べて特訓がヌルすぎるという批判もありましたが、今の世にジープで追いかけ回すとか敵の攻撃を再現した変な機械で特訓するとかやっても正直なところギャグにしかなりませんし、後の展開も考えるとこれくらいでいいと思います。

レオほどの身体能力を持たないメビウスがレオキックに匹敵する威力の蹴りを繰り出すために編み出したのは、回転を加えて威力を上げること! レオの言葉を受けながらも、「仲間との絆で強くなる」というメビウスらしさも失わないのがいい展開だと思います。

GUYSを人質に取る卑劣なリフレクト星人に、レオの怒りが爆発! ここもよく「レオ出てきたら意味ないじゃん」と言われていましたが、メビウスピンキックで装甲を破った時点でメビウスはリフレクト星人に完全に勝っていたので問題ないでしょう。

メビウスとレオのタッグ! いやーここは燃えましたねぇ。ガッツリタッグを組んでリフレクト星人を圧倒するのがただただかっこいいです。
とどめのウルトラダブルキックと、リフレクト星人を貫いて着地→メビウスとレオの背後で爆発もかっこよすぎでした。

最後のゲンの笑顔、メビウスとGUYSのために厳しく振舞っていたけど根は変わっていないとわかる本当にいい笑顔でした。

締めのBGMはレオ後期OP! ナビゲーターのゼロがレオの直弟子ということもあってか、今回全体的に気合入った出来でしたね。



次回は再びベリアル一派が番組ジャックして、ダークネスファイブによる同族紹介。ゼロがなんかこれ宮野の素じゃないでしょうねw
スライ曰くダークネスファイブの汚名返上だそうで……一応100回記念がマズかったとは認識しているようですw


スポンサーサイト



テーマ : ウルトラシリーズ
ジャンル : テレビ・ラジオ

冷やしている者のプロフィール

宇宙落描き

Author:宇宙落描き
宇宙を漂う奇妙な落描き

興味を持ったことにはなんにでも首を突っ込む、無茶で無謀な生命体。
「アンテナは浅く広く」が信条なので、節操なく色々書いていくつもりです。

冷やしカウンター
冷やしカレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
よく冷えた最新記事
冷却カテゴリー
冷やし月別アーカイブ
冷え具合を検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
この冷やしブログについて
内容:
主に私が気に入ったもの(テレビ番組、映画、本、玩具、ニュース等色々)の感想が主となっています。

コメント:
基本的に構ってちゃんなので、されると狂喜します。なので畏まらず、一言程度のことでもお気軽にどうぞ。
ただし、記事と全く無関係な宣伝等のこちらで不適切と判断したコメント(滅多にないでしょうが)は見つけ次第削除させて頂きます。

リンク:
貼るのも剥がすのも自由です。ご報告してくださると狂喜乱舞して貼り返させて頂きますので、してくださる場合は最新記事にお願いします。

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる