「いなづまの本気を見るのです!」

 
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140425/k10014041831000.html

あの「電」の名を継いだ艦が、船(敵船ではありませんが)を救助するというのはなんだか運命を感じます。何を隠そう初期艦に電を選んだので、ちょっとグッときましたね。


スポンサーサイト

テーマ : 艦隊これくしょん~艦これ~
ジャンル : オンラインゲーム

マジンボーンが面白い

 
第1話を見た時はこれ大丈夫かと思ったマジンボーン、この春開始のアニメでは一番面白いです。特にキャラクターがしっかりしていて掛け合いが面白いのがいいですね。戦闘も最初は翔吾が戸惑うだけだったのでちょっとイマイチでしたが、決意を固めた前回のはかなり燃えて見応えありました。あの謎空間見ると凄くゴウライガンを思い出してしまいますがw
これはとりあえず来月発売のドラゴンボーンのプラモを買って応援ですね。データカードダスはちょっとプレイするの恥ずかしいので……


テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

艦これ、やってます

 
akasiget.jpg

南西海域ズンダ海峡 ズンダ海峡を越えて突破!

シャッシャッシャッドーンの音がトラウマになってリ級flagshipの面を二度と見たくなくなりました。あいつのカットインだけで何回大破撤退させられたか……! こればっかりは本当に提督自身の運でしかないので、ここは人によって大きく体感難易度変わりそうですね。
これでも全域夜戦+気休めの探照灯もボスへの確定ルート制御もなかった秋イベントに比べればかなりヌルいというんだから、当時クリアした提督を心から尊敬します。


haru_e-2_menber.jpg

出撃艦隊は千代田を抜いて摩耶様を入れただけです。


haru_e-2_maya.jpg

摩耶様には夜戦マスでの探照灯照射兼メイン火力係を務めて頂きました。夜戦だと何故か戦艦は連撃しても駆逐相手に両方1とかいうことが非常によくあったので、摩耶様と雷巡2人が非常に頼りになりました。


tanikazeget.jpg

hatukazeget.jpg

maikazeget.jpg

ボス戦でゲットした方々。何故か陽炎型ばかり拾いました。


テーマ : 艦隊これくしょん~艦これ~
ジャンル : オンラインゲーム

仮面ライダー鎧武 第27話「真実を知る時」簡易感想

 
遂に紘汰はニーサンが人類を救いたいという同じ思いを抱いていると知り、ニーサンはオーバーロードの存在とプロジェクトアーク以外に人類を救う希望を知る!! ただこのまますんなり2人が協力して森の侵食に当たることになならないでしょうね……ミッチや戦極がコソコソ動いていますし、この2人が手を組んだらマジで勝てるどころか互角に戦える相手すらいなくなってしまいますし

撃たれた紘汰は戒斗が助けてくれました。しかしあの手が込んでるんだか雑なんだかわからないカモフラージュ処置はいったいw 連れて出てどこかに放り出してあげればよかったのに……戒斗はロックビークル持ってるから、ユグドラシルのクラックに頼らなくても自由に外に出られますし。

ニーサンと戦極の過去。戦極は騙しやすいからニーサンを御輿にしているだけかと思ったら、以前は本当に友情を持っていたというのは意外でした。しかも禁断の果実の力はニーサンが手に入れるべきだと思うくらいに。それが自分よりも他人を救うことを優先するニーサンを「つまらない人間」と断じて切り捨てたというのは、戦極という人物を見る上で重要なことだと思います。

戦極ドライバーでロックシードから栄養補給しながら森を歩く紘汰。こういう明かされた設定を実際に描いてくれるのはいいですね、説得力が出ますし。

凰蓮はなんかもう1人マイペースですなぁw ただ実の誘惑を精神力で克服したのは腐っても元凄腕の軍人ですね。

バロンへの復讐を果たすために、「赤い奴を出せー!」と調査隊を襲うデェムシュはほんと紘汰が言うように戒斗にそっくりだと思います。無駄な自信で考えなしに行動するところが特に。

「戦意喪失まで追い込んでから身柄を拘束しろ! 話し合うのはそれからでも遅くない!」
「おう!」
ニーサンの言ってることは戒斗とそう変わらないのに、紘汰がすんなり賛同する辺り戒斗の信頼されてなさが滲み出てて笑えます。まあ紘汰はデェムシュを戒斗と似た者同士と認識したことで、こいつに話し合いはやるだけ無駄と判断したのかもしれませんが。

3人目のオーバーロード・ロシュオ! 遠くからでもデェムシュを苦しませる力を持っていて、他のオーバーロードともまた別格っぽいです。デェムシュを退かせたのは戦いを避ける平和的な判断か、それともあのまま2人を相手にしてたらデェムシュが負けるからと判断したからか……

ニーサンがオーバーロードの存在を知り、紘汰の話を信じたことで絶望と諦めの未来を覆す希望が生まれ、手を取り合う2人のライダー! これはいい展開ですねー、紘汰の「まだ俺達は出会ったばかりだ」が人類とオーバーロードの他に紘汰とニーサンにもかけているのが上手いです。今回いつもの鎧武名物なダラダラ長いくせにイマイチ要領を得ない台詞回しが控えめで、こういう短いけれど小技の利いた台詞があってだいぶ見やすかったです。

そんないいシーンにシド急襲! ニーサンに制止されて紘汰を逃してしまいましたが、ニヤリと悪い笑い方していたので2人を分断する戦極の作戦なんでしょう。
そして戦極は……これは、とうとう都合の悪いことを知ってしまったニーサンを暗殺して排除する気でしょうか。直接戦闘以外ではニーサン戦極に勝ち目なさ気ですが、果たしてニーサンの運命は……


テーマ : 仮面ライダーガイム 鎧武
ジャンル : テレビ・ラジオ

艦これ、やってます

 
reppuukai.jpg

南西海域サメワニ沖 サメワニ沖海戦突破!

流石に1つ目の海域なだけあって、練度も装備もまだまだなうちの艦隊でもそう苦労せずに突破できました。ルート固定があるので羅針盤に振り回されることもありませんでしたし。


haru_e-1_menber.jpg

出撃艦隊はこちら。勿論全員三重キラ付けはしてから行きました。省エネで行くなら戦艦1人で後は重巡でも十分かもしれません。
以下個別の装備等を。


haru_e-1_hiei.jpg

うちの泊地に初めて来てくれた戦艦にして一番レベルが高い艦娘である比叡。弾着修正射撃による連撃で大暴れしてくれました。


haru_e-1_kirisima.jpg

46cm砲が足りないので、素の火力で選んだ霧島。比叡と並んでメイン火力として縦横無尽の活躍でした。


haru_e-1_kitakami.jpg

御存知万能艦ハイパー北上様。先制雷撃でいい露払いをしてくれました。
どうでもいいけど補給ボイスの「いいねぇ、痺れるねぇ~。ありがとネ♪」の破壊力は艦これ全体でも上位に入ると思います。


haru_e-1_kiso.jpg

初めて来てくれた軽巡にして、ついこの間最終改装が完了したイケメンキャプテンキソー。ハイパー北上様には劣るものの、フラ駆逐やフラ軽巡程度なら難なく沈める先制雷撃はやはり素晴らしいです。


haru_e-1_kaga.jpg

みんな大好き加賀さん。相手がflagship空母だろうが制空権をもぎ取るパワフルさで艦隊を支えてくれました。
烈風改装備しているのはクリア後に装備を見直してからスクショ撮ったからで、攻略時は烈風装備していました。


haru_e-1_chiyoda.jpg

空母はもう1人欲しいけど節約のために入れてた千代田。なんか上ルートに行くには正規空母2人入れて確定でそうでない場合はランダムらしいですが、羅針盤が偏って6回全部上ルートでした。


udukiget.jpg

ドロップは1回目ボス戦で拾った初風と最後の道中で拾った卯月以外たいしたことないものばかりでしたが、まあ2人レア艦拾えたならいいかなーと。幸先はいいですし。


テーマ : 艦隊これくしょん~艦これ~
ジャンル : オンラインゲーム

BORDER 第3話「連鎖」簡易感想

 
どう見てもあの光市母子殺害事件の犯人がモデルの人物が被害者で、しかもそれに同情的に描くというなんともチャレンジな話でした。まあ被害者が過去に酷い虐待を受けていたことと、それに対して石川が「だからって人を殺していいわけじゃない」と言い殺人事件は解決するけど被害者には終始厳しい態度を取っていたことで、過度に感情的で偏った主張にはなっておらずバランスは取れていたと思います。個人的には自分が何の理由もなく人2人殺したのはさらっとスルーして、自分が辛かったことだけを訴える被害者は自分がしたことと向き合わず甘ったれているだけに見えてあまり同情できませんでしたけどw


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

TAMASHII NATIONS 2014

 
http://tamashii.jp/special/tamacolle_2014/

しれっと未発表のフィギュアーツアイアンマンマーク42が混じってますねこれ。フィギュアーツアイアンマンがアイアンマンとウォーマシンだけで終わらなかったのは意外でした、てっきりこの2つだけ出して終わりのパターンかと。マーク42といえばトラックに轢かれてバラバラですが、アーツではできないでしょうねw


テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

艦これ、やってます

 
大型アップデート+イベント開始来ましたねー。UI関係を大幅に見直したようで、全体的に表示が滑らかかつスムーズになっていました。戦闘もガンガン進むようになってテンポよくなってますね。


suiteinew.jpg

あと土産物屋で売っている玩具のようなあんまりにも適当極まりない絵だった零式水上偵察機が、大幅リニューアルされていて吹きました。なんだよかっこいいじゃんこれ!w

イベントはマイ艦隊の練度や装備じゃ完クリはとても無理だと思うので(水観もありませんし)、とりあえずE-2クリア報酬の明石もらえたらいいなーくらいの気持ちで挑むつもりです。試しに1回E-1行ってみたら、なんとかボスに辿り着いて撃破できました。んで……


hatsukazeget.jpg

いきなり初風ドロップしました。あまりのことに動揺してドロップ画面のスクショ撮り忘れw 今回も全クリしなくてもレア艦大盤振る舞いには期待できそうですねー。


テーマ : 艦隊これくしょん~艦これ~
ジャンル : オンラインゲーム

相棒-劇場版Ⅲ- 序章 簡易感想

 
序章と言いつつ右京さんとカイトは劇場版Ⅲ終了後でした。いやまあ今回メインは捜一トリオで、事件自体はちゃんと序章にはなっていましたが。

取り敢えず時系列がカイトが特命入りする事件の直前ということで、まだ三浦さんがいるのが嬉しかったです。劇場版Ⅲもシーズン12開始前のことなので三浦さんいるらしいですね。
右京さんの怪文書紛いのヒントだけで見事事件を解決してみせた辺り、捜一トリオも無能じゃないんですよね。単に右京さんが凄すぎて尽く先回りされて活躍の場を与えられないだけで。


テーマ : 相棒
ジャンル : テレビ・ラジオ

ダークネスファイブ再登場!

 
http://www.daikaijyu.com/rush/news/72.html

ジャタールさんが合流できたことにホッとしました。

というわけで、新列伝のOPで再登場が示唆されているダークネスファイブはベリアルの命令でプラズマギャラクシーに行っているようです。なんていうか……こいつらホント自由ですねw CGアニメ版の2期に出てきたりするのでしょうか。


テーマ : ウルトラシリーズ
ジャンル : テレビ・ラジオ

仮面ライダー鎧武 第26話「バロンのゲネシス変身!」簡易感想

 
サブタイはバロンのパワーアップ押しですが、遂に始まった光実の暴走が印象深い話でした。舞や紘汰の前でも外面を取り繕うことすらしなくなって、とうとう行ってはいけない領域に踏み込んでしまいましたね……序盤の賢いいい子で鎧武とナイスタッグ組んでいたのがもはや懐かしいです。

裕也のことや森の真実を舞に話しちゃった紘汰。舞がその事実をしっかり受け入れて、慰めてくれたのはよかったですが……紘汰、まだ嘘をついてるんですよね、裕也を殺した時期のことで。おそらく本当のことを話すと「舞を守るために戦った」ということも話さなければならず、舞が自責の念を覚えてしまうと考えたのでしょうが、この嘘は今後大きな棘になりそうです。

60億人を切り捨てることに良心の呵責を覚えながらも、「ノブレス・オブリージュ」としてその責務を果たし罪を背負う覚悟も固めているニーサンはやっぱり人間的にはかっこいいです。最近この人が度を越したうっかり無能キャラなのは、この上仕事でも有能だとニーサン一人だけで全てが終わってしまうから敢えて欠点としてそうしたんじゃないかと思い始めてきましたw

真実を即公表しようとする舞はもうちょっと自分達が世間からどう見られているか考えた方がいいんじゃないですかね。合同ダンスイベントである程度回復したとはいえ、未だに大多数の市民からは白い目で見られている(んですよね、今までの描写見ると)現状で「もうすぐ世界は滅ぶんです! ユグドラシルはそのことを隠蔽してるんです! 信じてください!って公表したところで、北斗お前夢でも見たんじゃないのかダンスとインベスゲームの次は新興宗教でも始めるのかって思われるのがオチですよ。

紘汰がドルーパーズにいるシーンで、背景でお互いのドリンクを取り合ってるカップルがなんかやけに目についてしょうがありませんでしたw

光実……これはやってしまいましたね……紘汰に「舞さんを悲しませるあなたに、もうヒーローの資格なんてない!」と言いましたが、今一番舞を悲しませてるのはお前だよ。こんな強引に止めなくてもどうせほとんど信じてくれないでしょうし、どっちにしろ舞は悲しむでしょうがビートライダーズの信用また失墜が+されるこちらの方が悲しみは大きいことくらい普段の光実ならわかったでしょうに。

湊は戒斗がお気に入りのようで。同じ「強さを目指す」姿勢に共感するところがあったんですかね。戒斗のバ論は相変わらず聞いてて頭痛くなってくるのでスルーで。

光実の作戦でマリカが鎧武に挑むものの、カチドキにならなくてももう勝負にならず。なんか紘汰が加速度的に強くなりすぎて、戦極ドライバーやロックシードからなんかヤバい影響受けてるんじゃないかと心配になります。ほら剣崎って前例がありますし……

「ここからは第2ラウンドだ。変身!」
『レモンエナジー ロック・オン ソーダ レモンエナジーアームズ』
『ファイトパワー! ファイトパワー! ファイファイファイファイファファファファファイト!』
仮面ライダーバロンレモンエナジーアームズ誕生! 鎧武が戦極ドライバー+ゲネシスコアで、バロンがゲネシスドライバーでパワーアップするというのはバランス的にもいいですね。戦力的にも、あのデェムシュとやや押し気味の互角に戦えるという大幅という言葉も生温い超パワーアップを遂げて、これで少しは弱いくせに言うことだけ無駄に偉そうで身の程知らずな滑稽さは薄れるでしょうかね。
相変わらずソニックアローを使ったバトルの演出は秀逸で、正直カチドキよりも非常に見応えがあります。特にデェムシュの液状化を、背後で実体化した瞬間を狙って振り返りもせず背面撃ちで破ったのは初めて皮肉とか抜きでバロンをかっこいいと思いました。
デェムシュがここで初めて日本語を話すというのも、バロンをただの暇潰しの雑魚ではなく「敵」として認めたという感じで燃えます。

アームズチェンジでライドウェアだけになった隙を突いて、鎧武を撃つ龍玄……! とうとう一線を越えたという感じですが、どうなるか……取り敢えず光実にはろくな最期が待っていなさそうです。


テーマ : 仮面ライダーガイム 鎧武
ジャンル : テレビ・ラジオ

新ウルトラマン列伝 第42話「閉ざされた光!地球の叫び」簡易感想

 


ガイア最終章第2回! ドビシで地球を闇に覆い魚人を放ち人々の不安を煽った上で、テレビ回線だけは生かしてゾグが完全に回復したガイアとアグルを完膚なきまでに打ち倒すところを全人類に見せて絶望させるという破滅招来体のやり方がなんともいやらしいです。

地球全ての危機に、地球怪獣が立ち上がる! まあ人類だけが滅ぼされるのなら黙って静観していたかもしれませんが、破滅招来体が明らかに地球ごと人類を滅ぼそうとしているならそりゃあ地球怪獣も動きますよね。地底で眠っていた多くの地球怪獣をここまで活性化させたのは、元々は破滅招来体の計画だったというのが痛快です。
前回単体でもガイアとアグルを手こずらせたカイザードビシが、ウルトラ的超兵器ですらないただの戦車隊の砲撃で物凄いあっさり死ぬのはゾイガーから続く平成三部作の伝統ですねw きっとこのカイザードビシはガイアとアグルに放ったのに比べてドビシ密度が低かったんでしょう、多分。

我夢の「プロノーンカラモス!」で終わるのはエンディングがないと凄いブツ切りに見えてしまうことがよくわかりました。


テーマ : ウルトラシリーズ
ジャンル : テレビ・ラジオ

傷付いてもいい 強く立ち上がれ 背中を押す風 海原に波 繰り返す響き… 今、始まりの君へ

 
http://tamashii.jp/item/10679/

やぁっとフィギュアーツに響鬼が来ましたか……これで曲がりなりにも平成全ライダー出ましたね。基本フォームでもあとキバのキバフォームだけですし。

真骨彫第2弾ということで見た目はほぼパーフェクトですし、付属品もまあいい感じなのではないでしょうか。欲を言えば鬼火吐く時の顔とか鬼爪出した手とか相手に張り付いて巨大化した状態の音撃鼓とか欲しかったですが、まあこれだけあれば最低限体裁は整っていると思います。


テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

BORDERを見た

 
SPでビートルズやってこっちではサイモンとガーファンクルですか金城一紀w この「洋楽歌手のコードネームで活動する裏社会のスペシャリスト」も金城作品ではよく出てくる要素なんでしょうか。私はSPとこれしか知りませんけど。

犯人が最後に残した「もう一人いるぞ」がああいう意味だとは……常識的に考えれば、検視官が言っていた通リ人間の人格形成は遺伝子より環境の方が重要なのでんなわきゃーないなのですが、その言葉で希望を持たせといて一気に突き落とすような犯人の息子のあの目で終わるのはなかなか衝撃的でした。単にこの間お母さんを脅してた奴だ!って睨んでたのかもしれませんがw


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

昨日今日あした未来 すべての涙を 宝石に変えてやるぜ

 
http://tamashii.jp/special/sic15th/

S.I.C.ウィザードの登場です! まさかのプラモンガルーダとの合体には驚きました。召喚演出とか書いてますけど、これ明らかに合体パワーアップですよねw 他のスタイルにも付くんですかねぇこれ、色を合わせるとウォーターとユニコーン、ランドとクラーケンが合体するというカオスなことになりますが。

他のスタイルのイラストも公開されています。ウィザーソードガンソードモードの刀身がスタイルごとに変わるのがいいアレンジですねー、ハリケーンは細身のサーベル風、ウォーターは柳葉刀風、ランドは斧風というのもイメージと合っていて面白いと思います。


テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

初フレームアームズになりそうです

 
http://main.kotobukiya.co.jp/fa/secondjive.html

リデコ元のウィルバーナインはなんか来るものがなかったのですが、これはひと目でビビっと来ました。色がヒロイックっぽくなったのと、ちゃんと手があるところがいいですねやっぱり。武器もビームガン兼ビームソードとハンドガン兼マチェットという私好みのものが揃っていて、これはかなり気になるアイテムです。


テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

出るのが遅れただけのことはあるって感じですかね

 
http://p-bandai.jp/tamashiiwebshouten/item-1000086773/

ひょうたんファンネルが不意討ちで吹きました。これは懐かしい……確かファミコンのガチャポン戦士ですよね。CPUの思考時間がおっそろしく長かったのを今でも覚えています。

ゲームの他にもBB戦士、元祖SD、漫画、アニメのネタ盛り沢山で、体型といいまさにあの「武者頑駄無」の決定版といえるものになっているのが流石です。SDX恐るべし。


テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

仮面ライダー鎧武 第25話「グリドン・ブラーボ 最強タッグ」簡易感想

 
すみません今回メインと思われるグリドンとブラーボに関しては、本気で製作側がこれで何がしたいのか、何を言いたいのかが全く理解できなかったのでスルーさせて頂きます。

普通に市街地でクラック開きまくってインベス大量発生して、この間のクラック防衛戦よりもかなり末期状態に見えます。スカラー兵器破壊しといて本当によかったね紘汰!

戒斗はいつも妄言ばかりのどうしようもない奴ですが、オーバーロードへの対応で言ったことは紘汰よりも正論に思えます。あのデェムシュとレデュエのマジキチぶり見ると、交渉するにしても一度叩きのめしてからじゃないと無理ですよ……一度問答無用でボッコボコにされても話し合おうとする紘汰は主人公としていいと思いますけど。ただ「貴様のことだ、どうせ相手にもされず追い返されたんじゃないのか」相変わらずのでっかいバナナブーメランでしたね!

戦極達が狙っているのはオーバーロードとなって支配者となることだと思ったら、もっととんでもないことでした。手にした者に大いなる力を与える文字通りの『禁断の果実』があるとは……これが事情を知る者が序盤から何度も繰り返し言ってきた「ヘルヘイムの森に選ばれる」ということだったんですね。オーバーロードと禁断の果実、これが今後どう動くのかは全く読めなくて純粋に楽しみです。

今年は夏映画7月19日公開なんですね。えらい早いですね……夏に何か強力なライバル映画でもあるのでしょうか。


テーマ : 仮面ライダーガイム 鎧武
ジャンル : テレビ・ラジオ

新ウルトラマン列伝 第41話「天使降臨 ガイア最終決戦!」簡易感想

 


今回から、3回連続ガイア最終章! 平成三部作+コスモスの中でガイアだけ最終章をやってなかったんですよね……それがようやくですw
ガイアって本当にラストエピソードに入るのはこの回からですが、大きな流れとしての最終章はエリアルベースが沈む第47話、もっと遡れば宇宙に住む命と地球に住む命を考える第44話から始まってるんですよね。まあいくらなんでも5回も連続でガイアで占有するわけにはいかないと思うので、「天使降臨」から始めるのは妥当だと思います。

1匹なら人間でも倒せるのが無数に湧いて脅威になる……というのはガメラ2以来すっかり特撮の新定番になりましたね。ドビシの場合、更に合体してあんまり元の面影残さない巨大怪獣になるというのが面白いです。

出たぁー大した意味も脈絡もなく唐突に出てくる魚人! ほんっと小中千昭は重度のクトゥルー脳です。後日談でもバイアクヘーとかまんまな名前の怪獣出してますし。

決意のダブル変身はかっこいいのですが、すぐにドビシに纏わり付かれて落とされるというw 先にエネルギー放出でドビシを振り払ったアグルが、苦しむガイアに「こうしろ! こう!」って感じの動きするのがちょっと笑います。

ドビシが無数にいるということは、その合体形態であるカイザードビシも無数に現れるということで……ピンチのピンチのピンチの連続なガイアとアグルの前に、突如現れる明らかに胡散臭い巨大な天使のような存在……というところで次回へ!


テーマ : ウルトラシリーズ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「お前は光だ。悲しみすら糧として、道を照らせ。姫様と二人で」

 


あーこれはマリーダは原作通りになりそうですね……アニメは後半かなり変えてきましたし、リディがやってしまうというのはロニの時と被るのでもしかしたらと思っていたのですが。まあマリーダの死くらいのことがないと暴走したリディは止まらないってことなんでしょうねぇ。


テーマ : 機動戦士ガンダムシリーズ
ジャンル : アニメ・コミック

艦これ、やってます

 
司令部レベルが80を超えたら急に1-5がキツくなりました。これが噂の単縦先制雷撃というものか……他の敵潜水艦群がどれだけ有情なのか、よ~く理解できました。一応複縦陣にすれば多少一撃大破することは減って安定しますが、あくまで多少安定するだけですし……そもそも4隻しか出せない1-5で1隻中破って道中はよくてもボスがほぼ倒せませんから。


テーマ : 艦隊これくしょん~艦これ~
ジャンル : オンラインゲーム

新たなウルトラマン その名はビクトリー!

 
http://m-78.jp/news/n-2456/
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140409-00000044-sph-ent

ギンガ2期(正式名称ウルトラマンギンガS)と新たなウルトラマン、ビクトリーの情報が発表されました!

ギンガSは1期と同じく前半後半での分割で、前半8話後半8話の全16話。尺が増えたのは嬉しいですねー。是非劇場スペシャルもまたやって欲しいです。
1期の事件から2年後、高校を卒業した幼馴染4人組がどうなっているのか気になります。ダークルギエルが(実際の描写はともかく)かなり強大な敵だったので、新たな敵もどうなるのでしょうか。
メイン監督は坂本浩一ですかー。銀河伝説は面白かったし決して嫌いな監督ではないのですが、キョウリュウジャーでの少々やり過ぎなお色気演出は正直引いたのでその辺は自重して抑え目にして欲しいです。あと銀河伝説でウルトラマンがワイヤーで軽やかに飛び回るのは新しい表現として非常によかったのですが、怪獣が手足をひたすら忙しなく動かしてドタバタ走るのはなんか微笑ましい光景になっていたので改善して欲しいところです。まあ銀河伝説の怪獣は戦闘員扱いの軍団でしたし、基本1体ずつ出てくるであろうギンガでは演出を変えてくるとは思いますが。

ウルトラマンビクトリーはまず頭に目が行きますねw Vの字が頭頂部に向かって広がっていってなかなか物凄い頭してます。ギンガほど目立ちませんが、クリスタルの色は黄色のようです。黒が多めに配されたカラーリングを見ていると微妙に悪役ウルトラマンにも見えますし、果たしてどのようなキャラクターなのか楽しみです。


テーマ : ウルトラシリーズ
ジャンル : テレビ・ラジオ

カスタムサウンド

 
http://blog.spalog.jp/?eid=863646

三次Z、初めはカスタムサウンドはPS3のみって話でしたがVitaでもできるようになったんですね。これPS3版の売り上げが圧倒的に少なくなりそうな気がw 大画面で見られるというのも魅力的ではありますけれども。

マップとかのBGMを変えられないのはともかく、武器ごとに設定できないのは残念ですね。必殺武器の時だけ変わるというのはもはやスパロボの定番演出ですし、そこにカスタムサウンドを使えないというのはなんとも。


テーマ : 新作ゲーム
ジャンル : ゲーム

レガシー・オブ・リボルテック

 
http://www.amiami.jp/top/detail/detail?gcode=FIGURE-005450
http://www.amiami.jp/top/detail/detail?gcode=FIGURE-005451
http://www.amiami.jp/top/detail/detail?gcode=FIGURE-005453
http://www.amiami.jp/top/detail/detail?scode=FIGURE-005452

自分で「レガシー」とか言っちゃうのはどうなのと思いつつw リボルテック過去の名作を復刻販売するというのが始まったようです。再販ならウッディとか骸骨剣士とか人気あるのを結構ちょくちょくやっていますが、それとは何か違うのでしょうか。まさか本当にリボルテック完全終了ってわけでもないでしょうし……流れている情報もリボ球廃止程度ですし。


テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

仮面ライダー鎧武 第24話「新たな強敵 オーバーロード」簡易感想

 
前回紘汰に戦うべき相手と目標と戦う力を与え、今回オーバーロードに忠告を与え、そして次回予告で戦極らにも接触する……サガラがにわかに胡散臭い動きを見せ始めました。明らかに人外な描写もありましたし、これは後半の鍵を握るキャラと言っても過言ではないでしょう。

冒頭いきなりデェムシュにボコられてるバロン。まあそれはいつものことなのでどうでもいいとして。デェムシュがバイオライダーのゲル化アタックのようなことをしたのに吹きました。森に適合するとこんなこともできるようになるってヘルヘイムの森凄いな!

戒斗はサガラ曰く「弱さと妥協する気がないある意味強者」らしいですが、この妥協するしない以前のどうしようもない弱さとそれとは裏腹なでかい態度と口を見ていると、単なる身の程知らずにしか見えません。まあどうしようもないくらい弱くても絶対勝てない相手だろうと全く臆さず弾かず挑むのが強さと言いたいのかもしれませんが……それはやっぱり強いというよりも単なる身の程知らずですよねぇw

ジンバーピーチの能力は聴力強化。雄介は初めてペガサスに変身した時鋭敏になり過ぎた感覚に翻弄されただけで終わってしまったのに、アーマードライダーは楽でいいですねw

前回サガラの言葉を盲信してホイホイ動かされてテロに走ったように見えて大丈夫かコイツ……と思いましたが、紘汰も流石に騙されているかもしれないという自覚は持っているようでホッとしました。その上で裕也を死なせてしまった自分はもう後戻りできない、騙されていようとなんだろうとやるしかないというのは紘汰のキャラ的に納得できる理由です。

どうやらサガラはビートライダーズの対立を煽りインベスゲームを流行らせるためと情報統制のために、ユグドラシルが雇ったネットアイドルという立場だったようです。その割には幹部達の重要な会合にも普通に参加してて誰もそれを咎めていなかった気がするんですが……

ニーサンもようやくオーバーロードの存在を知る!……かと思いきや、光実が肝心なところは全部伏せたせいでまだ蚊帳の外継続中です。なんか……もうかわいそうになってきました。揺さぶりをかけて、戦極達3人がオーバーロードの存在を知っていて尚且つそれをニーサンに隠して独自に動いているいるところまで(恐らく)察した光実は流石ですねー。黒い黒い。

2人目のオーバーロード、レデュエ登場! 戒斗が不法投棄ばら撒いた国語辞典だけで日本語をほぼ習得したところを見ると、デェムシュよりだいぶ賢そうです。というかデェムシュが力馬鹿なだk
そこにサガラも登場するわけですが……その時の演出が明らかにサガラ=蛇と描いています。果実とくれば、アダムとイブを唆して禁断の果実を食べさせたが真っ先に浮かぶわけで、つまりサガラもそういう存在だということはほぼ確定ですね。

弱者が「もうすぐ全ての弱者に裁きが下る(キリッ」とか言ってるの見るとなんとも言えない笑いが浮かんできますね。


ジンバーピーチでオーバーロードを探す鎧武に、シドが襲い掛かる! シドがいつも持っていたSロックシードの効果がスイカアームズの自律ロボット化だったとは……他のロックシードも自律行動可能にできるんですかね、チューリップホッパーとかダンデライナーとか。

今まで無敵を誇ったスイカアームズも、今販促中のカチドキアームズには全く敵いませんでした。つまりカチドキ鎧武>>>>>>>>>スイカアームズ>>>>新世代ライダーという強さの序列なわけで、そんな中(あの時の紘汰の目的はスカラー兵器の破壊で斬月・真と戦う必要はなかったとはいえ)初登場のカチドキと互角に渡り合ったニーサンは凄いですね……

レデュエの片言喋りなんか聞いたことあると思ったらあれですね、笑う犬の生活でホリケンと泰造がやってた「オニイチャァァァン」ってコントw

デェムシュは対話もできず問答無用で襲い掛かってくる、レデュエは理知的で会話こそできるものの人間を退屈凌ぎの玩具としか思っていなくてこちらも交渉なんてできそうにないと、紘汰割と前途多難です。まあまだ全体の半分な現時点で順調に進まれちゃいけないんですけどもw


テーマ : 仮面ライダーガイム 鎧武
ジャンル : テレビ・ラジオ

新ウルトラマン列伝 第40話「受け継がれる伝説! 神秘のギンガスパーク!」簡易感想

 


曜日と時間変更を機にサボってた感想を再開しようかなーなんて。

新OPテーマは列伝1stOPだったキラメク未来の新バージョンということで、宮野の読経に続いて杉田の読経になるのかと危惧していたら杉田パートは冒頭のナレーションだけでホッとしました。いやだって杉田があの読経したら絶対毎回吹いてしまいますもんw
映像では今まで通りのウルトラヒーローの他に、ラッシュハンターズが登場! 2ndシーズンも楽しみです。そして「邪悪な敵が」のところで何故かピンで出てくるイカルス星人w こいつまた出てくるんですかねぇ、ラッシュ登場怪獣紹介回で「プーラーズーマーソーウールー(某猫型ロボット風言い方で」とか「プラズマソウッ!」とか流石に怒られるんじゃないかってアドリブ(多分)連発していましたがw

今回のナビゲーターはヒカルとギンガ。ギンガはゼロとの差別化でお笑い面がないので、ナレーションが真面目一辺倒で正直ゼロに比べると面白み薄かったです。いやそもそもナレーションにネタを入れるのがどうかという話なのかもしれませんが。

ヒカルの前にもギンガスパークの力を感じ取り怪獣やウルトラマンを夢に見た人がいたということは、そういう人達もギンガに変身できる選ばれし者だったのかもしれませんね。色々知っていて手の甲にギンガスパークの紋章が浮かんだホツマも多分そういうことなんでしょう。

紹介される怪獣がケムラーにガンダーと、微妙にマイナーどころなのが面白かったです。どっちも完全に無名怪獣とは言えないけれど知名度的にはどうしてもねw

ギンガの「怪獣も一つの命に変わりはない。しかし、その存在が他の命を脅かすならば、時に彼等を倒さなければならない。ウルトラマンは、多くの命を守るために戦い続けていくのだ」という言葉は、ウルトラマンの行動の大きな指針ですね。無闇矢鱈に怪獣や宇宙人狩りしてるんじゃないぞっていう。

カプセル怪獣の紹介は銀河伝説から。まあこの映画以外にカプセル怪獣が大活躍するのってなゲフンゲフン。BGMが平成セブンのささきいさお版ULTRA SEVENなのがなんていうか芸コマでした。

ウルトラマンティガの紹介……かと思いきや、「世界が違ってもウルトラマンが平和を愛するのは同じ」ということで超8兄弟の紹介でした。この映画も特撮的な見せ場が後半に集中しているから、列伝での分割放送は難しそうですねぇ。ヒカルの「俺もいつか、他のウルトラマンと一緒に戦ってみたいぜ」というのはギンガ新展開への布石ですかね。新ウルトラマン登場という情報もありますし。

最後はウルトラの奇跡が流れる中歴代ウルトラマン紹介! 一部抜けがあるのはしょうがないですねw 非常にいい紹介だったと思いますが、ネクサスとマックスだけHD映像がないのか枠付きなのがちょっと悲しかったです。

次回からはガイア最終章! 予告BGMがウルトラマンガイア!とか相変わらずガイア関係になると妙に凝っていますw


テーマ : ウルトラシリーズ
ジャンル : テレビ・ラジオ

破幻のジスタ

 
http://www.bandai.co.jp/candy/zista/

戦争により人類が滅亡した遥か未来の地球で、人類が残したロボットが戦う……という食玩のくせに妙に凝った世界観に目を引かれました。公式サイトを見るとその他の設定もかなり凝っていて、力入ってるなーと思います。名前が普通の人名だと思ったら、元の持ち主の名前を名乗っているって設定なんですね。量産型は「山田」とか「井上」とかいかにも多そうな名前でなるほどなーとちょっと感心しました。あと春日さんの存在感。


テーマ : 食玩・ガチャポン
ジャンル : 趣味・実用

バンダイ新作色々

 
http://tamashii.jp/item/10676/
http://tamashii.jp/item/10677/

魂EFFECTシリーズ第2弾、炎エフェクト! 炎ということでそのまんま炎属性のキャラとかに使えそうです。特に個人的に龍騎サバイブの初変身を再現できそうなのが嬉しいですね。青い方はもうフィギュアーツサイガ専用でしょう(死ぬとこだけど


http://tamashii.jp/item/10672/

モンスターアーツはまたまたゴジラ! VSシリーズのということですが、特にどの作品という想定はしていないんですかね。見たところバーニングゴジラのリカラーっぽい?


テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

大怪獣ラッシュ2ndシーズン!

 
http://www.daikaijyu.com/rush/news/67.html

CGの出来がメチャよくて面白かったので、続きが見られるのは嬉しいですねー。まだ観に行っていませんが映画で第1章完!のような話になったようで、新章開始でお馴染みの3人とも武器を新調してますね。特にマグナの巨大クローが凄いw


テーマ : ウルトラシリーズ
ジャンル : テレビ・ラジオ

全力でエイプリルフール

 
今年もエイプリルフール、色んなサイトがネタに走っていますがその中でも特にツボだったのがこれです。

http://buddy-complex.jp/index.html

バディ・コンプレックスとガチャピンムックって4月馬鹿にしてもどんなコラボだよ!? 青葉だけノーリアクションつーかノリノリなのも気になるところです。

しかもただトップ絵変えるだけじゃなく、



こんな動画まで……これはひどい。映像は基本本編の切り貼りだけどわざわざバディコン側のキャラの台詞まであって酷いです、特にメタ発言連発するドルジエフ閣下。


テーマ : バディ・コンプレックス
ジャンル : アニメ・コミック

冷やしている者のプロフィール

宇宙落描き

Author:宇宙落描き
宇宙を漂う奇妙な落描き

興味を持ったことにはなんにでも首を突っ込む、無茶で無謀な生命体。
「アンテナは浅く広く」が信条なので、節操なく色々書いていくつもりです。

冷やしカウンター
冷やしカレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
よく冷えた最新記事
冷却カテゴリー
冷やし月別アーカイブ
冷え具合を検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
この冷やしブログについて
内容:
主に私が気に入ったもの(テレビ番組、映画、本、玩具、ニュース等色々)の感想が主となっています。

コメント:
基本的に構ってちゃんなので、されると狂喜します。なので畏まらず、一言程度のことでもお気軽にどうぞ。
ただし、記事と全く無関係な宣伝等のこちらで不適切と判断したコメント(滅多にないでしょうが)は見つけ次第削除させて頂きます。

リンク:
貼るのも剥がすのも自由です。ご報告してくださると狂喜乱舞して貼り返させて頂きますので、してくださる場合は最新記事にお願いします。

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる