本当かよ?

 
と聞かれたら、「本当です!」と全力で答えるのがゴジラVSビオランテファンの流儀(挨拶

http://www.kotobukiya.co.jp/product/product-0000001457/

これは……! ゴジラ総選挙でVSビオランテが1位になって、おまけにこんな出来のいいスーパーX2が出るとはどんなVSビオランテファンへのサービスですか! お値段はお高いですが、メーサー車も付いてるしこれは欲しいです。


スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ディスクウォーズアベンジャーズ見た

 
いつの間にかサージ主人公のX-MENになっていました。いやアベンジャーズ側もバッキーとクリスを重ねてしまうキャップとそんなキャップに反発するクリスという話やってるんですけどね……

レッキングクルーの扱いの雑さには吹きました。今まで出てきたヴィランで最弱なんじゃないでしょうかw ヴァカの集まりだけど真っ向勝負ならソーを倒してしまうくらいの強豪ヴィランチームなのに。バールのようなものは神の力を与えられたバールのようなものですし。


テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

人生は毒と苦渋と理不尽、そしてほんの一匙の美しいもので成り立っているのだから

 
今ペテロの葬列が面白いです。全くノーチェックだったところ第2話放送直前に深夜にやっていた第1話の再放送を見て、一気に引き込まれました。これ第1話を2時間枠取ったスペシャルにして、暮木によるバスジャックをじっくり描いたのは大正解ですね。狂気を感じさせるけど、あくまで冷静に拳銃という暴力と話術で人質を逆らえないようにしていく暮木が恐ろしいです。長塚京三は爺さんというにはちょっと若くて違和感ありましたが、そこ以外は完璧でした。

「悪が生まれた瞬間」「悪は伝染する」という言葉、第4話で語られた詐欺の被害者が次は自分が騙す加害者になってしまうということ、殺された過去に詐欺を行っていた男、センシティブ・トレーニング技術に長けた暮木……不穏な空気と謎が広がっていって、なんとも面白い不気味さです。

どうでもいいけどセンシティブ・トレーニングでググってみたら、今でもやっているところがわんさか出てきますね。このドラマで描いているのはオーバーなところもあるとは思いますが、それでもちょっとうーnと思ってしまいました。


艦これ、やってます

 
harunakaini_01.jpg

今日は戦艦榛名が呉軍港にて大破着底した日であり、艦これでは榛名改二実装日です。榛名はLv80になっていましたが、蒼龍改二の慢心提督を狙い撃ったとしか思えない改二レベルを鑑みて81にしていました。


harunakaini_02.jpg

さあ早速改造ですよー!


harunakaini_03.jpg

他の姉妹と同じく、服装は変わらず艤装がリニューアルって感じですね。


harunakaini_04.jpg

イラストで迷彩が施されている通り、新装備の迷彩付き35.6cm砲を持ってきます。


harunakaini_06.jpg

通常と比べると、対空命中回避+1と強化されています。ダズル迷彩すげぇ!


harunakaini_07.jpg

harunakaini_05.jpg

これでようやく金剛四姉妹が改二になりましたねー。私は去年の年末着任なので既に金剛と比叡の改二は実装されていましたが、調べてみたらだいたい8ヶ月かかったんですね、全員改二になるまでに。


テーマ : 艦隊これくしょん~艦これ~
ジャンル : オンラインゲーム

いよいよ明日は!

 
榛名の大破着底日&艦これにて榛名改二実装日です! 運営のツイッターアイコンもいつものチラ見せモードに変わって、盛り上がって参りました。

性能はどうなるんでしょうねぇ、大破着底日合わせということは、浮き砲台仕様で対空特化が順当なところでしょうか。装備は……浮き砲台なら最悪持ってこないかもしれませんね、そういうとこ拘る運営ですし。


テーマ : 艦隊これくしょん~艦これ~
ジャンル : オンラインゲーム

HG Gのレコンギスタ

 
いよいよ富野監督のガンダム最新作、Gのレコンギスタのプラモ予約が始まりました。どれも個性のある奴で、発売が楽しみです。


http://www.amazon.co.jp/dp/B00M1APWB4/

主人公機(多分)のG-セルフ。直線的ではなく丸っこいラインでまとめられて、ちゃんとガンダム顔はしているけど微妙に崩しているのが面白いデザインです。背中のパックはこれ以外にも色々あってパックごとに機体色が変わるというインパルスのような設定らしいので、それらも多分出るんでしょうね。


http://www.amazon.co.jp/dp/B00M1AQ5YM/

なんとなくラテン系な名前(偏見)のモンテーロ。異様に長いビームジャベリンが目を引きますが、これうねうねしたクリアパーツはビームワイヤーの表現なんですね。両刃槍からワイヤー出して振り回すってなんか無茶苦茶で凄いですw


http://www.amazon.co.jp/dp/B00M1AQ6AU/

もう1機の「ガンダム」であるG-アルケイン。可変機・ロングライフル装備・ロングライフルがロングサーベルになると、ツボ突かれまくりで今回発表された4機の中では一番気に入りました。ロングサーベルの保持が心配ではありますが。


http://www.amazon.co.jp/dp/B00M1APWHS/

もう見た目からしてTHEザコって感じのグリモア。このいかにもなところがいいですねー。腹部コックピットブロックが丸々分離するというのも、光景を想像すると吹いてしまいますw


テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

『GODZILLA ゴジラ』観てきた!

 
昨日言った通り観てきました、新たなゴジラ。簡単な感想としては、ちょっとゴジラの大暴れをもったいつけて引っ張り過ぎたりやや盛り上がりに欠けるところはあったものの、それでも最高の「ゴジラ映画」でした。ギャレス・エドワーズ監督がゴジラのことをよくわかっていて、それを自分なりに表現しようと作ったのがよくわかる力作です。初日に観に行けてよかった!と素直に思いました。

以後ネタバレ込みで登場怪獣について。

続きを読む

テーマ : GODZILLA ゴジラ2014
ジャンル : 映画

ゴジラ公開前日!

 


さあいよいよ明日ですね、なんか自分でも気持ち悪いくらい楽しみになってきました。運よく時間がとれたので、早速観に行くつもりです。ギャレス・エドワーズ監督が作り上げたゴジラは果たしてどんなものなのか、今まで公開された情報やPVを見るとかなり「ガチ」なようなので期待が膨らみます。


テーマ : GODZILLA ゴジラ2014
ジャンル : 映画

ディスクウォーズアベンジャーズ見た

 
ハゲはやっぱりハゲでした。ていうかあの演出じゃ教授が悪の黒幕にしか見えないよ! だいたい合ってる気もするけど!

センチネルによるミュータント差別が行われた過去から、ミュータントにとってはディスクが第二のセンチネルになるかもしれないものという話にまで切り込んでいくのはなるほどそうくるかーと思いました。X--MENを扱うなら切って離せない話ではあるのですが、いきなり今までとは全く違うドシリアスな空気になって面白いけど戸惑いますw


テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

あのドット絵通りのインベーダーが出てくるのでしょうか

 
http://www.crank-in.net/movie/news/31923

これほど映画化すると聞いてどうすんの!?って思うものもそうないと思います。え、インベーダーゲームのプレイヤーの話?

ただまあ、無数に迫り来るインベーダー相手にただ一人立ち向かう!と言うとなんだかハリウッドSF映画のテンプレな気もしますし、案外相性いいのかもしれませんねw


テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

仮面ライダー鎧武 第36話「プロフェッサーの帰還」簡易感想

 
明の珍行動をノーツッコミで流したまま進めるの、こっちの腹筋に極めて悪いんでやめてくれませんかね……

殺したニーサンの幻影に苛まれる光実。スッスッとフレームインしてポエム吐くニーサンがやっぱり面白いです。お(も)し(ろ)い人を亡くした……

ヘルヘイム側から映した鎧武の変身やナックルの飛び降り変身がなかなかかっこよくておおっとなりました。最近画的な工夫が減っていたので。

鎧武&ナックル対デューク。仕方がないとはいえ、もはや戦力にならないナックルに涙が出ます。ザックもなんか覚悟固めたらどうですかね、鎧武世界じゃちょっと覚悟固めたら異常にパワーアップできるようですし。
デュークはちょい押され気味だったとはいえ、シグルドもマリカも相手にならなかった鎧武ジンバーレモンと互角に渡り合えていたのは流石です。変身前でも紘汰を簡単にいなしていましたし戦極実は結構肉体派なんじゃ。

戦極、封鎖されているはずの沢芽市にどうやって入ったのでしょうか。自分で全部バラしたからユグドラシル特権はもう使えないはずですし。ユグドラシルタワーだけじゃなく沢芽市のあちこちに外への隠し通路作ってたりしたのでしょうか……こいつなら本当にやってそうだな。

「だが犠牲も多い(たった3人」
いや滅びかけたフェムシンムにとっては3人でも多いという意味合いなのはわかりますけどね。それでもたった3人をさも大量のようにに言うのはちょっと笑いました。

レデュエの「いや死んだのアンタが敵に塩送ったからじゃん」「蛇に唆されてんじゃねーよ」全部ぐう正でした。ロシュオ、反論できないからキレて誤魔化したようにしか見えないぞ……

「戦極凌馬は油断ならないわ人間よ。他人を裏切ることに、一切の躊躇はないわ」
は、はあ? はああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ???????
躊躇なく他人を裏切り続けてここまで来た女がよくもいけしゃあしゃあとこんなこと言えますね。いや躊躇なく他人を裏切り続けてきたからこそ平然と言えるってことですか。いやあ参ったなこりゃ。ある意味鎧武らしい台詞ですけどね!

紘汰や戒斗の言う「他に方法も機会もない」も、凰蓮の言う「信用できないしそんな奴と協力なんてできない」も、どちらも正論なのが難しいところです。外野から見れば、事態が紘汰達に圧倒的に不利なまま膠着状況なので、打開するためには多少大胆な手を使うべきなのではとは思いますが。

戒斗が常にゲネシスドライバーをつけているのは、言った理由の他にも草生え病の進行を遅らせるためですかね。ドライバーにそういう効果があるのかはわかりませんが。

なんか舞があまりに危機感なくてイラッとしてきました。危機的状況での一服の清涼剤とかそういう立ち位置なのでしょうが、空気も状況も読めてなさすぎて……特に街中がインベスだらけの状況で、アーマードライダーの護衛もなしに買い物に行くとか正気の沙汰じゃありませんよ。実際光実とオーバーロードに襲われてペコが重傷負って紘汰達に迷惑かけていますし。どっち道オーバーロードが相手なら紘汰か戒斗じゃないと護衛にならないとかそういう問題じゃありません。

それは置いといて、やっぱり脚本家はじめスタッフも綺麗さっぱり忘れてるみたいですね、ドライバーを装着していない生物がヘルヘイムの果実を見ると強烈に食べたくなるって設定。

光実、そろそろ龍玄よりも斬月・偽の方が変身した回数多くなるんじゃないですかね。

覚悟固めただけで、今まで手も足も出なかった鎧武ジンバーレモンどころかカチドキや極+バロンレモンにも勝てるとか光実すごーい。まあモモタロスも「戦いってのはノリのいい方が勝つ」って言ってますけどね……

あの戒斗が! どんだけ強い相手にでも身の程知らずに戦いを挑んで毎回ボコられていた戒斗が! まさか撤退なんて言葉を口にするとは!!
普通なら成長したなーと言うところですが、鎧武の場合まーた話の都合で今までのキャラガン無視したこと言わせてるよになってしまうのが悲しいところです。



テーマ : 仮面ライダーガイム 鎧武
ジャンル : テレビ・ラジオ

薬は注射より飲むのに限るぜ、ゴジラさん!

 
http://www.nihon-eiga.com/osusume/godzilla-1/result.html

え、ええ、ええええええええええええええええええええええええ?

ゴジラ総選挙、ゴジラVSビオランテが第1位に!!

これは驚きの一言です。まさか初代の頂点が崩れるとは……しかもマイフェイバリットゴジラ映画のVSビオランテが第1位! 時代が変わって初代の神聖視もだいぶ薄れたということなんですかねぇ。ネットをやっていてこの手の企画によく参加するのは、平成VSシリーズ直撃世代が多そうというのも大きそうですが。8月1日に結果の詳細も公開されるそうで、楽しみに待っています。

そして以前の決選投票開始の時に、
1位:初代
2位:モスゴジ
3位:VSビオランテ
4位:VSデストロイア

と予想していたのですが、見事に一つも当たりませんでした。


テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
ジャンル : 映画

上様に隠れてちょっと影薄かったですね

 
http://p-bandai.jp/tamashiiwebshouten/item-1000090084/

良アレンジで評判のS.I.C.オーズシリーズもとうとうブラカワニです。元デザインや演出がなかなかブッ飛んでたからか、今までに比べるとアレンジ控えめだなーと思ってしまいましたw オリジナル要素もでかい剣と盾っていう言ってしまえば割とありきたりなアレンジですし。これ盾は亀の甲羅なのわかりますが、剣はなんなんでしょうか、ワニの牙?


テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

艦これ、やってます

 
sendaikaini01.jpg

川内、レベル60になったぞー!というわけで早速改造です。65と勘違いしていたので体感的になんか早く改二にできた感じでした。


sendaikaini02.jpg

アイエエエエ! ニンジャ!? ニンジャナンデ!?
というわけでニンジャ(忍者に非ず)化しました……なんでニンジャ……なんか魚雷逆手持ちしてるしなんなのこの娘……w


sendaikaini03.jpg

まあ、見た目はネタでも装備はガチです。照明弾と夜偵で夜戦マップがちょっとは楽になるといいですねぇ。照明弾は効果重複するらしいので数あればあるほどいいのでしょうが、もう1人改二で持ってくる綾波は必要レベル高いし3-2-1レベリングがやりにくい駆逐艦だし、川内を何人も育てるのは心理的にめんどいしで当分これ1つになりそうです。


sendaikaini04.jpg

それにしてもなんでニンジャ……夜戦バカ→夜が本領→ニンジャって発想なのでしょうか。安直な。


テーマ : 艦隊これくしょん~艦これ~
ジャンル : オンラインゲーム

M.S.G グリップ

 
http://www.kotobukiya.co.jp/product/product-0000001356/

ウェポンユニットではないですが、しばらく見ないうちにまたM.S.Gにナイスなものが登録されていました。3mm軸のグリップということは、色々と使い道ありそうで夢が広がります。90°曲がったのがあるのもなかなかわかってるなーと。


テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ディスクウォーズアベンジャーズ見た

 
今回からX-MEN編らしく、いきなりウルヴァリンVSセイバートゥースという因縁の対決持ってきましたね。肝心のウルヴァリンがはっきり初登場するシーンの作画がちょっと脱力感あるのがアレでしたがw

でも一番びっくりしたのはサージが割と重要キャラっぽそうな立ち位置で出てきたことでした。この作品ではまだX-MENにはなっていない(というかミュータント能力にも目覚めていないっぽい)ので、覚醒やらのエピソードやるんですかね。


ミッチの言動について

 
以前感想で「唐突に光実がレデュエを絶対的に信頼して約束を守ってもらうことを大前提に行動しててイミフ」と書いたのですが、見直してみるとロシュオが全世界から飛んできたミサイルを一瞬で消すという圧倒的な力を見せたのがきっかけでしたね。あれを見て人類はオーバーロードには絶対に勝てないから抵抗は完全に無駄な行為だと確信して、その中で人類を守り舞を守り自分の居場所を作るためにはレデュエの野望に乗るしかなかったと。これなら確かに光実のキャラから考えても納得できる結論です。ミッチ突然人格変わった呼ばわりしてごめん!


テーマ : 仮面ライダーガイム 鎧武
ジャンル : テレビ・ラジオ

大怪獣ラッシュ CGムービー 2ndシーズン #3「凶悪! 脱獄ハンターズ!」簡易感想

 
脱獄ハンターズは出てきた→即捕まったで、シックルの顔見せとジェントの過去暴露がメインというサブタイ詐欺でした。

見事スーパーアースゴモラを倒したラッシュハンターズ。しかし獲得分のプラズマソウルが何者かに掠め取られていた! どうやらダダチームがやったみたいに弱らせたところに割り込んで横取りするのはOKだけど、ガネーを横取りするのはNGみたいです。取り敢えず自分で戦場に出ればOKってことですかね。

脱獄ハンターズ三人衆。今回の出オチ要員です。ていうかジェイラの腰、ほっそ! 胸までと下半身は普通なだけに物凄い異形具合です。

脱獄ハンターズを捕まえに来た、ギルドガードのメフィラス星人シックル! 声はあの子安武人です。確か特撮出演はこれが初ですね、まあ大怪獣ラッシュはCGアニメですが。

「あ、拾うんだ」
そりゃあ元は自分のガネーなんだから拾うでしょマグナよw

伝説の七星剣の一つ、妖刀破軍を持ち出してシックルと刃を交えるジェント。二人は宿敵同士だったようで……ジェントは一太刀で惑星を真っ二つ、シックルもそれを真正面から受け止めきるとどっちも大怪獣ラッシュの世界観で見ても化け物でした。

というわけで、2ndシーズンエピソード1は今回で終了。ギンガS前半終了後に続きがあるようです。


テーマ : ウルトラシリーズ
ジャンル : テレビ・ラジオ

仮面ライダー鎧武 第37話「バロン・サッカー対決! 夏の陣」簡易感想

 
ニーサンがブクブク海に沈んだところで夏の劇場版の宣伝回です。1回こっきりの番外編みたいなものなので、いつもの酷い時は5分に1回お前なんでそこでそうなるんだよおかしいだろおおおおおおおお!?って言いたくなる展開がなくて見てて疲れませんでした。でも個人的にはトッキュウコラボとキカイダーコラボよりは面白さ落ちるかな……?

なんか出てきた変な虫……もといイナゴ怪人カッコカリ。公式サイトでも「インベスらしき怪人」とかぼかして書いているし、謎の少年が使役しているようなので単なる強いインベスではないようです。頭から首の部分のデザインと造形といい両足キックしてたことといい、RXモチーフですかね。
それは置いといて、「イナゴの怪人」「無数のイナゴに分裂する」というのを見てその辺の建物の陰に
|M0
↑こんなのがいそうだなーと思いました。

「あいつはどんどん成長してるぜ」
そりゃアンタが事ある毎にホイホイ強化アイテムあげてますからね。

極アームズにボコられて「これほど、とは……!」とか言っている戒斗が久しぶりにゲネシスとレモンエナジーもらう前のへっぽこ具合を彷彿とさせてちょっとほんわかしました。

前に進む覚悟を決めた(でも禁断の果実戒斗にならあげてもいいんだけどなーとか未だに言ってることがフーラフーラしてる

ドルーパーズの内装もサッカー仕様になっていて吹きました。こっちの世界じゃサッカー喫茶なんでしょうかw

世界観を超速理解+ノリノリで乗る戒斗。まあこの人は勝てればなんでもいいですからね。ライダーバトルでは勝てなくてもサッカーなら勝てると思ったか。

カモンカモンカカカカモンカモン
戒斗役の人が森を歩くだけのシーンでコケる運動音痴だと知っているとここ無茶苦茶笑えます。そして脈絡のないJリーグコラボ……!

「ライダーで戦うという発想自体がない」というのが、この世界の特異さを表していていい感じです。あんな御大層に変身して本当にサッカーしかやってないんですねw

これぞまさにバナナシュートってやかましいわ!!

壁蹴りバク転して相手の後ろに着地する紘汰すげぇ……! これ多分全部本人ですよね、その後の蹴り入れるところでカット割りないのに顔映っていますし。

城乃内が初瀬ちゃんを盾にするのは、本編とは逆になっててちょっといいなと思いました。そういや城乃内ってまだ初瀬が無惨に死んだこと知らないんですよね。話してやれよ紘汰。

Jリーガー強ぇ……

謎のライダー、仮面ライダーマルス! 胸と肩にウサギさんリンゴ付いているのにかっこいいのは流石です。そしてまさかの片岡愛之助ですよ。森の植物に覆われたユグドラシルタワーをバックに、覆われていないユグドラシルタワーの世界へと消えていくのは印象的な演出でした。


テーマ : 仮面ライダーガイム 鎧武
ジャンル : テレビ・ラジオ

仮面ライダー鎧武 第36話「兄弟の決着!斬月VS斬月・真!」超簡易感想

 
なんか全く感想を書くモチベーションが上がらないまま土曜になってしまったので、超簡易感想でお送りします。

とりあえず湊は私も戦極の被害者だったんですぅ~とかふざけたこと抜かしてないできっちりニーサンに謝れや。確かに主導してたのは戦極だけど、ニーサン暗殺に特に嫌がる様子もなく脅迫されたり権力で命令された様子もなく進んで参加してたのは間違いないですし。一応バツが悪そうな顔はしてましたし根っからのお人好しのニーサンは許しましたが、それとこれとは別、きちんと謝れ。

紘汰の「騙してる方も辛い」というのは説得力ありました。だってクリスマスゲームの時光実と一緒に他のチームを全部騙して白いアーマードライダーへの囮にしましたからね。それが初瀬ちゃんの破滅と死の遠因になりましたし。

草生え病に罹る戒斗。これは……紘汰が戒斗を救うために進んでオーバーロードになってしまう前振りか、それとも戒斗も人外と化してしまうことへの前振りか……

外はインベスとヘルヘイムの植物=果実だらけで危険なのに、1人で出てダンスの練習している舞はもうちょっと現実を見て危機感持った方がいいと思います。

逃げ遅れた市民を助けてもう大丈夫とか言っていましたが、沢芽市は封鎖されていて世界中にクラックが開いて森の侵食が加速度的に進んでいる人類に逃げ場なしな状況で何がどう大丈夫なのでしょうか。

「間に合ってくれ……!」高速移動できるジンバーチェリーもやたらいっぱい持ってるロックビークルも使わずただ走って行く紘汰。君本当に間に合う気ありますか?w

レデュエが発生させたヘルヘイムの植物を消滅させる極アームズ。レデュエが意味深なこと言っていましたし、これはただ力技で破ったのではなくオーバーロードの森の植物を操る力を無意識に使ったのでしょうね。前にも書きましたが、ほんの一部分を抽出した極ロックシードをたった数回使っただけでこれとか禁断の果実本当に怖いな!

光実も光実ですがニーサンもニーサンでいきなり光実殺すべし慈悲はないみたいになっててちょっとお兄さんそれはって思います。せめて最初は足腰立たなくなるくらい徹底的にボコってから説教するくらいで何とかなりませんか……

サブタイにもなっている斬月VS斬月・真はなかなか見応えある名バトルでした。スペックでは大きく劣るはずの斬月で斬月・真と互角に渡り合い、実質勝つってやっぱニーサン凄いですね。鍛え方が違います。

ニーサン水没。まあ公式でオールアップ報告がないので普通に生きてますね。新規撮影の回想だけという可能性もないわけではありませんが。


テーマ : 仮面ライダーガイム 鎧武
ジャンル : テレビ・ラジオ

艦これ、やってます

 
hagurokainis01s.jpg

コツコツ育ててた羽黒が65になったので、早速改二にしてみました。うちでは初の重巡改二(航巡化も含めて)です。


hagurokaini02s.jpg

おお~可愛くなった! 個人的に改造前より断然好みです。制服もこっちのが可愛いですね。


hagurokainisoubi.jpg

これで羽黒砲が手に入りました。艤装が大きな主砲ユニットを背負うという戦艦に近い形になったからか、近代化改修後は火力が一部戦艦の初期値を上回るという重巡屈指の高火力艦になるようです。流石は最期の戦いで沈むその瞬間まで奮戦して「阿修羅の如し」と称されて、戦ったイギリス軍からも賞賛を受けた艦だけのことはありますね。


テーマ : 艦隊これくしょん~艦これ~
ジャンル : オンラインゲーム

【トランスフォーマー ロストエイジシリーズ】ジオラマストーリー&変形紹介

 


酷いイジメを見ました

ディセプティコンがロックダウン1人だけとは……ムービーアドバンスドシリーズでも今のところ発売予定があるのはロックダウンとガルバトロンだけっぽいですが。まさかこの2人以外(正確にはガルバトロンも人造TFっぽい)全員量産型の雑兵なんじゃ……いやいやそんなまさか……でも……


テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

ぱんぱかぱーん!

 
https://twitter.com/KanColle_STAFF/status/486680078290411521

早くもAGP艦これ第2弾の情報が公式から出ました。「自前の装甲」で「重巡」とくれば、これはもう愛宕で決まりですね。第1弾が大和だったので次は武蔵かと思ったら、重巡、しかもネームシップじゃない愛宕というのは正直意外でした。髪型ロングに巨乳にロングスカートと可動フィギュアにとって鬼門揃いですが、果たしてバンダイがどう処理するのか期待しましょう。


テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

トンネル抜けたら明日に向けてノンストップ! 烈車戦隊発車オーライ! トッキュウジャー

 
http://news.walkerplus.com/article/47896/

放送中にこういう大人向けシリーズの第1弾に選ばれるというのは、単純に現行作というのがあるにしてもトッキュウって売上も人気も上々なんでしょうねぇ。確かに私も最初はライトの役者さんとキャラとの乖離がちょっと引っ掛かっていましたが、すぐに慣れて今では毎回楽しんでいます。小林脚本だから終盤で今のお気楽ムードが吹っ飛ぶ展開来そうですけども。


テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

新ウルトラマン列伝 第53話「ウルトラマンギンガS直前スペシャルパートⅠ(新たなる侵略者編)」簡易感想

 
いよいよ開始間近なウルトラマンギンガS特集! 今回は主に新たな侵略者とその元ネタの紹介です。OPが多分今回と次回だけのためなのに、歌は2番になるし映像はギンガS盛り沢山で気前のいいものでした。

イカルスの作り出した四次元空間に吸い込まれたバルキーとナックル。別の宇宙間の行き来に使えるし中ではダークスパークの呪いすら解除されるし、凄い万能ですね四次元空間! ちゃんとセブンの時と似たような感じに仕上げてるしw

「イカルス星人、嘘つかない」てw

あ、防衛チームUPGに光人がいる! 役者さん繋がりだけでなく、なんかキャラもゴウっぽいですねこいつ。

新たな敵その1・チブル星人エクセラー! というわけでセブンのチブル星人を紹介。こいつ正直言うと作戦は悪くないけど段取りが悪過ぎるんですよね。大人が抵抗しにくい子供を兵士とするのは目の付け所は悪くないけど、流通に乗せずに個人で売り歩いていったいどれくらいの子供を兵士にできるのかとw 作戦を妨害しに来るであろうウルトラセブン=ダン暗殺を並行して進めるところもクレバーではあるのですが、実行役のアンドロイドゼロワンに肝心のダンの顔も教えていないというw

「えげつない作戦だぜー!」
「ね、引くよね」

おいこら侵略者w

ドスッ!
「あら酷い」
「ソガ隊員すまん!」
「殴っといてすまんじゃないだろ!」

ソガ隊員を殴って気絶させて変身するのがおもいっきしツッコまれてて吹きました。いくら緊急事態で他に手がないとはいえ酷いですよねあれw 力技にも程があるし。

チブル星人の弱さにも総ツッコミw ここイカルスがずっと笑いながら喋ってるんですが、まさか関智一の素じゃないだろうな。

エクセラーが従えるアンドロイドワンゼロと、量産型アンドロイドチブロイド。これはまあ坂本監督の趣味ですね。美女と生身アクション病的に大好きですからね、しょうがないね。

お次はガッツ星人ボルスト。こいつはぶっちゃけヴァカでしょっちゅうワンゼロにお仕置きされるコメディリリーフのようです。ガッツ星人紹介はこの間やったばっかだし特に言うことないですね。

「ワァオ! Boysの憧れ、ドリル戦車だ!」
ほんとかっこいいですよねドリル戦車! その中でもマグマライザーは特にかっこよくて好みです。

ギンガSで登場する敵怪獣は、基本ワンゼロがチブルスパークでライブするスパークドールズのようです。独自にギンガスパークやダークスパークと全く同じ機能のアイテムが作れてしまうなんて、チブル星人が凄いのかギンガやルギエルが案外大したことないのか。

新たなウルトラマン、ウルトラマンビクトリーとそれに変身するショウ! 変身バンクが滅茶苦茶気合入っていてかっこよくて驚きました。ショウとビクトリーが一体化するっていうイメージなんですねー。

「出たグレーの部分」
おうグレーゾーンやめーや。

そして最後は、ウルトラマンギンガ! EXレッドキングに飛びかかって、掴んだまま岩山を吹き飛ばして突っ込むのがパワフルでいい演出です。ギンガスパークランスもエフェクトなしで使うんですね。

「果たして、我輩達に新たな出番はあるのか」
ギンガSでは無理だろうけど新列伝でちょくちょくあると思いますよw


テーマ : ウルトラシリーズ
ジャンル : テレビ・ラジオ

デレレー↓デレレー↑

 
http://gigazine.net/news/20140627-pacific-rim-continuations/

あの『巨大ロボットと怪獣がドカーンバカーンと戦う』以外何も考えていない映画(最高の褒め言葉)に続編が来るぞー!

わたしもあの映画にはオトコノコ心をいたく刺激された口なので、続編決定大歓迎です。所詮プリカーサーの入り口を一つ潰したに過ぎませんからね! そりゃあまだまだ出てきますよ!

パシフィック・リムの面白さは(ジプシー以外ほぼ何もしなかったとはいえ)イェーガーの多彩さにもあったと思うので、そこだけはしっかり引き継いで欲しいです。あとはもうデル・トロ監督なら心配いらないと思います。


テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
ジャンル : 映画

大怪獣ラッシュ CGムービー 2ndシーズン #2「炎のハンティング! 逆襲のラッシュハンターズ」簡易感想

 
アースゴモラ戦決着!

前回突っ込んだところに予想より早く起きたアースゴモラの角ぶちかましをもろに食らったマグナは……
「クソー! 痛ぇじゃねぇかー!」
普通に生きてました。ですよねー。レッドキングの裏拳で殴り飛ばされても恐竜戦車の光線が直撃しても無傷ですからねこいつ……頑丈すぎる。

アースゴモラは実は突然変異の強敵、スーパーアースゴモラだった! 建物を壊しながら、パワフルにマグナを追い回すのが迫力あっていいですねー。しかも「ゴモラは超振動波で地中に潜る」という大怪獣バトルシリーズが終わってもう忘れられてそうな設定がまた表に出るとは!
そんなスーパーアースゴモラを前にどうするかと聞かれても、「奴はまだでっけぇプラズマソウルを残してやがるんだぜ!」なガルムもブレなくていいキャラしてますw

「お前には、難しいハンティングかな?」
バレルもこんな軽口が叩けるようになったんですねぇ……というか1stシーズンのは色々悩んで自分を追い詰めていたからで、こっちのが素なのかもしれませんね。

元は燃料プラントだった遺跡を攻撃して、辺りに土属性のスーパーアースゴモラが嫌いな火を起こして出現ポイントを限定させるガルム。これぞ「智謀に長けた戦略家」の面目躍如です。

ガルムが火を起こして動きを鈍らせたところでバレルとマグナがプラズマソウルを砕き、スーパーアースゴモラハント成功! しかしどうやらまだ続きがあるようですが……?


テーマ : ウルトラシリーズ
ジャンル : テレビ・ラジオ

ゴジラ総選挙 決選投票

 
http://www.nihon-eiga.com/osusume/godzilla-1/runoff.html

5月からやっていたゴジラ総選挙、決選投票に進む4作に絞られました。初代、対モスラ、VSビオランテ、VSデストロイアとまあ鉄板中の鉄板ですね。ミレニアムシリーズで唯一中間発表時に残っていたGMKがどこまで行けるか注目していたのですが、やっぱりいずれ劣らぬ名作であるこの4作と張り合うには役者不足でした。

ちなみに私はこの4作で順位付けるなら、ビオ>デス>モス>初代です。初代が掛け値なしの名作ということには異議は全くないのですが、個人的な好き嫌いで言うとそこまででもないんですよねぇ。逆にVSシリーズは直撃世代なので大好きです。あのVSスペゴジも。

1位はどーせダントツで初代になるのがわかりきっているので、私は一番好きなVSビオランテを何とか2位にすべく投票毎日頑張りたいと思います。まあ初代>>>>>>>モス>ビオ>デスになりそうですが。


テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
ジャンル : 映画

新ウルトラマン列伝 第52話「スパークドールズ劇団タロウ」簡易感想

 
ギンガ2期直前に、スパークドールズ劇団+タロウによるタロウ特集です。一番(ある意味)有名なバードン回やタイラント回はもうやったから+ギンガでタロウが言った「ウルトラマンが人間を救うのではない、人間と力を合わせ戦ってきたのだ!」を改めて描くため、なんかやたらチョイスが捻っていて面白かったです。タロウの声が石丸博也に差し替えられていたのは賛否両論でしょうが、私はなかなかよかったと思いますね。

まずは月光怪獣エレキングの話。踊るエレキングを見ての「タロウ兄さんの相手って、こういうノリ多くないっすか?」で笑いました。確かにタロウってこういうの多い印象ありますw

スパークドールズ劇団もツッコんでましたが、子供強いですね! ロープをおよそ50mあるエレキングの角まで届かせる遠投力、そのロープを引っ張ってエレキングを倒れさせるくらいの力……タロウ世界の日本の未来は明るいですw そして登場するなりやられて子供の方が強かったんじゃと言われるタロウ兄さん……w

次は「沢山怪獣が出る話が見たい」ということで、改造ベムスター、改造サボテンダー、改造ベロクロン二世が搭乗する豪勢な話です。この話といえば大和田獏海野青年の活躍ですよねw ロープで改造ベムスターの顔に飛び移ってナイフで目をグサグサ刺して、実質倒してしまうという……本当「タロウ兄さんのお知り合いってアグレッシブな人多いっすね」ですw

改造ヤプールを見ると、メビウス&兄弟を観に行った時にもらえた当時の児童誌を再録した小冊子で、「エースとの戦いで歪んだ顔を整形手術で治したけど完全には治らなかった」だの「頭が悪くなった」だのボロクソに書かれていたのを思い出して笑ってしまいます。

タロウ登場! そして一番強い改造ベムスターをスルーして改造サボテンダーと戦う! いやまあ改造ベムスターには海野が取り付いているので下手に戦えないですし、ぶっちゃけ海野だけでなんとかなっているのでその海野を殺すために送り込まれた改造サボテンダーを足止めするというのは合理的な判断なのですが、うーんw

改造ベロクロン二世はZATが抑える! ていうか何もさせずに一方的にボコる! スパークドールズ劇団にもツッコまれている通り本当にベロクロン出てきた意味ないいいとこなしなんですよね。

サボテンダー対タロウ、ベロクロン対ZAT、ベムスター(この3体の中ではダントツ最強)対海野というのは本当に変則マッチが過ぎますw

お次は伝説のウルトラ6兄弟を紹介するためムルロア回! この回もムルロアを倒したのはZATなので、人間の強さを語る上では外せない回ですね。生身でここまでやるのはタロウ世界の人間だけな気もしますが。

ウルトラタワーの炎に耐えるため、6兄弟がウルトラ6重合体! いやぁ本当に毎度のことながらウルトラマンってなんでもありですね!w 元は地球人と変わらない生命体だったというのが信じられません。ディファレーター光線凄い。

「みんな怪獣に生身で挑むの好きっすね」
いやまったくw 今回紹介された話以外にも幾つかあったように記憶していますし。

「時に仲間を救うため、時に地球を守るため、仲間と助け合い、共に絆を深めながら成長していく。『兄弟』とは、そんな戦士達に贈られる称号なのだ」
とうわけで、ギンガ劇場SP2のヒカルとその友人達が変身したウルトラ戦士達も『新ウルトラ5兄弟』と呼ぶようです。どうせならここはもう一つの『兄弟』である『超ウルトラ8兄弟』の映像も使って欲しかったですね。

タロウ兄さんがいい話で纏めて、スパークドールズ劇団タロウ終了! 順当に行けば次は80なのでしょうが、ザ☆にしてザ☆ウルトラマン特集とかやりませんかねw


テーマ : ウルトラシリーズ
ジャンル : テレビ・ラジオ

艦これ、やってます

 
souryuulv77.jpg

蒼龍、77までレベル上げ完了! 多分改二改造レベルは飛龍合わせで来ると思うので、これで大丈夫でしょう。実際は飛龍にはミッドウェーで武勲があるけど蒼龍は何もせずに沈んだので、もっと高くなる可能性も十分ありますが疲れたので慢心しときます。そもそも蒼龍が改二確定したわけでもないんですが、艦これで「飛龍の僚艦」と言えば蒼龍で大丈夫だと思います。そこまで捻くれたなぞなぞみたいなことして悦に入る運営ではありませんし。


sendai.jpg

あとアリューシャンでは軽巡が主だったとかいう話を見て、ちょうど改二が実装された川内を育て始めてみました。今まで全く使っていなかったので夜戦キチ扱いされているのって赤城の大食いのような二次創作的な風評被害だと思っていたのですが、本当に事ある毎に夜戦夜戦連呼しますねこいつ。


テーマ : 艦隊これくしょん~艦これ~
ジャンル : オンラインゲーム

冷やしている者のプロフィール

宇宙落描き

Author:宇宙落描き
宇宙を漂う奇妙な落描き

興味を持ったことにはなんにでも首を突っ込む、無茶で無謀な生命体。
「アンテナは浅く広く」が信条なので、節操なく色々書いていくつもりです。

冷やしカウンター
冷やしカレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
よく冷えた最新記事
冷却カテゴリー
冷やし月別アーカイブ
冷え具合を検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
この冷やしブログについて
内容:
主に私が気に入ったもの(テレビ番組、映画、本、玩具、ニュース等色々)の感想が主となっています。

コメント:
基本的に構ってちゃんなので、されると狂喜します。なので畏まらず、一言程度のことでもお気軽にどうぞ。
ただし、記事と全く無関係な宣伝等のこちらで不適切と判断したコメント(滅多にないでしょうが)は見つけ次第削除させて頂きます。

リンク:
貼るのも剥がすのも自由です。ご報告してくださると狂喜乱舞して貼り返させて頂きますので、してくださる場合は最新記事にお願いします。

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる