仮面ライダー鎧武 第47話(最終話)「変身!そして未来へ」簡易感想

 
光実の罪って本人が反省して身近な人が許せばそれでいい限度を超えてるだろということさえ忘れてしまえば、鎧武の中ではかなりマシな部類の話でした(勿論他の平成ライダー最終話と比べると最底辺ですが

普通なら改心させて味方に入れるならその過程で絶対にやらなければならないのに、何故か今まで頑ななまでにやらなかった「初瀬ちゃんの死を知って自らの行いを悔いる城乃内」をちゃんとやってくれたのは素直に評価します。完全に手遅れとは思うけど、メインライターさんが本当に頑なにやらなかったんだからしょうがないですよね。そこから「初瀬ちゃんが変身していた黒影に変身して、初瀬ちゃんを思いながら戦う」という流れもよかったです。贅沢を言うと何もできずにボコられて終了ではなく、イナゴ怪人くらいは倒して欲しかったですが。イナゴって極やバモンでも苦戦するくらいの強敵だった? この作品のパワーバランスなんてもうとっくに滅茶苦茶ですやん。

光実が龍玄に変身して、必死に戦うところまでは最初に言ったようにこいつ今更そんなに綺麗なドラマできる奴じゃないぞということさえ忘れるよう努力すればなかなかよかったのですが、恥まりの男……じゃない、ギャグにしかなってないヅラコスプレ紘汰が出てきて台無しでした。ここは「光実の再生と新たなスタート」という意味でも、「仮面ライダー鎧武のいない世界にも希望はある」という意味でも、紘汰を前面に出しゃばらせずに解決しなければいけなかったところでしょう。龍玄1人でコウガネを倒してしまうことに説得力がないとか人質の女の子どうするのというなら、それこそ城乃内黒影と2人でやればよかっただけですし、女の子はそれ自体が紘汰を出すためだけのギミックで特にそれ以外の必然性はありませんでしたし。あとあのヅラコスプレ見ると吹いてしまって雰囲気まで台無しなんです!


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 仮面ライダーガイム 鎧武
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

冷やしている者のプロフィール

宇宙落描き

Author:宇宙落描き
宇宙を漂う奇妙な落描き

興味を持ったことにはなんにでも首を突っ込む、無茶で無謀な生命体。
「アンテナは浅く広く」が信条なので、節操なく色々書いていくつもりです。

冷やしカウンター
冷やしカレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
よく冷えた最新記事
冷却カテゴリー
冷やし月別アーカイブ
冷え具合を検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
この冷やしブログについて
内容:
主に私が気に入ったもの(テレビ番組、映画、本、玩具、ニュース等色々)の感想が主となっています。

コメント:
基本的に構ってちゃんなので、されると狂喜します。なので畏まらず、一言程度のことでもお気軽にどうぞ。
ただし、記事と全く無関係な宣伝等のこちらで不適切と判断したコメント(滅多にないでしょうが)は見つけ次第削除させて頂きます。

リンク:
貼るのも剥がすのも自由です。ご報告してくださると狂喜乱舞して貼り返させて頂きますので、してくださる場合は最新記事にお願いします。

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる