ガンダム Gのレコンギスタ 第4話「カットシー乱舞」超簡易感想

 
カットシー乱舞……したけど、デレンセン機以外はグリモアに翻弄されてまともな戦果も挙げられず大損害だけ出すという冴えない結果でした。これはゴンドワンという国と大陸間戦争していたらしいアメリアと今まで戦いらしい戦いを経験していなくてアーミィが設立されたばかりのキャピタルとでは、兵士の練度が大きく違うということなんでしょうね。デレンセンが二度もモンテーロを翻弄していたの見ると、カットシーの性能自体は「腕利きが乗ればエースにも対抗できる」程度には悪くないみたいですし。

クリムはあれですね、前回から薄々そうなんじゃないかとは思っていましたが公式ネタキャラですね。「目が綺麗」「いつも言われていることだ」とアイキャッチの踊りで吹きました。ノレドとラライアを人質に取ってベルリにGセルフ操縦を強要するって悪役っぽいことやっているのに、イマイチ凄みがありませんw デレンセンを優秀な軍人だと認めるところはただのアホじゃないところでよかったですけどね。

窮地に陥ったベルリが発動させた、Gセルフの謎の力。直近作品であるユニコーンのサイコフィールドを思い起こさせる描写でしたが……やはりGセルフは色々と特別な機体のようですね。それを動かせるベルリとアイーダも謎が深まります。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : Gのレコンギスタ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ガンダム Gのレコンギスタ 第4話「カットシー乱舞」

ガンダム Gのレコンギスタの第4話を見ました。 第4話 カットシー乱舞 海賊部隊に囚われの身となったベルリはノレドとラライヤを人質に取られ、クリムにG-セルフを動かすように指示される。 「クリム中尉!」 「敵の能力チェックです」 「艦長の許可は!?」 「よろしく取り計らっていただきたい。行け」 「クリム中尉」 「アイーダ様の話が本当ならこの女子にも試させたいの...

コメントの投稿

非公開コメント

冷やしている者のプロフィール

宇宙落描き

Author:宇宙落描き
宇宙を漂う奇妙な落描き

興味を持ったことにはなんにでも首を突っ込む、無茶で無謀な生命体。
「アンテナは浅く広く」が信条なので、節操なく色々書いていくつもりです。

冷やしカウンター
冷やしカレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
よく冷えた最新記事
冷却カテゴリー
冷やし月別アーカイブ
冷え具合を検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
この冷やしブログについて
内容:
主に私が気に入ったもの(テレビ番組、映画、本、玩具、ニュース等色々)の感想が主となっています。

コメント:
基本的に構ってちゃんなので、されると狂喜します。なので畏まらず、一言程度のことでもお気軽にどうぞ。
ただし、記事と全く無関係な宣伝等のこちらで不適切と判断したコメント(滅多にないでしょうが)は見つけ次第削除させて頂きます。

リンク:
貼るのも剥がすのも自由です。ご報告してくださると狂喜乱舞して貼り返させて頂きますので、してくださる場合は最新記事にお願いします。

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる