HG ガンダムグシオン、マンロディ

 
gusionmanrokai_12.jpg

買ってきてパチ組みしました、HGグシオンとマンロディ。


gusionmanrokai_01.jpg

まずはガンダムグシオン。この一目で超重装甲!ってわかるフォルムがいいですね。パーツ一つ一つは大きいけれど分割が非常に凝っていて、胴体四隅の小さい四角と肩の矢印以外はほぼ色分けできています。武器を全部背中にマウントできるのも嬉しいです。


gusionmanrokai_06.jpg

背中側も重装甲でみっちり覆われています。重量を補うために装甲内部に大容量の推進剤タンクを内蔵しているので、説得力のある外見です。


gusionmanrokai_05.jpg

顔はガン……ダム……?って感じですが、ツインアイに2本のアンテナ、アンテナの間の五角形とよ~~~~く見るとガンダムっぽい記号が散りばめられているのが面白いです。


gusionmanrokai_02.jpg

武器は標準的なアサルトライフルとブースター内蔵というイカす設定のグシオンハンマー。鉄血世界では射撃武器は遠距離ではほぼ豆鉄砲にしかならないので、アサルトライフルは本当に安全に近付くための牽制用ですね。


gusionmanrokai_03.jpg

gusionmanrokai_04.jpg

可動範囲は最低限肘膝は180度曲がって腰は障害なく一回転できなきゃいけない!という主義の方には物足りないことこの上ないでしょうが、体型の割には意外とよく動きます。肘は90度が限界ですが膝はそれ以上曲がりますし、肩周りがよく動くので画像のようにハンマーを両手持ちで振り上げて振り下ろすポーズもなんとか取れます。


gusionmanrokai_07.jpg

もう一つ、グシオンを参考にした量産機なのかと思ったら全く関係なかったマンロディ。「重装甲から来る機動性の低さをブースターで無理矢理補っているので、重力圏内での運用は考えられていない」という設定からすると、グシオンよりも足が完全にブースターだけになっているこちらの方がデザインに説得力があって好きです。


gusionmanrokai_08.jpg

こちらはエイハブリアクターが剥き出しになっていて、グシオンほど重装甲ではないことが伺えます。


gusionmanrokai_09.jpg

三角形が3つ並んだカメラアイが特徴的な頭部。なんだか蛙っぽいです。


gusionmanrokai_10.jpg

鉈の背に金槌をくっつけたというイカす武器、ハンマーチョッパー。最初見た時ハンマー部分がブースターで無理やり相手の装甲をカチ割る武器なのかと思いました。


gusionmanrokai_11.jpg

アサルトライフルは設定ではグシオンと全く同じものですが、キットでは地味に形状が違っています。


どちらも面白いデザインを上手いこと再現していて、バンダイのガンプラの技術力ってやっぱり凄いですね。マンロディはともかくグシオンはHGでボリュームを再現したのでちょっとグラついて不安定なところもありますが、これで1200円というのは非常にお買い得に感じました。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

冷やしている者のプロフィール

宇宙落描き

Author:宇宙落描き
宇宙を漂う奇妙な落描き

興味を持ったことにはなんにでも首を突っ込む、無茶で無謀な生命体。
「アンテナは浅く広く」が信条なので、節操なく色々書いていくつもりです。

冷やしカウンター
冷やしカレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
よく冷えた最新記事
冷却カテゴリー
冷やし月別アーカイブ
冷え具合を検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
この冷やしブログについて
内容:
主に私が気に入ったもの(テレビ番組、映画、本、玩具、ニュース等色々)の感想が主となっています。

コメント:
基本的に構ってちゃんなので、されると狂喜します。なので畏まらず、一言程度のことでもお気軽にどうぞ。
ただし、記事と全く無関係な宣伝等のこちらで不適切と判断したコメント(滅多にないでしょうが)は見つけ次第削除させて頂きます。

リンク:
貼るのも剥がすのも自由です。ご報告してくださると狂喜乱舞して貼り返させて頂きますので、してくださる場合は最新記事にお願いします。

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる