figure complex ムービー・リボ ウルトロン

 
「皆、自分が恐れるものを作ってしまう。平和を求める男は戦争の道具を作り、侵略者はアベンジャーズを作り、そして人間は……小さい人間、いや……子供だ、言葉が出てこなかった。子供を作る。親に取って代わり、親を……終わらせる、存在だ」


rivoultronkai_01.jpg

というわけで、ムービー・リボのウルトロンです。エイジ・オブ・ウルトロン劇中でウルトロンは2回ほどボディを取り替えますが、これはアベンジャーズタワーから逃走してから終盤まで使用したプライムになります。ウルトロンの可動フィギュアはフィギュアーツでも出るのでどちらを買うか非常に迷ったのですが、早い+安いでリボを選びました。やっぱり来年5月は遠いです。
劇中では背が高く手脚も細くてヒョロッとしていましたが、アレンジされて手脚が太くガッチリしたムッキムキ体型になっています。劇中再現度という意味ではイマイチなものの、強そうでかっこいいです。塗装も全身の銀の発色がよく、リボの塗装でよくあるムラやハネもほぼありませんでした。
可動は山口式可動特有の癖はありますが、ポーズが決まるという点ではよく動きます。気になったのは股関節の前後可動が非常に狭いこと。前は90度上がらないし後ろには全く動きません。あと注意点として、肩関節が力がかかる場所なのに使われているのが小さいダブルジョイントなので、気温が低く本体が硬くなっているのもあって普通に動かそうとしただけで簡単にリボ球がバラけます。まあバラけてもリボ球なので、ラジオペンチとかで引っこ抜いて嵌め直せば簡単に直せますが。


rivoultronkai_02.jpg

フレームだけでスカスカの胴体も再現されています。頭の赤いラインの塗装が省略されているのがちょっと残念。


rivoultronkai_03.jpg

眼球可動ができるので、劇中印象的だった首を傾げて見下すポーズもできます。ただ私が不器用なので、目線を狙った位置で止めるのに非常に苦労しました。この位置にするだけで20分かかってたり……


rivoultronkai_04.jpg

左手用の多分劇中発射してた指ビームと思しきエフェクトが付属します。開き手の指に差し込むので、右手には使えません。


rivoultronkai_05.jpg

気になるフィギュアーツアイアンマンとの身長差。劇中戦ったマーク43と並べてみました。だいたい頭一つ分大きいくらいで劇中ほどの差はないですが、パッと見で大きいとわかるくらいのサイズ差はあるので悪くないのではないでしょうか。


rivoultronkai_06.jpg

ワカンダでのアイアンマンとの一騎討ち。まあ割とあっさりやられちゃいましたが。

ちょっと工夫のいる股関節以外は素直によく動くし塗装も綺麗だし、リボの中でも扱いやすい部類で買ってよかったです。これでようやくアベンジャーズ仲間割れ以外でもブンドドできますし。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

冷やしている者のプロフィール

宇宙落描き

Author:宇宙落描き
宇宙を漂う奇妙な落描き

興味を持ったことにはなんにでも首を突っ込む、無茶で無謀な生命体。
「アンテナは浅く広く」が信条なので、節操なく色々書いていくつもりです。

冷やしカウンター
冷やしカレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
よく冷えた最新記事
冷却カテゴリー
冷やし月別アーカイブ
冷え具合を検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
この冷やしブログについて
内容:
主に私が気に入ったもの(テレビ番組、映画、本、玩具、ニュース等色々)の感想が主となっています。

コメント:
基本的に構ってちゃんなので、されると狂喜します。なので畏まらず、一言程度のことでもお気軽にどうぞ。
ただし、記事と全く無関係な宣伝等のこちらで不適切と判断したコメント(滅多にないでしょうが)は見つけ次第削除させて頂きます。

リンク:
貼るのも剥がすのも自由です。ご報告してくださると狂喜乱舞して貼り返させて頂きますので、してくださる場合は最新記事にお願いします。

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる