仮面ライダーアマゾンズ Episode 10.JUNGLE LAW 簡易感想

 
あんまり密林の法って内容じゃなかったような……そろそろアルファベット順サブタイと内容こじつけるのが厳しくなってきたのでしょうか。


 
 
「ここで潰す」とか言いつつ、情報収集のためにスマホで撮影してた仁は本当に強かです。とはいえ流石にシグマの強さは予想外だったようで、七羽が助けに来てくれなかったら逃げるのも危うかった感じですが。

首を蹴られて吹っ飛んで、明らかに首が折れたような音がしたのに「効いては……いるらしい」で済ませるシグマは極めて不気味です。アマゾンズドライバーに追加された痛覚遮断機能のおかげですね。ただ痛みって確かに行動を制限もしますが体の異常を知らせる信号なわけで、それを一切感じなくさせてしまうということは本当に「兵士」ではなく「使い捨ての兵器」なんですね、橘が目指すアマゾンは。

新型アマゾンの量産に入ろうとする橘。「ボディの調達先は例の病院とも契約する予定だ」ということは、以前から野座間製薬に死体を提供するような病院があるということですよね……そりゃあ製薬会社なら病院にコネの一つや二つあって当然ですが。

トラロックの由来を知ってる福田は流石博識ですね。志藤はいい稼ぎがなくなるーメインの反応するかと思ったら、「虫がいなくなるのに越したことはない」と意外と人間としては良識的な反応でした。まあ駆除率は8~9割に落ちるらしいですし、少なく見積もっても100体以上のアマゾンが生き残る計算になるのでそうそうあっさり御役御免にはならないと思いますが。
悠は……まだ何もしていないなら殺す必要はないというのも理解はできるんですが、腕輪が青でも人肉食欲求はあっていずれ必ず覚醒して人食いを始める種なんですよねアマゾンって……

美月を見かけて車止めてあげる福田はいい人ですね、無愛想だけど。空気読まずに美月のとこに行こうとして望に襟首掴まれる三崎には笑いました。その後も悠と美月が深刻な話してる後ろで行こうとしては望に引っ張られてるしこいつほんと美味しいな。

「悠らしい」とはなんなのか……今は悠もそれを見つけられていないんですよね。心の奥底にある本能は戦いと殺戮を愉しむものですが、たとえアマゾンであっても無条件で殺すことには躊躇する優しい悠も偽りなんかではないわけで。シーズン1はテーマ的にはここに帰結しそうな気がします。

「何あれ……羨ましい!」
「(物凄くいい笑顔)」
「くうぅ~!」
「お邪魔しま~す。なに、乗んの?」
「乗るよ!」

この2人絡むとほんと面白いわぁー。

新たなアマゾンはどうやら死体という「器」があるので見た目は生前と全く同じになりますが、既に死んでいるために人格は引き継がれないようです。つまりシグマはアマゾンが前原の猿真似をしているに過ぎないわけで……かつて修羅場を共に潜り抜けた駆除班からすれば、前原の姿も人格も死も徹底的に侮辱されたわけで、そりゃキッツイですね……

仁がなんで親切に教えに来てくれたのかと思ったら、自分1人じゃ敵わないから悠とマモルを借りるためでしたか。まあメインはマモルで悠は別にいいけど借りれるなら借りとくかぁーな感じでしたが。

「お前も一応アマゾンだろ」
「ああそうだよ。俺が1匹残らず殺す、アマゾンの中の1匹だ」

仁の「アマゾンは1匹残らず狩り尽くす」という覚悟が、自分まで含めたものだとは思いませんでした。いつかは自らも殺すという壮絶すぎる覚悟を、まるで今から昼飯食いに行くかーみたいな軽い調子で言うのは逆に物凄い迫力あります。

目を見開いたまま調整を受ける前原が、まさに「試作品」という感じで三崎ではないですが何してくれちゃってんだよという気持ちになります。しかも新型アマゾンのテストに使いたいから一斉駆除はしないでねーとか橘のぶっ壊れ具合が凄い……新製品を開発して利益を追求するという意味で、正しい企業人ではあるのですが。

仁と七羽の、なんやかんやあるけど本当に互いを想い合っている関係いいですね。自分が死んだ後のことを言い出そうとするけど言えない仁も、それを多分聞こえていただろうけど聞こえていなかったフリで聞き返す七羽も切ないです。

駆除班を追い出される悠。マモルだけじゃなく三崎も望も止めようとするところで、悠が駆除班で単なる最大戦力としてではなく仲間として絆を築いてきたことがわかります。志藤もアマゾンを駆除するという駆除班の仕事上置いておけずに追い出しはしましたが、やるせなさそうでしたし。

前原の死体に宿ったアマゾンが、前原の人格を真似ているのはなんでなんですかね。まさか駆除班の動揺を誘うためじゃないでしょうし、本人の人格は消えるけど脳細胞と同化したアマゾン細胞が模倣していたりするのでしょうか。

オメガの猛攻を受けて体の一部を引き千切られても、「終わりか?」で済ますシグマが怖いです。今までのアマゾンの人を食う凶暴な生物とは別ベクトルの怖さです。ところで「4手で詰む」ってオメガはアルファより弱いってことですよね……まあ納得ですが。

「1!」でハイキック、「2!」でガードされてもガードごと吹っ飛ばす強烈なパンチと、前回に続いてシグマのアクションは不気味ですがかっこいいです。

「3!」で放たれた貫手が、オメガの体を貫通する……! ニチアサで見る「貫通したように見えるかもしれない」なんてヌルい演出じゃなく、これ以上ないってくらい貫通しています。血も出まくりです。倒れるオメガ、広がる血、這い寄るマモル、悠然と立つシグマ、立ち尽くす駆除班……という画を真上から見下ろしたカメラワークが面白いです。これクレーンかなんかで撮ったんですかね。

この引きで、予告でピンピンしている悠とオメガを映すのはちょっとないと思うんです。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 仮面ライダー
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

冷やしている者のプロフィール

宇宙落描き

Author:宇宙落描き
宇宙を漂う奇妙な落描き

興味を持ったことにはなんにでも首を突っ込む、無茶で無謀な生命体。
「アンテナは浅く広く」が信条なので、節操なく色々書いていくつもりです。

冷やしカウンター
冷やしカレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
よく冷えた最新記事
冷却カテゴリー
冷やし月別アーカイブ
冷え具合を検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
この冷やしブログについて
内容:
主に私が気に入ったもの(テレビ番組、映画、本、玩具、ニュース等色々)の感想が主となっています。

コメント:
基本的に構ってちゃんなので、されると狂喜します。なので畏まらず、一言程度のことでもお気軽にどうぞ。
ただし、記事と全く無関係な宣伝等のこちらで不適切と判断したコメント(滅多にないでしょうが)は見つけ次第削除させて頂きます。

リンク:
貼るのも剥がすのも自由です。ご報告してくださると狂喜乱舞して貼り返させて頂きますので、してくださる場合は最新記事にお願いします。

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる