スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーアマゾンズ Episode 12.LOST IN THE FOG 簡易感想

 
アマゾンズ、とうとう最終局面です。カタストロフが迫り、惨劇と悲劇が巻き起こる中、生き残るのはいったい誰なのか……ここまで見入ったライダーは久しぶりかもしれません。


 
 
フクさん、マモちゃんの異常に気付いてたんならきちんと報告しましょうよ……いやまあ上に報告してマモルが人肉の味を覚えちゃったことが明らかになったら殺処分待ったなしなので、躊躇ったというのも理解はできるんですけども。仲間への情は非常に深いですからね、駆除班の面々。

予告で意味ありげに出てきたように見えた金のアマゾンズレジスターは、単に抑制剤を過剰投与してアマゾンの本能を抑えつけるだけのものでした。なんかマモちゃんに使われそうな気がしますねこれ。

遠回しに七羽に永遠の別れを告げる仁と、仁が死ぬつもりだと気付いていながらも止められない七羽がもうね……一筋涙を流すのが凄く切ないです。

この期に及んで「悠を家(檻)に戻す」で一貫している美月はこれはこれで天晴というかなんというか……でも次回予告でおもいっきし拒絶されてましたね。

三崎に警告する時に、他のメンバーに聞かれないようにサッとマイクを外す福田が相変わらずかっこいい。こういう細かい動作までしっかりしているのも、アマゾンズのいいところの一つですね。

レストランの妙に目立ってた客アマゾン改めミカ、生きていたんですね。公式サイトを見るとアマゾン駆除薬に耐性を持つと書かれていました。また集団で行動していたところを見ると、あの後仲間を集めて地下に潜ったようですね。
今回の件は、ミカと一緒に地下に潜伏していたアマゾンの一人(コウモリアマゾン2)が人を襲って食って覚醒してしまったために、野座間製薬に隠れ家を探知されたということでいいのでしょうか。他の未覚醒アマゾンの手や服にも血がべったり付いていましたし、彼女らもおこぼれに与っていたのは想像に難くありませんが。

コウモリアマゾン2、Aランクだけあって駆除班の総力と互角に渡り合う強さでした。駆除班の方も、第1話では同種同ランクのコウモリアマゾンに全く敵わなかった(クモアマゾン2もいて戦力が分散していたとはいえ)のが互角に戦えているところで、悠の加入が大きかったのがよくわかります。

「わタシは見たい! 一大実験場と化したこの街で、何が起きるのかを!」
うわぁ……(ドン引き
これ、研究所で「事故」が起きて実験体が逃走したのも会長の思惑通りですよね……アマゾンを逃がして人間との生存競争の場に放り込むことで、更に強い命が生まれるかもしれないっていう……仁の言った通り、一番おかしいのは間違いなくこの人です。悠関連でイカれたところを見せた水澤本部長や死体をアマゾン兵器として再利用しようとした橘も、会長に比べればまだまともに見えます。

ハチアマゾンの覚醒を皮切りに、一斉に大量覚醒するアマゾン達! これは本能的に種の存続に関わる大きな危険が起きることを察して、生き延びるために覚醒したのでしょうか。それはともかく、スーツ使い回しの怪人大量発生が起きると終盤って気がしてきますね(平成一期並感

「あーあ……お前ら作るの大変だったんだよなぁ……だからさ、可愛いんだよ。ほんとだぞ? けどな……俺達には、お前らに食われる覚悟がまだできてなかった。どこにも置いておけないんだよ。悪いな。その代わり、俺が責任持って地獄へ案内してやる」
人食いのモンスターを作ってしまった責任感、自らが生み出した生物への愛、それを自らの手で殺し尽くさなければならない悲しみ、そして戦いの快楽……この台詞と、鬼気迫る狂った笑い声を上げながらアマゾンと戦うアルファは、仁がどんな気持ちで戦っているのかを雄弁に物語っていて胸が一杯になりました。駄目人間で悲しい宿命を背負っていてかっこいいよ仁……

「ごめん……! そうなったらもう、僕は助けられない! 美月も、絶対にあげられない! 勝手で冷たいけど、僕はこれでいい! 僕は、僕の声に従う!」
結局悠が行き着いた結論はこうですか。巡り巡って、初めてオメガに変身した時と同じ「僕の中の声に従う」というところに戻ってきたんですね。悠の助けるか狩るかの線引きは
・覚醒したアマゾン:狩る
・未覚醒だけど自分の見てる範囲内で人を襲ったり攻撃してきたアマゾン:狩る
・未覚醒で自分の見てる範囲内では人を襲っていないアマゾン:助ける

ってとこですかね。今回のミカをはじめとする未覚醒アマゾンは明らかに人を食っていましたが見逃しましたし。ぶっちゃけ人間から見てもアマゾンから見ても身勝手でふざけんなって感じの線引きですが、本人がいっぱい悩んで身勝手ってことは自覚して出した答えなので外野がどうこう言うことはできませんね。「水澤悠」の出した結論としては納得できるものでもあります。

自らが出した答えに従い責任を取るために、トラロックが迫っていても構わずハチアマゾンと戦うオメガがアルファとは別ベクトルにかっこいいです。

案の定トラロックで街中に地獄絵図が巻き起こっているのですが、これ隠蔽し切れるのでしょうか……いくらなんでも無理でしょこれ……

ああ……そしてそんな地獄の中でまた悲劇が……かなり暗い画面で見難くしているとはいえ、モグラアマゾンが「ちょっとだけ……ちょっとだけね……」と言いつつもぎ取った三崎の腕をぐちゅぐちゅと貪り食っているのはショッキングな画です。目を逸らしながらもマモルを撃とうとする福田も、それを「(腕輪が)まだ青だから!」と必死で止める三崎も、そして絆の5円玉を見て我に返って自分がやってしまったことに絶叫するマモルも辛い……
今までずっと生死を共にしてきた仲間とはいえ自分の腕を食っている怪物が撃たれるのを止めるとか、三崎どんだけいい人なんですか……ここまでして自分を守ってくれる人を、マモルがアマゾンの本能に流されて食ってしまったというのも悲しい……あまりにも悲しすぎます。

悠にとっては、美月の存在が安らぎだったのも間違いないんですね。そして悠はマモルをどうするのか……先ほどの線引きに従えば、もう狩らなければならない存在ですが……


LAST HUNT


「フゥゥゥゥ……!」
「アァァァァ!」
「フゥゥゥゥゥゥ!」
「マァァァァァ!」
「ウアァァァァァァ!」
「ゾォォォン!」

「アマゾンッ!」


amzslastyoko_01.jpg

amzslastyoko_02.jpg

amzslastyoko_03.jpg


Last Episode
M



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 仮面ライダー
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

冷やしている者のプロフィール

宇宙落描き

Author:宇宙落描き
宇宙を漂う奇妙な落描き

興味を持ったことにはなんにでも首を突っ込む、無茶で無謀な生命体。
「アンテナは浅く広く」が信条なので、節操なく色々書いていくつもりです。

冷やしカウンター
冷やしカレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
よく冷えた最新記事
冷却カテゴリー
冷やし月別アーカイブ
冷え具合を検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
この冷やしブログについて
内容:
主に私が気に入ったもの(テレビ番組、映画、本、玩具、ニュース等色々)の感想が主となっています。

コメント:
基本的に構ってちゃんなので、されると狂喜します。なので畏まらず、一言程度のことでもお気軽にどうぞ。
ただし、記事と全く無関係な宣伝等のこちらで不適切と判断したコメント(滅多にないでしょうが)は見つけ次第削除させて頂きます。

リンク:
貼るのも剥がすのも自由です。ご報告してくださると狂喜乱舞して貼り返させて頂きますので、してくださる場合は最新記事にお願いします。

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。