HG ガフラン


HG 1/144 ガフラン (機動戦士ガンダムAGE)HG 1/144 ガフラン (機動戦士ガンダムAGE)
(2011/10/01)
バンダイ

商品詳細を見る


hg_gafran_01.jpg

ジィィィィィィィィ...
ピポポポポポポポポポ

というわけで、今回は現在放送中の『機動戦士ガンダムAGE』から、HGで発売されたガフランを紹介します。

画像を撮ったはいいけどすっかり忘れていたので本編が終盤に入りつつある今更になってしまいましたが、よろしければよろしければ続きを読むからどうぞ。


ガフランは、劇中初めて登場したヴェイガン(フリット編ではUEと呼ばれていましたが)のMSです。生物的なフォルムにモンスターのような形態への変形等、今までのMSとは全く異なる特徴を備えています。
劇中では最初に登場したMSであり、連邦軍相手に圧倒的な性能差を見せてフリットが初めての実戦だったとはいえガンダムAGE-1を翻弄したりと割と印象深い機体でした。Gエグゼスが登場して、ドッズライフルが量産されるようになってからはワラワラ湧いてきては撃ち落とされる典型的な雑魚に成り下がりましたがw
次世代のアセム編でも度々出てきて、50年以上後のキオ編でも地球潜伏部隊やセカンドムーン防衛部隊に配備されているところにヴェイガンの懐事情の苦しさが垣間見えます。


hg_gafran_02.jpg

hg_gafran_03.jpg

MS形態。
無気味な感じをよく表現できていると思います。劇中と比べるとちょっとゴツくて強そうかな?
元々色の少ない機体なので、色分けはほぼ完璧です。


hg_gafran_04.jpg

hg_gafran_05.jpg

兜を被っているような、独特の頭部。
顎が変な分割されていて目立ちますね。


hg_gafran_06.jpg

胸部の拡散ビーム砲はクリアパーツが使われていますが、奥まった場所にある上に裏にホイルシールも貼らないのでわかりにくいです。


hg_gafran_07.jpg

hg_gafran_08.jpg

手は平手と握り拳が両手分付属します。
平手のビームバルカンはBL接続である程度動きます。


hg_gafran_09.jpg

ビームバルカンの銃口には、設定通りビームサーベル(UCや種系の細い丸軸)を付けられます。
本来はヴェイガン機のビーム系兵器は全て黄色なのですが、黄色のサーベルは持っていないのでピンクで代用しています。


hg_gafran_10.jpg

尻尾のようなビームライフルは劇中通り担ぐように構えさせることができます。


hg_gafran_11.jpg

hg_gafran_12.jpg

脇から構えたり股間から出したりと、結構動かせて楽しいです。


hg_gafran_13.jpg

可動について気になるところ。
肘は二重関節なのにこれくらいしか曲がりません。


hg_gafran_14.jpg

首はちょっと特殊な接続ですが、可動範囲は広いです。


hg_gafran_15.jpg

全体的に、動かないというほどではないのですが動かしにくい感じですね。特に腰のバインダーが結構邪魔になります。


hg_gafran_16.jpg

さてガフラン最大の特徴である変形を。
まずは付け根から腕をぐぐっと前に出します。


hg_gafran_17.jpg

頭部の兜のようなカバーを開き、顎部分を下げます。
キットのままだとあまり顎が下がらず見た目が変わらないので、干渉部分を削ってちょっとだけ広げています。


hg_gafran_18.jpg

腰のバインダーをばさぁっと開きます。


hg_gafran_19.jpg

脚を膝のところから逆に曲げ、爪先をくるっと回して爪にします。
ここが差し替えなしだったのは、上手いことやったもんだなーと感心しました。


hg_gafran_20.jpg

最後にビームライフルを後ろに回して伸ばして……


hg_gafran_21.jpg

hg_gafran_22.jpg

飛行形態に変形完了!
設定では、この頃ヴェイガンは地球圏内にアンバット以外の拠点を持っていなかったのでMS単独での長距離侵攻を行うための形態だということになっています。
このゲテモノな見た目がたまりません。こういうの大好物です。
一応ドラゴン形態らしいのですが、私は何故か羽の生えた犬に見えてしょうがないですw


hg_gafran_23.jpg

顎を開いて口っぽくしているのは上手いですね。


hg_gafran_24.jpg

簡単な変形ではありますが、差し替え一切なしでできるのが凄いです。二足歩行から四足歩行っぽい姿に変わり、羽を広げるのでシルエットが大きく変わって面白いです。顔も大きく印象が変わりますし。


hg_gafran_25.jpg

敢えて砲撃形態にしてみたり。


hg_gafran_26.jpg

hg_gafran_27.jpg

MS形態で全部展開してみました。
なんとも悪魔チックでこれはこれでいいですね。というか劇中でもアセム編以降は変形せずに、こんな感じでバインダーを翼にして飛んでいることが多いです。


hg_gafran_28.jpg

hg_gafran_29.jpg

hg_gafran_30.jpg

全部剥いでみました。
こうして見るとかなり細身なのが強調されて……ってドラドだこれー!w


hg_gafran_31.jpg

以上、HGガフランでした。
AGEシリーズ最初期のものですが、構造がよく考えられていて作っていても楽しいキットでした。今までのMSとは感じが違うので、そういう点でも面白かったですね(と偉そうに言えるほどたくさんガンプラを買ってはいませんが……)。
特に飛行形態は無気味な中にもちょっとかわいらしさもあって、かなり気に入っています。
デザインの都合で一部やや動かしにくいところがありますが、それ以外はかなり満足しました。やっぱりAGEは味方よりも敵側の方がいいですね(ゲテモノ好き)。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

冷やしている者のプロフィール

宇宙落描き

Author:宇宙落描き
宇宙を漂う奇妙な落描き

興味を持ったことにはなんにでも首を突っ込む、無茶で無謀な生命体。
「アンテナは浅く広く」が信条なので、節操なく色々書いていくつもりです。

冷やしカウンター
冷やしカレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
よく冷えた最新記事
冷却カテゴリー
冷やし月別アーカイブ
冷え具合を検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
この冷やしブログについて
内容:
主に私が気に入ったもの(テレビ番組、映画、本、玩具、ニュース等色々)の感想が主となっています。

コメント:
基本的に構ってちゃんなので、されると狂喜します。なので畏まらず、一言程度のことでもお気軽にどうぞ。
ただし、記事と全く無関係な宣伝等のこちらで不適切と判断したコメント(滅多にないでしょうが)は見つけ次第削除させて頂きます。

リンク:
貼るのも剥がすのも自由です。ご報告してくださると狂喜乱舞して貼り返させて頂きますので、してくださる場合は最新記事にお願いします。

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる