ウルトラマン列伝 感想

 
いつもならゼロがやる冒頭のナビゲーター役がレイに代わっていました。公式ブログによると、ゼロの初登場話なのでレイに任せたらしいですね。

ゴモラVSザラガス、レイとミライとの出会い、ウルトラ一族誕生秘話、そして氷の星と化した光の国へ……でした。実はこの映画のストーリー面って今回でほぼ消化してるんですよねw 後はとにかくアクション目白押しという。
 
ゴモラVSザラガスは公開前の動画配信で見て、ウルトラギャラクシーのトンデモ怪獣バトルから更に進化していて感動したのを思い出します。これで観に行くの確定したんですよね、私は。

ウルトラゼロファイトはいつも通りゼロ無双……かと思いきや、グラシエのハンデ付加により意外な大ピンチ。テクターギアはこう使ってくるとは思いませんでした。怨念でできた鎧というと、ハンターナイトツルギのアーブギアを思い出します。

ゼロが「怨念だろうと全部背負ってやるぜー!」と叫んでかっこよくウルトラマンゼロのテーマがかかったのに、頭突き対決であっさり負けるのは吹きました。その展開は読めなかったわ……w


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なにげにテクターギアがダークロプスの着ていたバージョンなんで、より怨念装備といった雰囲気を出しているのが芸が細かいですね
それにしても、ゴリラレッドキングさんは敵になるとなんだか勝てる気がしない(笑
原作ゲームでの超必殺技である爆熱アッパーカットが大怪獣バトルでも採用されていたらさらに絶望感が増しそうな感じである
そういえば改造ゴモラさんは初代ウルトラギャラクシーの最終回のみでテールランス使ってましたが、その後の第二期やこの映画だと全身超振動波のみになってしまったのがちょっと残念かもです

そういえば、言われてみれば確かにストーリーの流れそのものは今回でほぼ終わっているんですね
あとはとにかくバトルパートとゼロの修行描写のみですし

Re: No title

多分テクターギアをテクターギアブラックにしちゃって戻すの手間だからという理由の方が大きい気がしますが、確かにダークさの表現として上手くいっていたと思います。
EXレッドキングはギャラクシーNEOに比べて、腕の中の人が頑張って振り回している感がだいぶ薄れたのが地味に快挙だと思いますw 盛り上がる最終決戦なのにちょっと笑ってしまいましたから。
ストーリーは最小限にして、とにかくいっぱいキャラを出してアクション盛りだくさんというやり方は賛否両論になりがち(実際平成ライダーをメインに見ているブログではストーリーがないと批判されていました)ですが、この映画の場合それで成功だったと思います。
冷やしている者のプロフィール

宇宙落描き

Author:宇宙落描き
宇宙を漂う奇妙な落描き

興味を持ったことにはなんにでも首を突っ込む、無茶で無謀な生命体。
「アンテナは浅く広く」が信条なので、節操なく色々書いていくつもりです。

冷やしカウンター
冷やしカレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
よく冷えた最新記事
冷却カテゴリー
冷やし月別アーカイブ
冷え具合を検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
この冷やしブログについて
内容:
主に私が気に入ったもの(テレビ番組、映画、本、玩具、ニュース等色々)の感想が主となっています。

コメント:
基本的に構ってちゃんなので、されると狂喜します。なので畏まらず、一言程度のことでもお気軽にどうぞ。
ただし、記事と全く無関係な宣伝等のこちらで不適切と判断したコメント(滅多にないでしょうが)は見つけ次第削除させて頂きます。

リンク:
貼るのも剥がすのも自由です。ご報告してくださると狂喜乱舞して貼り返させて頂きますので、してくださる場合は最新記事にお願いします。

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる