「お任せをメガトロン様。この惑星はもはや我らだけのものです」

 
siegeshockwkai_01.jpg

はい、というわけでトランスフォーマーシージショックウェーブです。
最近のTF展開はちょっと個人的に好みからズレていたのであまり注目していなかったのですが、シージは元々TFの中でもトップクラスに好きなキャラであるショックウェーブが発表されてからビビッときて、久しぶりに本格的に集めだしています(全部ってわけじゃなく気に入ったものだけですが)。
 
 
 
そしてそのショックウェーブですよ! 今までショックウェーブは何回かリメイクされていますが、シージのものは初代ショックウェーブを素直にアップデートしたという感じになっています。全身にみっちりモールドが入っていて、密度半端ないです。可動も標準レベルはあってアクションポーズが決まりますし、目立つところに肉抜きが少なくて安っぽく見えないのも嬉しいです。
ロボットモードで気になるところは、足首の横可動がほぼなくて接地性が悪いところくらいです。


siegeshockwkai_02.jpg

顔のモノアイ周辺にまでモールドびっちり入っているのが本当に凄い! それに集光ギミックがありよく光を取り入れるので、モノアイが電飾ギミックでもあるのかと思うくらい光ります。


siegeshockwkai_03.jpg

ビークルモードはガンダムに出てくる味方側のモブ艦っぽいサイバトロンビークル。艦橋部分がロボットモードの顔そっくりになっているのと、艦尾のロボットモードでは踵になる部分にミサイルポッドっぽいモールドがあるのがお気に入りです。艦首部分下にランディングギアがあって、接地した状態でも綺麗に置けるのも気配り届いています。
変形は大雑把に言って頭を収納、腕を上に回す、バックパックで腕を覆う、脚を縮めるというだけで見たまんまって感じですが、脚側面のカバーを開いて合わせて艦橋部分にするのはちょっとおおっとなりました。


siegeshockwkai_04.jpg

艦橋部分のモノアイも、ロボットモードほどではないですがなかなかよく光ります(私の撮り方が悪くてこの画像だと全然光ってないみたいに見えますが……)。あと横のアンテナっぽい部分を起こすところ、説明書の変形手順に全く書かれていなかったので何度か変形させるまで気付きませんでした。一応イラストではしれっと最後のところで起こしてはいますけど……ネットで見ても起こし忘れている人結構いるので、やっぱりわかりにくいみたいですね。


siegeshockwkai_05.jpg

ちなみにビークルモードで引っ繰り返して艦橋から艦首下部にケーブルを付け替えると……はい、なんと初代を彷彿とさせるレーザーガンになります! というか、タカラトミー公式の商品紹介でも「ロボットモードからレーザーガン型の機体に変形」と書いていて隠す気ゼロです。
グリップが小さいので正直言うとあまり銃には見えませんが、それでも無理矢理にでも初代の変形を再現できるようにしてくれたことには感謝しかありません。


siegeshockwkai_06.jpg

更にアーマーパーツを装着することで、巨大戦艦に! シンプルだったのが、大量の武装が追加されて一気に重武装の戦艦っぽくなりました。これはこれで非常にかっこいいです。


siegeshockwkai_07.jpg

艦首部分のこれ! このいかにも大出力エネルギー砲撃ちそうなところが物凄くツボです。ほんとモールドが細かくて惚れ惚れします。


siegeshockwkai_08.jpg

更にロボットモードでもアーマー装着! 素直にかっこいい方向じゃなく、腕が4本に増えるというちょっと異形気味なパワーアップするのがショックウェーブらしくていいですねー。下駄を履いて背負い物にカバーが付いて肩にアーマーを被せる程度なので、可動範囲はほぼ変わりません。
ビークルモードでの装着でもそうなのですが、ズレ防止用のガイドがあって角度が決め辛いということはなくキッチリ決まるのが本当に配慮行き届いています。
ただ増えた腕は横に広げることができず、広げるには肩自体を動かさないといけないのはちょっと取り回し辛いです。


siegeshockwkai_09.jpg

接続は全てシージ標準の5ミリ丸穴と軸なので、公式の合体以外にも全身の5ミリジョイントに様々な形で装着してカスタマイズすることができます。なんなら他社製品から5ミリ凸凹変換ジョイントを持ってくると、更に可能性が広がります。


siegeshockwkai_10.jpg

更に更に! アーマーパーツだけを合体させることで、ミニビークルにすることができます。ほんともう……最高だな!(語彙力消失


siegeshockwkai_11.jpg

ミニビークル上面にはロボットモードでの装着にも使う5ミリ軸があるので、ショックウェーブを乗せることもできます。なんだかとてもカゲキにタノシイ!
ただこのミニビークル、何故か取説には一切書いてないんですよね……商品紹介には載ってるのに。キッチリ合体するので、最初から意図して設計されたと思うのですが。


siegeshockwkai_12.jpg

ビークルモードだと一番目立つ機首アーマーがロボットモードだと背負うだけなのがなんかもったいないので、なんとかできないかと試した結果手持ち武器にしてみました。必殺バズーカ的な。


siegeshockwkai_13.jpg

……まあ5ミリ軸を手で持っているだけなので、スカスカで割と角度限定な感じですが。


siegeshockwkai_14.jpg

最後に持っているショックウェーブ(レーザーウェーブ)と。こうして見ると……小さいですね、シージショックウェーブ……アーマー装着しても薄い下駄履くだけであまり背は伸びませんし。密度感が凄いし目立つ場所にほとんど肉抜きがなくて作りは贅沢なのですが、その代償がこのサイズ縮小なのでしょうね。


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

冷やしている者のプロフィール

宇宙落描き

Author:宇宙落描き
宇宙を漂う奇妙な落描き

興味を持ったことにはなんにでも首を突っ込む、無茶で無謀な生命体。
「アンテナは浅く広く」が信条なので、節操なく色々書いていくつもりです。

冷やしカウンター
冷やしカレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
よく冷えた最新記事
冷却カテゴリー
冷やし月別アーカイブ
冷え具合を検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
この冷やしブログについて
内容:
主に私が気に入ったもの(テレビ番組、映画、本、玩具、ニュース等色々)の感想が主となっています。

コメント:
基本的に構ってちゃんなので、されると狂喜します。なので畏まらず、一言程度のことでもお気軽にどうぞ。
ただし、記事と全く無関係な宣伝等のこちらで不適切と判断したコメント(滅多にないでしょうが)は見つけ次第削除させて頂きます。

リンク:
貼るのも剥がすのも自由です。ご報告してくださると狂喜乱舞して貼り返させて頂きますので、してくださる場合は最新記事にお願いします。

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる