流行に乗って平成最後の更新をやってみたい

 
siegehoundkai_01.jpg

というわけで、当ブログ平成最後の更新はトランスフォーマーシージハウンドの紹介です!
 
 
 
 
初代ハウンドのイメージそのままに、全身が角ばっていてマッシブな非常にかっこいい見た目に仕上がっていると思います。汚し塗装もジープがモチーフ(正確にはサイバトロン星での姿なのでジープではありませんが)なハウンドには似合っていると思います。マッシブな体格やミリタリーな感じが押し出されているところは、実写映画版のテイストも入っているのかなぁなんて妄想したり。


siegehoundkai_02.jpg

かっこいいお顔しています。どうでもいいですが、撮影の時デジカメの顔認識機能がちゃんと反応してちょっと笑いました。


siegehoundkai_03.jpg

ビークルモードへの変形は、両腕が下に回すだけなのはちょっと手抜き感じましたが、両脚を開いて膝から折り曲げて側面~後部にするのが非常に面白くて癖になります。


siegehoundkai_04.jpg

ビークルモードはジープ風サイバトロンビークル。爪先が畳まれて側面の乗るところになるのがお気に入りです。地味にフロントガラスにクリアパーツが使われているのもいいですね。


siegehoundkai_05.jpg

武器なしだとこんな感じです。


siegehoundkai_06.jpg

可動はどこもほぼ不足なく動きます。特に脚の長さのバランスがちょうどよく膝が深く曲がるので、膝立ちが綺麗に決まるのが素晴らしい! あと、デラックスクラスなのに手首が回るのもいいですね。


siegehoundkai_09.jpg

最初は頭の後ろの板が干渉して首があまり動かないのが残念だなーと思ったのですが、触っているうちに板をちょっとだけ後ろに倒せることに気付きました。これでかなり動かしやすくなります。

siegehoundkai_08.jpg

武器はおなじみ5ミリジョイント接続なので、全身の5ミリ穴に接続できます。


siegehoundkai_07.jpg

更に全ての武器とスペアタイヤっぽい弾倉を合体させてロングライフルに! 手首が回るので、やや無理のある姿勢ですがなんとか両手持ちもできます。

デラックスクラスですが、先日紹介したショックウェーブと同じく目立つ肉抜きは少なくサイズは小さくてもギュッと詰まったボリューム感があって、非常に満足度高いです。シージはずっとこのクオリティを維持してくれるみたいで、後続が更に楽しみになりました。あああ久しぶりにTF沼にハマってしまう……!


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

冷やしている者のプロフィール

宇宙落描き

Author:宇宙落描き
宇宙を漂う奇妙な落描き

興味を持ったことにはなんにでも首を突っ込む、無茶で無謀な生命体。
「アンテナは浅く広く」が信条なので、節操なく色々書いていくつもりです。

冷やしカウンター
冷やしカレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
よく冷えた最新記事
冷却カテゴリー
冷やし月別アーカイブ
冷え具合を検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
この冷やしブログについて
内容:
主に私が気に入ったもの(テレビ番組、映画、本、玩具、ニュース等色々)の感想が主となっています。

コメント:
基本的に構ってちゃんなので、されると狂喜します。なので畏まらず、一言程度のことでもお気軽にどうぞ。
ただし、記事と全く無関係な宣伝等のこちらで不適切と判断したコメント(滅多にないでしょうが)は見つけ次第削除させて頂きます。

リンク:
貼るのも剥がすのも自由です。ご報告してくださると狂喜乱舞して貼り返させて頂きますので、してくださる場合は最新記事にお願いします。

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる