ウルトラマン列伝 感想


ここまで来たら何も言うことはありません。ゼロ無双をお楽しみ下さい!
ベリアルの援護やゴモラの暴走があったとはいえ、ウルトラマン4人+レイが苦戦していた怪獣軍団をものの数分で一掃してしまうのはいっそ気持ちいいほどやり過ぎな暴れっぷりです。新ウルトラマンのデビューとしてはこれ以上ない鮮烈なものだったのではないでしょうか。
ゼロの修行が終わった理由が強さではなく、勝負を捨ててでも小さな命を守ったというのは『ウルトラマン』という存在の本質を表していてあっさり目ですがいいシーンだと思います。

ウルトラゼロファイトはVSガルベロス編。
ゼロが怪獣墓場を彷徨っていたのは、自分がダイナとコスモスの力を得た意味を知るために自分が初めて『ウルトラマン』として戦った怪獣墓場で自分を見つめ直すとかそんな感じのことでした。ノリノリで使っていたのに案外深刻に悩んでいたんですねぇ。
ストロングコロナゼロとの頭突きからの零距離エメリウムスラッシュ対決には笑いました。その手があったかーw ウルトラゼロランスやウルトラキック戦法といった、ちょっと懐かしい攻撃が出たのもいいですね。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

たしかに零距離エメリウムはなんかシュールな対決だったというか、そこでこれが一応は~ファイトシリーズの延長線上にある作品なんだなぁというのが改めて認識できたり(笑
エメリウム対決はダークロプスゼロ相手にもやってた気もしますが、今回のような動きながらというのもいいですね。
それと、幻影側とはいえウルトラゼロランスをなにげに使っていたり、とにかくゼロに付随するアイテムの再利用オンパレード状態ですね。
まぁ番組の方向性からすればそのあたりをがんがんやりつつ面白い作劇をというのが視聴者が求めているものかもですが。
それにしてもガルベロスさんはスペースビーストたちの中では一番つかいまわされた人なんじゃないだろうか(汗
そもそも個人的には大怪獣バトルでスペースビーストが他のウルトラ怪獣と並んでいる姿を見て衝撃を受けたものですが、そのおかげもあってか今では平然とウルトラ怪獣といわれても自然に受け入れられる感覚になっているから不思議なものです。

Re: No title

光線使って不良マンガの喧嘩ですからねw ゼロらしいなぁとは思いましたけど。
ゼロファイトは多分お金あんまりかけていないんでしょうが、それを極力誤魔化せるように作っていて好感が持てます。
ビーストは何故かバンピーラが何気に外部出演多いんですよね。ウルトラギャラクシー、銀河伝説、ウルトラゾーンの3回で、ゼロファイトでガルベロスが追いつくまではビースト中外部出演数トップでしたしw やっぱりガルベロスと並んで、まだ普通の怪獣らしい見た目だからでしょうか。
冷やしている者のプロフィール

宇宙落描き

Author:宇宙落描き
宇宙を漂う奇妙な落描き

興味を持ったことにはなんにでも首を突っ込む、無茶で無謀な生命体。
「アンテナは浅く広く」が信条なので、節操なく色々書いていくつもりです。

冷やしカウンター
冷やしカレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
よく冷えた最新記事
冷却カテゴリー
冷やし月別アーカイブ
冷え具合を検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
この冷やしブログについて
内容:
主に私が気に入ったもの(テレビ番組、映画、本、玩具、ニュース等色々)の感想が主となっています。

コメント:
基本的に構ってちゃんなので、されると狂喜します。なので畏まらず、一言程度のことでもお気軽にどうぞ。
ただし、記事と全く無関係な宣伝等のこちらで不適切と判断したコメント(滅多にないでしょうが)は見つけ次第削除させて頂きます。

リンク:
貼るのも剥がすのも自由です。ご報告してくださると狂喜乱舞して貼り返させて頂きますので、してくださる場合は最新記事にお願いします。

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる