ウルトラマン列伝 第100回 感想

 


公式が病気でした。

まあ前回の終わりと予告からしてまともな内容になるとは思っていませんでしたが、想像した以上のやりたい放題w 主にヴィラニアスとグロッケンのコメントがオタクが実況でツッコミ入れてるのまんまでしたし。今はなきエイプリルフール企画を思い出しました。

まずはゼロによる挨拶。なんでお祝いの言葉トップバッターがグレートだったんでしょうか。ベリアルによる番組ジャック→ジャック→ジャック・シンドー→変身するのはウルトラマングレートなんて理由だったりしてw

ベリアルが電波怪獣ビーコンの能力で電波ジャック! ただ「ジャックした」というのではなく、こうやって過去の要素をシリーズファンがニヤリとする使い方でやるのが上手いです。

まずは暗殺宇宙人ナックル星人、とそれに関わる再生シーゴラス、再生ベムスター、ブラックキングを紹介。上手い水増しです。ウルトラスパークでベムスターがバラバラになるところでヴィラニアスとグロッケンが引いていて吹きましたw
ナックル星人とブラックキングのタッグは、ヴィアニアス曰く自分とタイラントの極暴タッグに勝るとも劣らないとか。まあ確かにどっちもリンチしてましたねw

続いてオイルドリンカーとアストロモンス。オイルドリンカーは確かベリュドラにはいませんが、アストロモンスを紹介するためにはどうしても必要ですからね。
アストロモンスがオイルドリンカーを飲み込むところで、ヴィラニアスとグロッケンはドン引きしているのにベリアルは「ベリュドラを構成するのに相応しい」とご満悦でしたw

お次はにせアストラことババルウ星人。ここはもうこれに尽きるでしょう。

キング「お前達の目にはその男がアストラに見えるのか!」
ヴィラニアスとグロッケン「「見える」」


にせウルトラマンとかと違ってアストラのスーツそのまま使ってますからね! そりゃ「見える」ですよね!w まあ実の兄であるレオでさえ完璧に騙されていたので、他のウルトラ兄弟が騙されたのも仕方ないと思いますが。
キングが出てきた時に「ウルトラマン物語~星の伝説~」が流れたのは驚きました。でもこの曲壮大かつかっこよくて、ウルトラマンらしい名曲だと思います。
ベリアルはババルウ星人がウルトラ戦士の大切な星であるウルトラの星と地球を同時に破壊しようとした極悪さと、光の国をここまで追い詰めたことを評価して新生ダークネスファイブに加えてやらんこともないとか。確かに地味に強豪ですしダークネスファイブに加わっても十分活躍できそうではあります。こいつらに引きずられてギャグキャラ化しそうですが。

ペースの遅さに焦るダークネスファイブ、巻き入れろとか言うけど自分では言えないのでスライに全部押し付けやがりましたw 「果たしてスライは陛下に進言できるのか?」というところでCM入り。

CM明け、スライはノリノリのベリアルにペースを上げるよう進言するも結局言えず、落胆する残りのダークネスファイブw スライ1人に押し付けたお前らがあれこれ言えることはないと思うぞ!w

次はちょっとレアな怪獣ということで、ウルトラマンネオスのキングダイナス。確かにOVオンリーなネオスとその怪獣はマイナーなのは否めませんね。
影丸茂樹ホント平成ウルトラ常連ですよね。確かマックス以外は全部出てたような。ネクサスにもテレビ放送版では出ていませんが、後にDVDに収録されたカットエピソードで出ていましたし。
ヴィラニアスが「恐竜ってのは火吐くのか?」と言ってはならないツッコミをw いいんです! ダークマターの影響で生まれたから! ダークマター万歳!
エストレーラーは本体には特にギミックはないですが、エフェクトがかっこよくて割と好きなウルトラ変身アイテムだったりします。
ネオスのカウボーイごっこに素でツッコミを入れるヴィラニアスとグロッケンw でも初代マンもこういうお遊び結構してましたよね、ジラースと大人げない的当て勝負したり。ネオスが壊しちゃった建てる途中の家を見て慌てて元に戻そうとするのは結構好きですw

ベリアルがノリノリな後ろで他のダークネスファイブにせっつかれるスライw 卑怯もラッキョウもとか言ってた頃はこんな苦労人属性持ちになるとは思いませんでした。

次はベロン。まさかこいつが出るとは全く思っていませんでした。
「微妙な踊り」と素で言われちゃうタロウw まあ実際微妙ですけどね! キングブレスレットをバケツにした瞬間例のかっこいいBGMがへろへろになるのが笑えます。実際色々とんでもないんですよねこの話……w ベリアルが「ウルトラ戦士のアイテムは万能なのだ」とかフォローしてましたがw
この辺からヴィラニアスとグロッケンのコメントがどんどん一般の視聴者目線になっていきますw

続いてはベリアルも言っていましたが、帰ってきたウルトラマンの中でも有数の厄介な相手であったヤメタランスとササヒラー。この話、あの小山内美江子が脚本を書いたことでも有名ですね。ササヒラーの名前も本名の笹平からとか。
ヤメタランスのせいで起こる騒動に普通にツッコんでるダークネスファイブがひたすら面白いです。止まった消防車見て「いやー、それはやめちゃいかんだろー」とか極悪宇宙人の台詞とは思えないw
流石のベリアルもヤメタランスには近付きたくないそうです。ですよねー。でもやる気がなくなったベリアルはちょっと見てみたいようなw

次はレア中のレア怪獣、雲怪獣レッドスモーギ! 実はベリュドラにザザーンを2体造型しちゃって、苦肉の策で似てないと言えないこともないレッドスモーギってことにしたんですよね。
「こ、これは……アニメじゃないですか……?」 アニメって言っちゃったー!w ただザ☆ウルトラマンはウルトラマン世界(実写)の人物から見てもアニメで、「怪獣はあらゆる次元に出現するのだ。当然それを迎え撃つ……ウルトラ戦士もな」とするのは面白い解釈だなと思いました。マルチバース設定とも絡んでいますし。
「手描きアニメでこの水しぶき感! 職人技を感じさせるな!」「この水中戦も見応えあるなぁ!」 もうただのアニオタの会話w ただこの話は序盤なのでまだいいですが、後半どんどん作画が酷くなっていくんですよね……
ダークネスファイブやベリアルにやたら高評価なジョーニアス。『ザ☆ウルトラマンベリアル』は見たいのでお願いします円谷さんw

またも無茶ぶりされてとうとう頭抱えちゃったスライw うんこれは駄目だな……

スライから放送時間の都合でもう終わりと言われて延長しろとキレるベリアルw こちらとしても延長してもらって一向に構わなかったんですがしょうがないですねw しかしダークネスファイブ、ここまで気分屋でキレやすいベリアルに忠誠誓ってるってどこがいいんでしょうかね……

ベリアルの暴走でビーコンが倒れたことで、やっと電波ジャックが解除されて改めて……というところで放送終了。「グレート先輩、ごめん」に吹きましたw



次回は80のフォーメーションヤマト回! 当時最先端の特撮がたっぷり楽しめる大娯楽回ですね!


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ウルトラシリーズ
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

冷やしている者のプロフィール

宇宙落描き

Author:宇宙落描き
宇宙を漂う奇妙な落描き

興味を持ったことにはなんにでも首を突っ込む、無茶で無謀な生命体。
「アンテナは浅く広く」が信条なので、節操なく色々書いていくつもりです。

冷やしカウンター
冷やしカレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
よく冷えた最新記事
冷却カテゴリー
冷やし月別アーカイブ
冷え具合を検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
この冷やしブログについて
内容:
主に私が気に入ったもの(テレビ番組、映画、本、玩具、ニュース等色々)の感想が主となっています。

コメント:
基本的に構ってちゃんなので、されると狂喜します。なので畏まらず、一言程度のことでもお気軽にどうぞ。
ただし、記事と全く無関係な宣伝等のこちらで不適切と判断したコメント(滅多にないでしょうが)は見つけ次第削除させて頂きます。

リンク:
貼るのも剥がすのも自由です。ご報告してくださると狂喜乱舞して貼り返させて頂きますので、してくださる場合は最新記事にお願いします。

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる