ウルトラマン列伝 感想

 


いきなり第100回記念ラストの続きから、不機嫌なベリアルと戦々恐々とするダークネスファイブw スライの提案でウルトラ戦士を苦しめた同族の紹介をすることに。とりあえずビーコンご苦労さまですw

まずはヴィラニアスによるテンペラー星人の紹介。セットや特撮は凄いのに、肝心のテンペラー星人のスーツがでろんでろんでへろへろな出来なのが悲しいですw 6兄弟相手に一応渡り合ったり相当強かったんですけどね。
ウルトラマンボール作戦で、ウルトラ6兄弟がついに揃い踏み! これ当時の子供は本当に興奮したでしょうねー。作戦は「気付かれずに一気に接近する」ためなのにあんまり意味なかった感じですがw(タロウのようにそのまま口の中に入ってから巨大化して破裂死させるならともかく

タイラントも紹介してくれました。ウルトラギャラクシーNEOだったのは、タロウの登場回はもう最初の方とサーガ直前の怪獣兵器特集で2回もやったからでしょう。
各部位の紹介を改めて見るとなかなかチョイスが面白いというか謎というか、そもそもシーゴラスとハンザギラン倒されてないんじゃね?という疑問が浮かんできますw ウルトラギャラクシーNEO以降の、各怪獣の部位を生かして戦うのは合体怪獣という特徴を押し出してて非常にいい演出だと思います。
キール星人グランデも出てきたのは意外でした。唐橋充の怪演もあって強烈な印象のキャラでしたね。レイに負けて逃げる時に、「お前の美人の姉ちゃん、今度紹介しろよな!」と捨て台詞残したのには笑いましたw

お次はヴィラニアスに「力押しだけではねぇ」と言い放ったスライ。紳士的で頭脳明晰とか言うから初代か3代目かと思ったら……
「まず、安田商店の自動販売機を盗み出す!」 そっちかい! よりにもよってメフィラス星人の面汚しを!w それにしてもドリンクに毒を混ぜるのではなく、自販機の中に隠したマンダリン草に直接刺させるという辺りがまたなんというか冴えない感漂うというか……ていうか光太郎気付けよ!w
伝説の迷言「卑怯もラッキョウもあるものか」がメフィラス紳士の証らしいですが、お前初代に殺されるぞスライよw
そしてZATのアミアミ作戦と目からビームによる知略対決! 知略全く関係ねぇぇぇぇぇぇぇぇ!!w どうしようここだけで既にツッコミが追いつかないんですけど!w
第100回と同じく、グロッケンのツッコミがひたすら冴え渡りまくっていました。案外人の話を聞かないスライには全く効いていませんでしたが……

次はグロッケンによる先輩紹介!の前に、「一旦コマーシャル、どうぞ」。スポンサーにもやさしいです、グロッケンw グローザムのことを先輩呼びとか、武勇伝とか本当に精神面ではただのチンピラですねグロッケン……w
グローザムは強かったですね、単純な戦闘力では暗黒四天王でもダントツで最強だったのではないでしょうか。どんな攻撃を受けてもたとえ木っ端微塵になっても即座に再生して、同じく強力な再生能力を持つインペライザーを一片も残さず焼き尽くしたメビュームバーストすら全く効かないというトンデモない強敵でした。再生能力だけでなく、ウルトラ一族共通の弱点である強烈な冷気を武器とする上格闘戦にも秀でていますし。

続いてはデスローグ……なのですが、全く喋らないためグロッケンが代弁することに。グロッケン、地元とか言うなやw
デスレムはなんか他の四天王と比べると印象薄いんですよね……汚い策謀でメビウスを追い詰めるというのが直前のヤプールと被っている上に、そのヤプールの方がやり方が悪辣(利用されたヒルカワ含めて)でしたから。

「お前らダークネスファイブは、5人だったろうが!」 そりゃあファイブですからね!w ていうかベリアル以外の全員から完っ全に忘れ去られていたジャタール……お前らちょっと酷くない!?w
初代ヒッポリトの回、ウルトラ兄弟が次々やられるところはヒッポリトが凄いというかウルトラ兄弟が間抜けすぎるようにしか見えないのが難ですね……まあ昭和の過去ウルトラマン客演は殆ど酷い扱いなんですけどw 
飛来した父の軌道をじーっと見て、爆発に驚いてすっ転ぶヒッポリトがなんか可愛くて面白いですw
公式ブログで示唆されていた、ジャタールもシャイニングスタードライヴで生き返ってるんじゃね?が言及されました。生きてりゃそのうち帰ってくるだろとかやっぱりなんか冷たいですねw ウルトラゼロファイトのDVDにのみ収録されているラストでは、復活したものの敵味方誰からも気付いてもらえず放置されるジャタールという酷い映像があったらしいですw

お前ら結局やられてることスルーしただろ!とベリアルにツッコまれるダークネスファイブw このオチがやりたいからメフィラスは2代目だったんでしょうね、初代は決着付かずに終わりましたし3代目はエンペラ星人に粛清されるという最期でしたから。
ただグローザムはメビウスとセブンにはやられてないんですよねー、実際この合体光線で粉微塵になった後も再生しようとしましたし。

ダークネスファイブの同族だけでなく、自身もあそこまで追い詰めておきながら結局はゼロに敗れたことを回想するベリアルは、ダークネスファイブに別れを告げて1人何処かへ去ろうとする。ダークネスファイブが困惑する中、スライがベリアルの背中に光弾を放つ!
ああっ、巻き添えでビーコンがやられた! 前回ベリアルの暴走に巻き込まれて倒れた挙句今回流れ弾で爆散とか、番組ジャックの功労者なのに扱い酷いですね……w

スライの真意は、ベリアルの配下になった時点で命などとうに捨てているという覚悟を見せること! 他のダークネスファイブもそれに賛同し、その覚悟を認めたベリアルは改めてダークネスファイブと共に「守るべきもの」を見つけて覇道を進むことを決意する!
というわけで、まさかのベリアルとダークネスファイブが絆を深める話になるとは思いませんでした。ただのやられ役だと思っていたのに随分美味しいキャラになりましたねぇ、ダークネスファイブ。ベリアルはゼロの強さの根源が「守るべきもの」があることだと気付き、自分もそれを求めることにしたようです。果たしてベリアルの見つける「守るべきもの」とは何なのか、ゼロとの因縁の対決はどんな結末を迎えるのか……盛大に戦って決着を付けて欲しいような、もうこいつらには死んでほしくないような……w



明日はウルトラマン列伝最終回!


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ウルトラシリーズ
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

冷やしている者のプロフィール

宇宙落描き

Author:宇宙落描き
宇宙を漂う奇妙な落描き

興味を持ったことにはなんにでも首を突っ込む、無茶で無謀な生命体。
「アンテナは浅く広く」が信条なので、節操なく色々書いていくつもりです。

冷やしカウンター
冷やしカレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
よく冷えた最新記事
冷却カテゴリー
冷やし月別アーカイブ
冷え具合を検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
この冷やしブログについて
内容:
主に私が気に入ったもの(テレビ番組、映画、本、玩具、ニュース等色々)の感想が主となっています。

コメント:
基本的に構ってちゃんなので、されると狂喜します。なので畏まらず、一言程度のことでもお気軽にどうぞ。
ただし、記事と全く無関係な宣伝等のこちらで不適切と判断したコメント(滅多にないでしょうが)は見つけ次第削除させて頂きます。

リンク:
貼るのも剥がすのも自由です。ご報告してくださると狂喜乱舞して貼り返させて頂きますので、してくださる場合は最新記事にお願いします。

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる