やはりパワーアップしました

 
http://www.gundam-unicorn.net/ms/03.html#19

UC最終巻にシナンジュのあらたなる姿、ネオ・ジオング登場! 一見どこがジオングやねんって感じでも、でっかいタンクと肩を取ってみると確かに頭のないジオングに見えるシルエットです。これは搭載しているシナンジュ=頭ということで、当然ネオ・ジオング撃破→シナンジュ脱出からのユニコーンとバンシィによるダブルラストシューティングを期待していいんでしょうっ!

ドラッツェすら使い回してるような貧乏世帯の袖付きにこんな超大型MA用意できるんかいとも思いましたが、よーく見ると各部が今までの作品で出てきたMAや巨大MSに似ていますし、有り合わせのパーツを集めてシナンジュ用のパワードアーマーとして形にしたってことなんでしょう、多分。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 機動戦士ガンダムシリーズ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ジオングそのものを模しているというよりは、ネオジオンを象徴させる最終兵器な意味での"ネオジオン"グだったりするのかもですね
そもそも今回のモチーフのひとつでもあるアルパアジールそのものが、もともとはネオジオングという仮称があったくらいにはジオングを意識したモビルアーマーだったわけですし、それを模していればジオングには違いないかと思ったり
そういえばもともとダブルラストシューティングでシナンジュが撃墜されるという流が原作小説からして用意されているのだから、それならあえてジオングの名を冠した新規要素をシナンジュそのものにプラスするという考えは確かにアリというか、原作に足りなかった要素ともいえるのかもですね
袖付きが資材不足って件に関しては、実は完成していなかったアクシズの遺産的なモビルアーマーのなりそこないを接収してはいたけれど他に流用もできず使い道が思いつかなかった…的な設定あたりなら納得できそうなものですが、実際にはどういう経緯を提示してくるか気になりますね

Re: No title

相手がジオング+恐らく頭部にあたるシナンジュを脱出後に撃つ流れということで、ダブルラストシューティングのオマージュ具合がより完璧になったと思います。ここは盛り上がる演出でやって欲しいですね。
仰るようにMA等の予備パーツで組み上げた急造品とすれば歪なフォルムもシナンジュ剥き出しなところも納得できて、これは上手いなーと思いました。後は劇中どれだけ活躍するかが楽しみです。
冷やしている者のプロフィール

宇宙落描き

Author:宇宙落描き
宇宙を漂う奇妙な落描き

興味を持ったことにはなんにでも首を突っ込む、無茶で無謀な生命体。
「アンテナは浅く広く」が信条なので、節操なく色々書いていくつもりです。

冷やしカウンター
冷やしカレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
よく冷えた最新記事
冷却カテゴリー
冷やし月別アーカイブ
冷え具合を検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
この冷やしブログについて
内容:
主に私が気に入ったもの(テレビ番組、映画、本、玩具、ニュース等色々)の感想が主となっています。

コメント:
基本的に構ってちゃんなので、されると狂喜します。なので畏まらず、一言程度のことでもお気軽にどうぞ。
ただし、記事と全く無関係な宣伝等のこちらで不適切と判断したコメント(滅多にないでしょうが)は見つけ次第削除させて頂きます。

リンク:
貼るのも剥がすのも自由です。ご報告してくださると狂喜乱舞して貼り返させて頂きますので、してくださる場合は最新記事にお願いします。

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる